SNS

最新記事

ニュース

More

特集 「美味しい」は「楽しい」
【動画】ラーメン—真心の一杯ができるまで
[2014.09.12]

麺、スープ、トッピングを手際よく調理し、盛り付けまで細心の注意を払うのが日本のラーメンの特徴だ。一杯、一杯に心を込めて作りあげるラーメンを、新横浜ラーメン博物館の様子とともに動画で紹介する。

ラーメンは今や“国民食”であり、日本を代表する“ファストフード”だ。極めて身近な食べ物・ラーメンが、注文から目の前にどんぶりが出てくるまでの数分間、なぜかわくわくする。

おいしさの源流は、ラーメン職人の技と心意気と言ったら言いすぎだろうか。カウンターの奥で、麺をゆで、スープを仕込み、具をのせる、その手際に、つい目を奪われる。

昭和30年代を模した「新横浜ラーメン博物館」(通称「ラー博」)に足を入れると、古きよき時代のラーメンの香りがしてくる。今よりも穏やかな時間の中で、ラーメンを堪能した人々のことを想いながら、ラーメン職人の技と真心を味わってみるのもいいものだ。

バナー写真:東京二代目げんこつ屋(店主 関川匡仁)

取材協力:株式会社新横浜ラーメン博物館
写真撮影:加藤 タケ美

この記事につけられたタグ:
  • [2014.09.12]
関連記事
この特集の他の記事
  • ニッポンの調味料① 壺酢古壺に麹と蒸し米と水を仕込んで、陽だまりに半年も置くと、黴菌たちが機嫌よく働いて自ずと酢になる。鹿児島県福山町で200年間作り続けられている滋味ゆたかな米酢だ。
  • 雪が降るごとに美味しくなる冬の味覚の王者ブリブリは世界で日本近海にしかいない魚だ。天然物の寒ブリは冬の味覚の代表だが、最近は夏や秋が旬の養殖ブリも登場してきている。その文化的な背景をひも解きながら、ブリの魅力を紹介する。
  • ロンドンで造る日本酒:小さな酒蔵の大きな挑戦日本酒はもはや、日本だけで造られるものではなくなった。ロンドンでこのほど、英国で初めて日本酒を醸造する「カンパイ ロンドン クラフト サケ」が誕生した。立ち上げたのはルーシー・ホームズさん、トム・ウィルソンさん夫妻。とても小さな酒蔵だが、日本酒に魅了された2人は「多くの英国人に清酒の味を伝えたい」と努力を重ねる。
  • 日本のお茶が世界をつなぐ—茶碗の宇宙に咲くデジタルの花パリのデザイン・インテリア見本市会場に出現した暗闇の空間。そこで体験したのは、インタラクティブなデジタルインスタレーション作品とお茶が融合する時間。その刹那(せつな)の美と味は、茶道や禅の世界への新しいアプローチともいえる。
  • 梅の魅力③ 梅酒をプラムワインから“umeshu”へ近年、日本酒ブームに追随するように、海外で梅酒人気に火がついている。甘くて飲みやすく、健康にも良いため、特に女性や若年層から人気が高い。梅酒の海外輸出に力を入れる和歌山県の酒造メーカーを取材し、その魅力や製造方法、今後の展望を聞いた。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告