SNS

最新記事

ニュース

More

特集 伝統美のモダニズム “Cool Traditions”
秋空を彩る開運招福の花火
第108回長野えびす講煙火大会
[2013.12.17]

えびす講の祭礼に伴って行われるため、11月という花火大会としては最も遅い時期に開催される「長野えびす講煙火大会」。全国の花火大会を締めくくる同大会の1日を追った。

花火ファン必見!

日本で最も遅い時期の花火大会として人気を集める第108回長野えびす講煙火大会が11月23日、長野県長野市の犀川河川敷で開催された。今回で108回目という歴史を誇る同大会には、澄み渡った晩秋の夜空に打ち上げられた約1万発の花火を見ようと、全国から約43万人もの観客が訪れた。花火は夏の風物詩だが、晩秋は空気が澄みわたり花火がよりクリアに見えるということで、花火ファン垂涎(すいぜん)の大会だと言われている。

大会のもう一つの見所は、日本の花火界のトップランナーである紅屋青木煙火店の青木昭夫さんの作る花火がふんだんに見られることだ。煙火師(花火師)のスターたちが属する日本煙火芸術協会の会長を務める青木さんは、文字通り“超一流の花火師”として花火ファンからの絶大な支持を集めている。この平成の花火名人の花火が大量に見られるということで、全国から花火関係者たちも集結した。

紅屋青木煙火店の花火に肉迫するのが、地元最大手で全国の花火大会の常連でもある信州煙火工業の藤原信雄さんの花火だ。まさしく火花を散らす夜空の競演と言ってもいいだろう。映像で紹介する花火は、この2人の丹精込めた作品群だ。

同大会は、毎年、長野市の西宮神社のえびす講に合わせて行われている。その昔、商売繁盛や五穀豊穣、開運招福を祈願したえびす講の祭礼は、その時期に商店が大売出しを行い大変な賑わいをみせた。明治32(1899)年に、えびすの神に感謝を捧げるとともにさらなる商売繁盛の願いを込めて、地元の有志たちが花火を打ち上げるようになった。以来、この伝統が現代まで受け継がれている。

さらにじっくりと花火を楽しみたい方はこちらをご覧ください(10分バージョン)。

バナー画像写真=泉谷玄作
協力=長野商工会議所 長野商店会連合会

  • [2013.12.17]
関連記事
この特集の他の記事
  • 現代人を癒やすマッサージチェア:誕生から進化、普及の歴史忙しい現代人の疲れを癒やす「マッサージチェア」。今や家庭はもちろん、ホテルやスポーツジム、医療施設などでもよく目にするようになった。世界で初めてマッサージチェアの量産化に成功し、今も業界のトップを走る「フジ医療器」(本社・大阪市中央区)に進化の歴史や最新機能について話を聞いた。
  • 力士を強くする稽古とちゃんこ相撲部屋は力士が稽古に励みながら、共同生活をする場。東京・清澄白河にある高田川部屋を訪れ、早朝から始まる厳しい稽古の様子と、それを終えてリラックスした力士たちの姿を追った。
  • 欧州で茶の湯の普及に尽力する、野尻命子に聞くローマを拠点に50年余。80歳を超えた今も、ヨーロッパ各地を飛び回り、日本の「茶の湯」の精神を伝え続ける野尻命子。言葉や文化、宗教も異なる人々に、野尻が説く「茶の湯」が広く受け入れられている理由を探った。
  • 世界で最も有名な忍者:初見良昭氏が現代に伝える「武道の極意」技の伝承を求め、入門する外国人が後を絶たない「武神館」。世界各地から千葉県野田市の道場に足を運び、「戸隠流忍法」宗家・初見良昭(まさあき)氏(86)に教えを仰ぐ。そこで目にしたものは、忍者映画や忍者アニメで知るのとは一味も二味も違う、奥深い世界だった。
  • 震災を乗り越え、未来へ駆ける大堀相馬焼:「陶徳」の挑戦福島県浪江町で300年以上続いてきた焼き物「大堀相馬焼」。2011年の東日本大震災と福島第一原発事故の影響で、一時は廃絶の危機にひんしたが、伝統を次世代に残すための新しい歩みが始まっている。郡山市で再興を目指す窯元「陶徳(すえとく)」の若き当代を中心に、新しい一歩を踏み出した家族の今を紹介する。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告