ホーム > 人気のキーワード
雇用
[ニュース]企業で働く障害者、49万人=14年連続過去最高−17年

厚生労働省は12日、2017年6月1日時点の障害者雇用状況を発表した。民間企業で働く障害者は前年比4.5%増の49万5795人と、14年連続で過去最高を更新した。全従業員に占める障害者の割合は0.05ポイント上昇の1.97%と、6年連続で最高を更新した。 法定雇用率の2.0%を達成した企業の割合は50%で、19年ぶりに50%台を回復した。来年4月から法定雇用率が2.2%に上昇するため、「引き…
more

[ニュース]年末夜間、時給2000円=横浜などで人手不足-ヤマト

宅配最大手のヤマト運輸が一部地域で、12月の夜間に勤務する臨時アルバイトのドライバーを時給2000円で募集していることが14日、分かった。お歳暮やクリスマスプレゼントで配達が増える年末繁忙期の人手確保が狙い。 横浜市にある一部の支店や営業所では、配達が集中する夕から夜勤務の臨時ドライバーの時給を昨年12月の1500円から2000円に引き上げた。愛知県の一部でも夜勤務の時給を2000円にしてい…
more

仕事と子育ての両立が「多数派」となる社会へ—日経DUAL羽生祥子編集長に聞く

保育園探しや「お受験」に役立つ情報、短時間で作れる料理レシピから管理職の意識改革のための『イクボス』講座まで、共働き家庭を応援する情報サイト『日経DUAL』。編集長の羽生祥子氏は、育児や介護負担のある社員のために多様な働き方で成果を上げる組織作りを提唱する。
more

[ニュース]正社員不足、企業の45%に=IT関連で深刻-帝国データ調査

帝国データバンクは24日、人手不足に関する企業の動向調査結果を発表した。「正社員が不足している」と回答した企業は、2016年7月の調査に比べ7.5ポイント増の45.4%となり、06年5月の調査開始以来の最高を更新した。人材難はIT関連業種などで深刻化しており、企業活動を制約する可能性もある。 業種別では、ソフト開発など「情報サービス」が9.7ポイント増の69.7%と最も高く、「家電・情報機器…
more

[ニュース]技能実習先、違反4000カ所=16年、低賃金など−厚労省

外国人技能実習生の受け入れで低賃金や違法残業などの違反があったとして、2016年に是正勧告を受けた事業所が全国で4004カ所に上ったことが9日、厚生労働省のまとめで分かった。外国人労働者の増加を背景に、前年より309カ所(8.4%)増え、統計の残る03年以降で最多となった。 内訳は、違法残業が最多の24%で、危険防止措置の未実施が19%、割増賃金の不払いが14%など。実習生からの通報で17人…
more

人手不足なのに賃金が上がらない本当の理由とは玄田 有史

人手不足になれば賃金が上がるという経済学の「常識」が崩れている。政府が言うように設備投資不足が原因なのか。筆者は高齢者の非正規労働市場参入、企業の労働者への能力開発の不足といった要因を指摘。賃上げに向けた第一歩として「労働者はボーナス増加へ声を上げるべきだ」と提案する。
more

[ニュース]障害者「職場で虐待」972人=給料搾取や暴力−16年度厚労省調べ

2016年度に職場で給料の搾取や暴力、わいせつ行為などの虐待を受けた障害者が972人いたことが26日、厚生労働省のまとめで分かった。前年度より151人(13.4%)減った。 全国の労働局が障害者虐待防止法に基づき、虐待が疑われるとの通報などを受けて1316事業所を調査した。うち581事業所で虐待の事実を確認し、是正指導などを行った。 虐待を受けた障害者は知的障害が53%と多く、精神障害…
more

[ニュース]最低賃金、過去最大25円上げ=全国平均で848円−政府目標3%を達成

時給ベースの最低賃金引き上げの目安を決める中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会は25日、2017年度の引き上げ幅の目安を全国平均で25円とすることを決めた。引き上げ率は政府が目標に掲げる3%相当となった。上げ幅は前年度実績(改定後)と同水準となり、2年連続で過去最大。目安通りに上乗せされれば、全国平均で848円となる。 最低賃金は企業が労働者に支払わなければならない最低限度の…
more

「稼げる」と勧誘され、借金して日本へ:急増する日本語学校留学生の“闇”出井 康博

外国人留学生を受け入れる国内の日本語学校が年を追うごとに増え、600校を超すまでになった。筆者は「留学生の多くは出稼ぎ目的で、ブローカーの甘い言葉につられて来日している」と指摘。歪んだ“教育ビジネス”の在り方に警鐘を鳴らす。
more

[ニュース]留学生パワーで経済活性化=地元就職や起業支援−大分県

人口10万人当たりの外国人留学生数が都道府県別で全国1位の大分県。人口減少が進む中、留学生に地域経済の活性化の担い手になってもらおうと、昨年度から県内での起業や就労を支援する取り組みを強化している。 起業を目指す留学生には投資家との出会いの場を提供。優れたアイデアを持つ留学生をコンテストで選び、コンサルタントが個別に指導してビジネスプラン作成を支援、投資ファンドなどに引き合わせる仕組みをつく…
more

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告