SNS

最新記事

ニュース

More

ホーム > 人気のキーワード
自民党
安倍政権下の経済政策を振り返る:景気回復は実現したが、成長戦略に目立った成果なし小峰 隆夫

2012年12月に発足した第2次安倍政権は、「アベノミクス」と呼ばれる一連の経済政策を展開し、デフレからの脱却、景気の回復に一定の成果を上げたが、成長戦略は目立った成果を挙げられていない。残された課題は依然として多い。
more

強大な権限活用し実績挙げる:丸6年を迎える安倍晋三首相の2次政権竹中 治堅

自民党総裁選で3選を果たした安倍晋三首相。長期政権の維持に成功した要因は何か。内政を中心にこれまでの実績を概観し、当面の課題について考える。
more

不安抱え安倍首相3期目へ:来夏の参院選が関門藤野 清光

自民党総裁選に勝って安倍首相は、最後の任期3年に突入した。残された課題は、レームダック化する恐れは、そしてポスト安倍は―。時事通信解説委員が展望する。
more

第4次安倍改造内閣の顔ぶれ

2018年10月2日、第4次安倍改造内閣が発足した。2012年12月の第2次安倍内閣発足時から政権を支える菅義偉官房長官、麻生太郎財務相は留任した。
more

自民党総裁選に安倍氏、石破氏が立候補:2000年以降の総裁選一覧

自民党総裁選は現職の安倍晋三氏と総裁選3回目の挑戦となる石破茂氏の一騎打ちとなった。実質的に首相を決める選挙であるだけに、注目度が高い。
more

[ニュース]安倍首相「違憲論争に終止符」=9条最重視、改正へ決意-森友改ざん陳謝・自民大会

自民党は25日、第85回定期党大会を東京都内のホテルで開いた。安倍晋三首相(党総裁)は演説で、党是とする憲法改正について「憲法にしっかりと自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とうではないか。これこそが今を生きる政治家、自民党の責務だ」と呼び掛け、実現に強い決意を表明。首相は改憲について述べた部分のほとんどを9条に割き、最重要視していることを示した。 自民党大会で演説する安倍晋三首相=201…
more

[ニュース]安倍首相、平昌五輪欠席を示唆=「予算審議に対応」−野田氏の総裁選出馬容認

【ソフィア時事】安倍晋三首相は15日午前(日本時間同日午後)、訪問先のブルガリア・ソフィアで同行記者団に対し、平昌冬季五輪(2月9〜25日)への出席について「国会日程を見ながら検討したい。一日も早い予算成立こそ最大の経済対策であり、しっかり対応しなければいけない」と述べた。首相は既に2月9日の開会式を欠席する方針を固めている。発言は、同時期に本格化する2018年度予算案審議を優先し、五輪期間中の訪…
more

自民総裁選、改憲手続きの進展が焦点:2018年政治展望高橋 正光

2018年は、衆院選、参院選、統一地方選といった「大型選挙」がない久しぶりの年となりそうだ。こうした中、安倍晋三首相(63)の3選が懸かる9月の自民党総裁選と、安倍首相が強い意欲を示す憲法改正の手続きがどこまで進むのかが、日本政治の焦点となる。
more

[ニュース]中曽根首相、中韓国交へ仲介試み=胡総書記、北朝鮮反発を懸念−外交文書公開

外務省は20日、1980年代半ばまでの外交文書ファイル25冊を公開した。それによると、中曽根康弘首相が86年に中国を訪問した際、胡耀邦共産党総書記との首脳会談で中韓両国の国交正常化に向けた仲介を試みる一方、胡氏が北朝鮮の反発を強く懸念し、消極的な姿勢を示したことが分かった。(肩書は当時) 中曽根氏は86年11月8日、胡氏と北京の人民大会堂で会談。秘密保持を求めた上で、「韓国首脳から、中国との…
more

小池新党失速と野党共闘の失敗:「大義なき解散」でも自民大勝小野江 公利

安倍首相の電撃解散を受け、野党第1党の民進党は結果的に分裂・崩壊。小池百合子東京都知事率いる希望の党も失速し、衆院選は争点となる政策テーマが見当たらないまま与党の大勝で終わった。
more

page top

1 2 3 4 5 6 10

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告