SNS

最新記事

ニュース

More

特集 行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12
行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 (8)圧力鍋で作る3分カレー

行正 り香【Profile】

[2018.01.08]

市販のカレールーさえあれば、圧力鍋を使って3分で完成! スパイスを追加すれば自分好みの味にできます。どんな具材を使ってもたいていおいしくできるので、現地の野菜を使ってご当地カレーを!

材料(4人分)

  • にんじん:2本
  • じゃがいも:3個
  • 玉ねぎ:1個
  • 鶏もも肉:1枚
  • 水:カップ3
  • 市販のカレールー:適宜
  • バター:10グラム
  • ご飯:適宜
  • 追加スパイス(お好みに応じて)
    • コリアンダー:小さじ1
    • クミン:小さじ1
    • カルダモン:小さじ1
    • 粉山椒:小さじ1
    • チリパウダー:小さじ1/2

作り方

(1)にんじん、じゃがいも、玉ねぎはそれぞれ皮をむき、一口大に切る。鶏肉も3センチメートル角に切っておきます。

(2)圧力鍋にバターを入れて弱火にかけ、さっとスパイスを炒めます。

(3)圧力鍋に切っておいた野菜と鶏肉、水を加えて蓋をします。

写真=ニッポンドットコム編集部

(4)強火で熱し、圧力がかかったら弱火にして3分ほど煮ます。

(5)鍋に流水をかけて圧を抜きます。そこに市販のカレールーを好みの量加えます。

写真=ニッポンドットコム編集部

(6)熱々のご飯の上にかけて、出来上がり。

Cooking Tips

  • 日本では「嫌いな人はまずいない」というくらい、みんな大好きな“ニッポンのカレー”です。
  • 圧力鍋を使い、市販のカレールーを使えばあっという間に作れます。
  • もちろん、普通の鍋でコトコト煮てもいいですよ。
  • 今回はコクを出すためにバターを少し入れました。追加スパイスはなくてもおいしくできます。
  • 圧力鍋を使うときのコツは、野菜を少し大きめに切ること。小さいとぐちゃぐちゃに形が崩れてしまいます。
  • 野菜、肉などはどんなものでもOKですので、現地の食材を使ってご当地カレーを試してみてください。

撮影=名取 和久
編集協力=宇佐美 里圭

この記事につけられたタグ:
  • [2018.01.08]

1966年、福岡県生まれ。料理研究家。アクティブラーニング教材「カラオケ!English」などを手がける株式会社REKIDS代表取締役。カリフォルニア大学バークレー校卒。帰国後は電通でCMプロデューサーとして活躍し、在職中から料理本を出版。著書は50冊以上、累計売り上げ80万部以上。中国語版、韓国語版にも翻訳されている。2011年よりNHKワールド、「Dining with the Chef」に出演。主な著書に『レシピのいらない和食の本』(講談社)、『今夜は家呑み』(朝日新聞出版)など。

関連記事
この特集の他の記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告