SNS

最新記事

ニュース

More

ホーム > 人気のキーワード
観光
台南に求められる開発と保存の「バランス」一青 妙

近頃の台湾は、中国との関係や、地震の影響を受け、屏東の墾丁や花蓮の太魯閣、嘉義の阿里山など、台湾を代表する観光地の観光客数が激減し、軒並み打撃を受けているらしい。その中で、南部の「台南」は、観光客の減少が見られず、成長し続けている数少ない地方都市だ。 なぜ台南は人気があるのか?台湾人の親戚や、友人に聞けば、みんな「因為有美食!(おいしい食べ物があるから!)」と答える。われわれ日本人にとっ…
more

『カメラを止めるな!』の“感染力”から考える日本のゾンビ人気岡本 健

上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』の勢いが止まらない。この6月に2館で公開が始まったインディーズ映画だが、いまウェブサイトの上映館リストでは300超の映画館が名を連ねている。ミニシアターとシネコンが混在している様子から、作品そのものの面白さによって上映館が増えていったことがよく分かる。 『カメラを止めるな!』ポスター ©ENBUゼミナール 『カメラを止めるな!』は山奥の廃虚で…
more

台湾で根を下ろした日本人シリーズ:知る喜びを分かち合う——作家・コーディネーター 片倉真理馬場 克樹

片倉真理の作品は、自身が体感した台湾を知る喜びを読者と分かち合いたいという思いにあふれている。台湾史研究家で作家の夫、片倉佳史の取材に同行して台湾各地の伝統行事を体験し、日本統治時代の史跡や先住民族の集落を巡るうちに、自らも台湾の魅力を伝える役割を担うようになっていった。 片倉が最初に台湾の土を踏んだのは1994年。台湾の民主化が始まって間もない頃だった。その後も何度か旅行で訪れたことはあっ…
more

離島シリーズ4 志々島(香川県三豊市): 映画人に愛された島斎藤 潤

香川県三豊市沖の瀬戸内海に浮かぶ志々島には、パワースポットとして注目を集める樹齢1200年のクスノキがある。人口20人足らずの島だが、この巨樹を見たいと訪れる人が増えている。
more

日本の世界遺産一覧

長崎、熊本両県にまたがる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の、ユネスコ世界文化遺産への登録が決まった。これで日本の世界遺産は22件となった。
more

「潜伏キリシタン」登録決定:日本22件目の世界遺産

ユネスコは「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産への登録を決めた。これで日本国内の世界遺産は22件となった。
more

民泊新法がスタート:訪日客向けに安全・衛生面、防犯対策などルール化岡坂 泰寛

個人の住宅の一部やマンションの空き部屋などを、宿泊施設として貸し出す「民泊」。このシステムを容認し、運営ルールを定めた新法が施行される。訪日外国人が増加の一途をたどる中、安全・衛生面などでトラブルを回避する狙いがある。
more

成田空港開港40年 : 発着数・旅客数伸びたが、競争も激化

成田空港が2018年5月で開業40周年を迎えた。航空機発着数も旅客数も開業当時と比べると大きく伸びたが、東京からのアクセスの悪さに加え、激しい反対運動で滑走路の増設に時間を要したことから、アジアの主要空港との戦いでは苦戦を強いられている。
more

日本と台湾と月刊『な~るほど・ザ・台湾』の休刊梶山 憲一

台湾で発行の日本語によるフリーマガジン、月刊『な~るほど・ザ・台湾』(略称『なる台』)が今年の4月号で休刊となった。 『なる台』は、日本人の旅行者や在住者に向けて、観光やグルメ、ショッピングの他、ビジネス、社会、文化など、台湾に関する幅広い記事を掲載する情報誌だった。1987年4月の創刊で、以来30年以上の刊行である。 創刊の年、台北にはまだ捷運(電車による市内交通網)はなく、台北10…
more

安藤百福:世界の食文化を変えたミスターヌードル

お湯を注ぎ、数分待つだけで食べられるインスタントラーメン。いまや世界中で愛されるこの食品を開発した元祖が、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)だ。2018年秋放送予定のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のモデルともなる彼の波乱万丈の人生と、独創的なアイデアを紹介する。
more

page top

1 2 3 4 5 6 33

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告