SNS

最新記事

ニュース

More

ホーム > 人気のキーワード
鉄道
東海道新幹線の平均遅延時間は24秒 : 世界に誇る安全・正確・高頻度

東海道新幹線は年間13万本運行し、自然災害などによる遅延も含めて1列車あたりの平均遅延時間は24秒だった。
more

新竹駅~開業105周年を迎えるターミナル建築片倉 佳史

台湾の北西部に位置する新竹市は台湾を代表する産業都市の一つである。古くは清国統治時代から台湾北西部の中枢として発展し、日本統治時代は新竹州の州都となっていた。今回は3月31日に完成105周年を迎える新竹駅について紹介したい。 新竹の玄関口となっているこの駅舎は壮麗な風格をまとった建物である。各所に精緻な装飾が施され、それらの一つ一つがすっきりした雰囲気を醸し出している。まさに街のシンボルと呼…
more

【動画】東武線「隅田川橋梁」をスカイツリーとコラボでライトアップ

東武鉄道は29日、東京都台東区と墨田区に架かる東武スカイツリーライン隅田川橋梁(きょうりょう)の夜間ライトアップを開始し点灯式を行った。「四季折々、浅草と東京スカイツリーをつなぐ色彩の架け橋」をコンセプトに、スカイツリーの「粋」「雅」「幟」3種類のライティングにあわせて、日替わりで同系色にライトアップする。また地域のイベントにあわせて、その時々に応じたライトアップも行う。ライトアップは日没から…
more

【動画】京都・叡山電鉄の観光用車両「ひえい」が運行開始

京都市内から比叡山へ向かう叡山電鉄の観光用車両「ひえい」が21日、運行を開始した。深緑色の車体に金色の楕円(だえん)を配したデザインは、比叡山の神聖さなどをイメージしたという。車内は訪日観光客が増えていることに対応し外国語案内を充実させた。出町柳-八瀬(やせ)比叡山口間を往復する。【時事通信大阪支社】
more

JR西が「キティ新幹線」=8両編成こだま、今夏運行

JR西日本は14日、今年夏から人気キャラクター「ハローキティ」の山陽新幹線を運行すると発表した。500系車両を使用し、8両編成の「こだま」として走らせる。 サンリオとコラボしたハローキティ新幹線は、地域を「つなぐ」「結ぶ」という思いを込め、リボンをモチーフにしたデザインにする。1号車に客席はなく、西日本の名産などを販売するコーナーを設ける。2号車の車内は「ハローキティの世界観でかわいく飾り付…
more

【動画】小田急新型ロマンスカーGSE試乗=抜群の眺望と快適な乗り心地、3月17日運行開始

小田急電鉄は2月23日、 新型ロマンスカーGSE(70000形)の報道関係者向け試乗会を開催した。喜多見電車基地を出発して、唐木田車庫で折り返し、梅が丘駅までのルートを運行。開放感にあふれる抜群の眺め、揺れの少ない快適な乗り心地を体験できた。営業運転は3月17日から。 GSEはオレンジ色を基調とした車体で、7両編成。窓を大型化して眺望を改善したほか、展望席を設けた先頭と最後尾は、荷棚をな…
more

【動画】東京メトロ、深川車両基地公開=快適、安全支える縁の下の力持ち

東京メトロは19日、車両の保守などを行う深川車両基地(東京都江東区)の日常業務を報道関係者に公開した。同基地には車検区と工場が置かれ、車検区では車両を分解することなく検査・修繕するほか、車両内外の清掃や広告の張り替えを行い、工場では分解して部品に分けてオーバーホールなどを実施。快適で安全な地下鉄運行を支える"縁の下の力持ち"の熟練の技が披露された。(時事)
more

[ニュース]東京メトロ、日比谷線車内でショパン=お昼前後、音楽で癒やし

東京メトロは29日、お昼前後の地下鉄日比谷線車内でショパンの「ノクターン」などの音楽をBGMとして流す試みを始めた。観光列車などを除く電車としては国内初という。同社は「落ち着いた音楽でお客さまの癒やしにつながれば」と話している。 昨年7月、運行中の電車で誤ってクラシック音楽を流したところ、乗客から好意的な声が多く試験導入を決めた。当面、日比谷線の中目黒−北千住駅間を午前10時台〜午後2時台に…
more

[ニュース]動物園モノレール「還暦」=日本最古、1分半の旅-「子どもの笑顔が喜び」・上野

雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」の誕生に沸く上野動物園(東京都台東区)で、東西の区域を結ぶモノレールが昨年12月、開業60年を迎えた。全長わずか330メートル、ダイヤ上の所要時間は1分半と、日本最古で最短の記録を持つ。子どもたちの笑顔を乗せ、ゆるりと走り続けている。 走行する上野動物園モノレール=2017年12月、東京都台東区(時事) モノレールの正式名称は「上野懸垂線」。遊具…
more

[ニュース]東京メトロ、ホーチミン市の鉄道運営能力向上を支援=ハノイに次ぎノウハウ提供-ベトナム

【ハノイ時事】東京メトロは12日、ベトナムの最大商都ホーチミン市の都市鉄道管理局や今後設立予定の都市鉄道運営会社に対し、事業運営・運行管理の能力向上のための支援を行うと発表した。国際協力機構(JICA)の事業を受注し、2022年11月末までの5年間、マニュアルの作成支援や日本での専門分野の研修などの支援を行う計画。 東京メトロは、ハノイでも鉄道運行に関わる人材育成などを後押ししている。ホーチ…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告