特集 伝統美のモダニズム “Cool Traditions”
忍者の里「伊賀」と「甲賀」を訪ねる
[2017.08.22] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

南北朝時代(14世紀)から江戸時代にかけて、日本各地で活躍した忍者。その中でも伊賀と甲賀の忍者は、最強のエリート集団として有名だ。2つの里にある施設を訪ねると、忍者の修行や生活、使った道具が体感できる。

1. 忍者を知る、見る、感じる「伊賀流忍者博物館」

伊賀鉄道上野市駅から歩いて5分ほどの上野公園(伊賀上野城公園)内にある「伊賀流忍者博物館」。施設内には忍者屋敷、忍者体験館、忍者伝承館があり、屋外広場では定期的に忍者ショーが開催されている。

観光案内板は英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語に対応している

忍者屋敷は一見、何の変哲もないかやぶきの農家だが、屋敷内にはからくりが施されている。忍者姿の案内係は、「からくりは現在のセキュリティーシステムのようなものです。伊賀では、どの家にも2、3カ所のからくりが設置されていました」と説明する。

(左上)忍者屋敷 (右上、下)壁がくるりと回って隠れることができる「どんでん返し」

忍者体験館には、忍者の道具や史料が展示されている。忍術書に基づいて作られた手裏剣などの忍具や、実際に使っていたとされる水蜘蛛(みずくも)など400点以上が展示されている。手裏剣は実戦では使われなかったらしく、案内係も「戦うのは侍で、忍者は逃げたり、隠れたりするのが専門です」と言う。

(左上)再現された手裏剣 (右上)水上を歩くために使われた水蜘蛛 (左下)鞘(さや)や下げ緒にも工夫がある忍び刀 (右下)忍者の装束

忍者の歴史や暮らしを紹介する忍者伝承館では、装束や日用品が展示されている。それらから忍者ならではの知恵を見付けるのも興味深い。子ども向けのクイズコーナーや、お土産品の売店もある。

忍者屋敷の床板の下には、日本刀が隠されていた

  • 住所:三重県伊賀市上野丸之内117
  • 入館料金:高校生以上756円、4歳~中学生432円
  • 開館時間:午前9時〜午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
  • 休館日:12月29日~1月1日

関連記事:忍者のリアルに迫る

2. 忍者気分を満喫できる「甲賀の里 忍術村」

鈴鹿山麓の「甲賀の里 忍術村」は、広大な敷地内に忍術博物館、からくり忍者屋敷、手裏剣道場といった施設がある。忍者道場では、石垣登り、塀越え、塀横歩きなど九つの修行を体験できる。

塀越えには、忍者刀を踏み台として利用する。長い下げ緒が付いており、塀の上から手元に引き寄せることができる

忍者屋敷は、実在した甲賀忍者の子孫「藤林家」の旧屋敷を移設したもの。伊賀の忍者屋敷同様、家の中に隠し出口などのからくりが備わっている。

手裏剣道場では、実際に手裏剣投げを体験できる。後ろが旧藤林家を移築した忍者屋敷

「この辺りは交通の要所で、土地争いが多かったようです。甲賀は突出した領主がいなかったことから、団結心が強い自治組織が発達しました」と、忍者村職員の北沢晃さんが解説してくれた。

甲賀の里にも「どんでん返し」のからくりが

忍術博物館には、忍術書「萬川集海(まんせんしゅうかい)」をはじめ、史料や道具などが展示されている。萬川集海は各家にあったというが、北沢さんは「忍術は秘術ですから、肝心なことは書いてありません。重要なことは口述で伝え、それを記憶していたようです」と言う。

(上左)忍術博物館の展示 (上右)珍しい形状の手裏剣や、まきびしを所蔵する (下)忍術書「萬川集海」

  • 住所:滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394
  • 入村料金:大人1030円、中高生820円、小学生730円、幼児520円
  • 開村時間・定休日:時期によって変動 ※公式WEBサイトで要確認

3. 由緒ある忍者屋敷が現存する「甲賀流忍術屋敷」

元禄年間(げんろくねんかん、1688~1704年)に建てられた忍者屋敷を公開しているのが、甲賀市内にある「甲賀流忍術屋敷」だ。この屋敷を建てた望月出雲守は、1487年の鈎の陣(まがりのじん)に参加した甲賀53家の筆頭。手入れの行き届いた庭を抜けると、薬の看板が入り口に掲げられている。忍者は日中、山伏の姿で薬やお札を持って各地を巡り、情報を集めたとされるが、望月家も薬の製造販売を行っていたようだ。甲賀市は現在も製薬業が盛んな地である。

(上左)甲賀53家の筆頭・望月出雲守の建てた屋敷 (右上)薬製造業を営んでいた名残の看板 (下)手裏剣などの道具も展示

屋敷の中に入ると大広間が広がっていて、からくりなどを紹介する動画が見られる。隠し階段や屋外につながる抜け穴といった仕組みは当時のまま。忍術書や忍具などの資料も展示している。

3階から1階に素早く逃げることができる縄ばしご

  • 住所:滋賀県甲賀市甲南町竜法師2331
  • 入館料金:中学生以上700円、4歳~小学生400円
  • 開館時間:午前9時〜午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
  • 休館日:12月27日~1月2日

取材・文=佐藤 成美
撮影=大島 拓也

この記事につけられたタグ:
  • [2017.08.22]
関連記事
この特集の他の記事
  • 秋田犬:まるで侍のような佇まい2018年は「戌年(いぬどし)」ということで、日本の在来犬種の中で最も大きい「秋田犬(あきたいぬ)」を紹介したい。欧州を中心に世界中で人気が高まっているこの犬の魅力を知るため、多くの輸出実績を持つ大阪の中川畜犬店(なかがわちくけんてん)を訪ねた。
  • 山本基:塩で造形する唯一無二のアーティスト世界でただ一人、「塩」を使って造形するアーティスト、山本基。なぜ彼は塩を使うことにこだわり続けるのか。生まれ故郷の尾道を娘と訪れ、地元のギャラリーで制作する姿を追いながら、その謎に迫る。
  • 和紙の世界へ④ 和紙で作る昔気質の雪村団扇手漉き和紙に描かれた洒脱な墨絵柄。常陸太田市の団扇屋に代々伝わる質実の雪村団扇の人気は、今も根強い。作り手は団扇屋4代目の95歳。雪村団扇最後の職人だ。昔気質の職人が作った団扇は、時代に荒波をくぐり抜けてきた。
  • 和紙の世界へ③ 美濃和紙で作られる蛇の目傘江戸時代から続く和傘の産地、岐阜市加納町で、今も伝統を受け継ぐ、色鮮やかな蛇の目傘が作られている。素材は近在の良質な真竹と美濃の色和紙。スラリとした細身、手に持って軽く丈夫で、傘を差しても閉じても見目麗しい姿がその魅力だ。
  • 和紙の世界へ② 再生紙で作る西嶋和紙明治時代以降、機械漉きの洋紙の登場で、各地にあった手漉き和紙の産地が消えていった。そうした中、熱い思いで伝統の手漉き技術を守り、生き延びてきた和紙の里がある。かつて武田信玄公に紙を献上していたという、山梨県身延町の西嶋手漉き和紙の里である。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告