日本の文化や技術を生み出す創造力の秘密と、暮らしから見える日本人の素顔を明らかにします

行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12

和食って何だか難しそう。そう思っていませんか? でも働く女性に大人気の料理研究家行正り香の簡単レシピならそんな心配もご無用。あなたもぜひ和食づくりにチャレンジしてみてください。

行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 ④手巻き寿司
行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 ③親子丼
行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 ②きんぴら
行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 ①すき焼き

その他の特集

伝統美のモダニズム “Cool Traditions”

伝統美はいつの時代も革新的な精神によって生み出され、受け継がれてきた。伝統の枠組みにとらわれず、現代人の感覚にマッチした“Cool Traditions”を紹介する。

和紙の世界へ④ 和紙で作る昔気質の雪村団扇
和紙の世界へ③ 美濃和紙で作られる蛇の目傘
和紙の世界へ② 再生紙で作る西嶋和紙
カール・ベンクス:古民家や集落をよみがえらせる建築デザイナー
和紙の世界へ① 1000年生き続ける紙
尺八奏者ブルース・ヒューバナー:東北の被災地に心をささげて
加藤卓男:ラスター彩の復元に生涯をささげた陶芸家
礼法を現代の生活に生かす:小笠原流継承者、小笠原清基氏に聞く
忍者の里「伊賀」と「甲賀」を訪ねる
忍者のリアルに迫る
大波の彼方へ—北斎の“豊かな晩年”を紹介する大英博物館の特別展
真珠にまつわる情報を発信:ミキモト真珠島
自然の恵みと人間の英知が生み出す伊勢志摩の真珠養殖
三重県・伊勢志摩:海女の伝統と新たな風
パレスチナ刺繍を和服の帯に:山本真希さんの挑戦
大倉正之助:革新的な伝統音楽を創造する大鼓奏者
お練りとバリアフリーで文楽の魅力を発信した「にっぽん文楽 in 伊勢神宮」
樂茶碗にみる前衛精神
箏奏者カーティス・パターソン:日本の伝統楽器存続のために
樹々の声を聞け! 盆栽職人・川辺武夫の世界
陶芸の常識を覆す—デジタル陶芸家・増田敏也
樂茶碗の静けさに秘められた深淵
屋外で飲食しながら伝統芸能を楽しむ「にっぽん文楽」
東京下町の新名所「すみだ北斎美術館」がオープン
戦国時代の武具を蘇生:甲冑師・西岡文夫
蔡國強:日本への帰郷
甲冑師ロバート・ソーンズ:鎧・兜の修復家
ランドセル工房・土屋鞄製造所
海をわたる日本のランドセル
花火界のトップランナー 花火師・青木昭夫
浮世絵技術を現代に継承する職人集団「アダチ版画研究所」
秋空を彩る開運招福の花火
春画はポルノにあらず
浮世絵 江戸の最先端を映したメディア
世界を魅了する大曲の花火
温故知新のアーティスト―山口晃
盆栽—大自然を凝縮する美学

心躍る文房具の世界

カスタマイズできるノートやカラフルなマスキングテープなど、優れた文房具は使い勝手が良いだけでなく、日常を楽しく演出してくれる。自分用にはもちろん、ギフトにも喜ばれる “優れもの”文具たちが誕生した背景を取材する。

発売から30年、進化し続けるラベルライター「テプラ」
デジタルライフに温かみを添える「Hacoa」の木の文具
書き心地の良さへのこだわりを貫く「ツバメノート」の古さと新しさ
「おもしろ消しゴム」で世界に遊び心を伝える
工業用製品がおしゃれなマスキングテープ「mt」へ大変身
日常を旅に変える「トラベラーズノート」

日本列島花巡り

日本の四季を彩る代表的な花の数々を訪ねて、高原や庭園、花のテーマパークなど日本各地を巡る。地域の人々や観光客の目を楽しませる咲き姿から、その特徴や由来、育て方などを紹介していく。

萩の花々に秋を求めて
赤いソバの花が咲く里へ
「あじさい電車」に揺られて梅雨の箱根を満喫

日本の果物

和食ブームの中、日本の果物の人気が上がるとともに、日本の果物はどうして高価なのか?との驚きの声が絶えない。最近、アジア圏における日本の果実輸出も増えている。ニッポンドットコムでは、さまざまな切り口で日本の果物を取り巻く現場を訪ね、その舞台裏に迫る。

ユズで村おこし:人口900人で年間30億円稼ぐ村
イチゴ: 栃木の赤い宝石
日本のユズを欧州に:高知県北川村の挑戦
ゆず湯:冬至に香りを愉しむ
世界一甘い?:ワールドレコードを超えた桃
“知”と汗の結晶:マスクメロン
日本の果物はなぜ高い?

離島巡りに出かけよう!

日本は6852の島々を有する島国だ。その中で人が暮らす島は、421島。そのうちの1島を除いて全てを訪れたトラベル・ライターが、小島独特の文化やグルメ、祭事などを紹介する。

離島シリーズ①悪石島:ワイルドな仮面神が暴れまわる島

銭湯で日常の「旅」を楽しむ

かつて銭湯は日本人の日常生活の一部だったが、内風呂の普及と共に、その数は減り続けている。一方で、近年、銭湯文化を次世代に伝えようと活動する人たちも出てきた。日本の銭湯の魅力とは?

銭湯今昔物語
銭湯入門—知ってるようで知らない入浴作法
湯を巡る旅—個性豊かな銭湯10軒
銭湯ことはじめ—庶民の入浴文化
銭湯絵師という仕事——田中みずき

日本の大使館を訪ねる

日本には世界154カ国の在日大使館がある。大使館は日本の中にある「小さな外国」。大使を中心とした政治外交のほか、文化・スポーツイベントや学術交流、交易推進など、さまざまな形で自国の魅力を紹介し、日本との架け橋として活動している。

大使館訪問① 駐日コロンビア共和国大使館

禅の言葉に耳を傾ける

混迷する現代社会において、一つの言葉が精神的な窮地から私たちを救ってくれることがある。深い洞察から生まれた禅の言葉は、精神のリフレッシュ効果抜群だ。

禅の言葉③ 和敬清寂
禅の言葉② 知足安分
禅の言葉① 一期一会

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告