SNS

最新記事

ニュース

More

特集 ニッポン偉人伝
ラフカディオ・ハーン(小泉八雲):研ぎ澄まされた五感で日本文化の本質を捉えた作家

小泉 凡【Profile】

[2018.11.28]

小泉八雲は『怪談』などで知られる明治時代の作家だ。現代日本を予言するような言説を数多く残すなど、未来を見据えた思想家でもあった。八雲の生涯を辿りながら、その現代的な意味を考える。

現代にも通じるメッセージ

「耳なし芳一」や「雪女」は広く国内外で読まれており、こうした作品を収めた『怪談』はラフカディオ・ハーン(1850〜1904)の代表作であり、不滅の芸術作品である。彼は作家としての顔と、物質文明に対する鋭いまなざしを向ける思想家としての顔を合わせもっていた。

『怪談』の初版本。1904年の作品

以下の言説はハーンによって発信されたものである。

「日本の将来には自然との共生とシンプルライフの維持が必要」(※1)

「日本人の精神性の根幹には祖先信仰がある」(※2)

「日本の教育は記憶力偏重で想像力を十分に育んでいない」(※3)

「自然災害の多発が変化を受け入れる国民性を形成した」(※4)

いずれも現代日本に通ずる課題を浮き彫りにし、日本文化の特質を言い当てている。しかしこれらの見解と、生涯にわたり怪談を70話以上も再話したこととは矛盾するものではない。超自然の文学にも「一面の真理」を認め、西洋中心的な偏見をもたず異文化を理解したという点において通底している。つまりオープン・マインドで五感を研ぎ澄ませた観察により、日本文化の本質をつかみ、未来への展望が可能になったと言えよう。それは、ハーンの生い立ちや地球半周に及ぶ人生旅行、そして異文化体験によって形成された反人間中心主義的な世界観とも深く関わっている。

地球半周を経て日本へ

1850年、パトリック・ラフカディオ・ハーンは、ギリシャのイオニア諸島の一つレフカダ島で、アイルランド人の軍医であるチャールズと、同じイオニア諸島のキシラ島出身の女性ローザとの間に生を享(う)ける。

ハーンが生まれたレフカダ島

2歳で父の実家のあるアイルランドのダブリンに移るが、4歳の頃に精神を苛(さいな)まれた母ローザがギリシャに帰り、それが永遠の別れとなった。経済的には父方の大叔母サラに養育され、ハーンの身近な世話に当たったのは、アイルランドで最もケルト口承文化が豊かに継承されるコナハト地方出身の乳母キャサリンだった。

後に北イングランド・ダーラムの神学校で教育を受けるが、在学中にクリケットの球が左目に当たり、失明を余儀なくされる。大叔母が破産したためロンドンで放浪生活を送ったり、北フランスの学校で学んだりした。そして19歳の時に、移民として単身米国のシンシナティをめざした。

大叔母サラ・ブレナンとハーン

アイルランド時代のことはあまり語りたがらなかったハーンだが、晩年、東京からアイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツに「私には、妖精譚(たん)や怪談を語ってくれたコナハト出身の乳母がいたので、アイルランドのことを愛さずにいられないはずだし、また実際に愛している」と書き送った。こうしたアイルランドの霊性への共感と受容が、後年における怪談の探究に結びついたことは言うまでもない。

シンシナティでは赤貧から這(は)い上がってジャーナリストとして活躍したが、混血女性との州法違反の結婚からニューオーリンズへと移住。そこで、フランスとアフリカ、先住民の文化が接触融合したクレオール文化に魅了され、クレオールの諺(ことわざ)辞典や世界初のクレオール料理レシピ集の出版を手掛ける。ヴードゥー・クイーンと呼ばれたマリー・ラボーのもとにも足しげく通い、同地に根をおろしたアフリカ起源のヴ―ドゥ―教の呪術や俗信の探究にものめり込んでいった。

ニューオーリンズ時代にハーンが暮らした借家(バーボン・ストリート516番地)(写真左)。ハーンのニューオーリンズ時代の取材ノート(写真右) ©小泉八雲記念館

84~85年にかけてニューオーリンズで開催されていた万博の取材で日本文化とも邂逅(かいこう)する。その頃、日本神話がフランス語に抄訳された書物を2冊ほど購入し、パーシバル・ローエルの『極東の魂』にも触発され、未知なる東の国の基層文化に関心を抱き始める。さらに、カリブ海の仏領マルティニーク島に2年間滞在(同時期にポール・ゴーギャンが隣町に居住)し、五感を研ぎ澄ませて島の民俗を観察して紀行文『仏領西インドの2年間』を上梓(じょうし)した。

ニューヨークに戻り、ハーパー社の編集者から借りたチェンバレン(※5)訳の英訳『古事記』に魅せられ、いよいよ日本行きを決意する。90年4月4日、アビシニア号の船上から富士を仰ぎ、横浜の土を踏む。39歳の時だった。

(※1)^ 熊本での講演「極東の将来」1894年1月27日

(※2)^ 『日本―ひとつの解明』1904年

(※3)^ 松江での講演「想像力の価値」1890年10月26日

(※4)^ 「地震と国民性」より(1894年10月27日付、神戸クロニクル紙)

(※5)^ バジル・ホール・チェンバレン。英国の言語学者。1873年に来日し、86~90年東大で講じ、近代国語学の樹立に貢献。

この記事につけられたタグ:
  • [2018.11.28]

小泉八雲記念館館長。焼津小泉八雲記念館名誉館長。島根県立大学短期大学部名誉教授。小泉八雲のひ孫。1961年東京生まれ。成城大学・同大学院文学研究科で民俗学を専攻。妖怪、怪談を切り口に文化資源を発掘し観光資源に生かす実践研究や、八雲の遺産を世界のゆかりの地で紹介する活動を行っている。2017年、日本とアイルランドの文化交流貢献で外務大臣表彰を受けた。著書に『民俗学者・小泉八雲』(恒文社、1995年)、『怪談四代記―八雲のいたずら』(講談社、2014年)など。

関連記事
この特集の他の記事
  • 西洋と東洋を超えて:岡倉天心岡倉天心は、明治期における西洋化の荒波の中で近代日本美術の発展に大きな功績を残した。ボストン美術館の中国日本美術部長としても活躍した天心は、西洋と東洋の精神性の融和を図った稀有な思想家だった。
  • 西郷隆盛:明治維新に尽力したラストサムライ江戸城無血開城や新政府樹立など、明治維新に多くの功績を残した西郷隆盛。波乱万丈の生涯を追い、その人物像に迫る。
  • 安藤百福:世界の食文化を変えたミスターヌードルお湯を注ぎ、数分待つだけで食べられるインスタントラーメン。いまや世界中で愛されるこの食品を開発した元祖が、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)だ。2018年秋放送予定のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のモデルともなる彼の波乱万丈の人生と、独創的なアイデアを紹介する。
  • 坂本龍馬:近代日本の幕開けに大きな功績を残した英雄薩長同盟を仲介して大政奉還につなげ、近代日本の誕生に決定的な役割を果たした坂本龍馬。明治の新国家をみることなく暗殺されたのが、今からちょうど150年前となる。今年、日本各地で龍馬関連のイベントや展示会が続々開催されている。高知県立坂本龍馬記念館の貴重な所蔵品が展示された「土佐から来たぜよ!坂本龍馬展」(会場:目黒雅叙園東京)の展示写真とともに、魅力あふれる生涯を振り返る。
  • 渋沢栄一:「公益の追求者」の足跡をたどる生涯に約500の企業設立・運営に携わったことで知られ、「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一。その一方で、関わった社会事業は約600にも上る。「公益」を第一に考え、「道徳経済合一説」を実践した人生を、渋沢史料館の展示とともに紹介する。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告