ホーム > 人気のキーワード
自民党
[ニュース]安倍首相、改憲発議に決意=総裁任期3期9年に-自民党大会

自民党は5日、第84回定期党大会を東京都内のホテルで開いた。安倍晋三首相は演説で、党として憲法改正発議への議論を主導していくことに決意を表明。大会では党則と総裁公選規程を改正し、総裁任期を従来の「連続2期6年」から「連続3期9年」に延長することを正式に決めた。これにより、総裁任期が2018年9月に満了する首相は、3選に向け次期総裁選に立候補することが可能となり、長期政権に道が開ける。 演説で首相…
more

[ニュース]カジノ、年金法が成立=内閣不信任案は否決-臨時国会、事実上閉幕

カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法は14日午後の参院本会議で修正を経て、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決、衆院に回付され、15日未明の衆院本会議で成立した。これに先立ち、年金給付額の改定ルールを見直す年金制度改革法も参院本会議で、与党と維新などの賛成多数で可決、成立した。 民進党など4野党がカジノ法成立阻止のため衆院に共同提出した安倍内閣不信任決議案は、15日未明にずれ…
more

[ニュース]在任1807日、中曽根氏抜く=戦後4位、歴代最長も視野−安倍首相

安倍晋三首相の在任日数は5日で、第1次内閣を含め1807日。1980年代の中曽根康弘氏を抜いて戦後4位の長さだ。2012年12月の再登板以来、「安倍1強」と言われる政権基盤は衰えを見せず、自民党総裁の任期延長が決まったことで、歴代最長政権も視野に入ってきた。 政権の「大番頭」である菅義偉官房長官は2日の記者会見で、首相の主な実績として、集団的自衛権行使を可能にした安全保障法制の整備や、株価を…
more

農業改革:小泉進次郎の挑戦は続く山下 一仁

自民党の小泉進次郎氏が同党農林部会長として挑む農業改革。小泉氏が取り上げた、農協(JA)が取り扱う肥料、農薬、機械など農業資材の問題が、政府・与党による議論の焦点となった。
more

第3次安倍再改造内閣の顔触れ(2016年8月)

安倍晋三首相は8月3日、内閣改造を行った。第3次安倍内閣としては2度目の改造。財務相、総務相、外相、国土交通相、官房長官など主要ポストを中心に、全閣僚19人のうち8人が留任。稲田朋美政調会長が新たに防衛相として入閣した。
more

憲法改正に動き出す安倍首相高橋 正光

参院選の結果を受け、安倍晋三首相は“悲願”とされる憲法改正に向け動き出す。今後の展開や実現の可能性について、長く日本政治をウォッチしてきた筆者が解説する。
more

「ヘイトデモ」の衰退と排外的“サイレント・マジョリティー”の行方古谷 経衡

「ヘイトスピーチ解消法」成立以前から、「ヘイトスピーチ・デモ」は衰退傾向にあった。だが、ネット上では相変わらず粗悪な言論が発信されている。
more

改憲勢力が3分の2超える—2016参院選

2016年の参議院議員選挙は、自民党と公明党の連立与党が勝利。両党におおさか維新の会などを加えた「改憲勢力」が、憲法改正発議に必要となる全議席の3分の2を超えた。
more

世界から“20年遅れ”の日本が女性議員を増やすには三浦 まり

日本の女性議員の比率は世界でも最低レベル。その状況を生む日本特有の要因を挙げ、女性の政治参画を進めるための具体的施策を提案する。
more

「ネット右翼」の台頭と日本“右傾化” の真実古谷 経衡

最近の日本社会では、嫌韓・嫌中の「ネット右翼」が存在感を増し、ヘイトスピーチの広がりも懸念されている。「ネット右翼」とは実際どんな人たちで、今後さらに勢力を伸ばすのか。その実像に迫る。
more

page top

1 2 3 4 5 6 7 8 9

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告