SNS

最新記事

ニュース

More

特集 日本最大の離島、佐渡へ行こう!
「金の島」佐渡を巡る
[2017.12.18]

東京から4時間弱で行くことができる日本最大の離島、佐渡島(さどがしま)。代名詞ともいえる「佐渡金山」の歴史を学べば、さらに滞在が楽しくなるだろう。佐渡独特の文化と金山の関わりと共に、美しい景観から、観光施設、グルメ、伝統芸能まで見所を紹介する。

植物、海の幸、伝統文化が集結する“日本の縮図”

日本地図を眺めると、日本海にアルファベットの「S」や「Z」のような形の島がある。離島としては日本最大の佐渡島(新潟県佐渡市)だ。面積は約855平方キロメートルで、東京23区の1.5倍に相当する。人口は約5万7000人。

本州からの距離も近く、佐渡汽船のジェットフォイルなら、新潟港から佐渡の両津港まで1時間ほどで着く。東京からは、新幹線で新潟駅まで約2時間、駅からフェリー乗り場までタクシーで10分足らずと最速で4時間弱で着いてしまう。

両津港に着岸する佐渡汽船のカーフェリー。片道2時間半掛かるが、ジェットフォイルよりも運賃が安い

佐渡沖では、対馬暖流と寒流のリマン海流が交差する。その影響で、新潟本土に比べて夏は涼しく、冬は暖かくて雪も少ない。そうした気候により、ビワやミカンなどの温帯植物から、アカマツやカシのような寒帯植物まで、日本全国の植物が共生している。

6月に咲く大野亀のトビシマカンゾウ 写真:佐渡観光フォト(さど観光ナビ)

海流は、多種多様な海の幸も運んでくる。春から夏は暖流にのってきたマダイやスルメイカ、マグロがとれ、秋冬にかけては寒流がタラをもたらす。冬の間には寒ブリが南下して来る。近海ではエビやアワビ、サザエが1年中とれるし、真野湾や加茂湖ではカキの養殖が盛んだ。

新しいご当地グルメ「佐渡天然ブリカツ丼」。脂の乗ったブリに、米粉を使った衣の相性は抜群

そして、伝統芸能の宝庫でもある。貴族的な文化から、刀刀(とうとう)や流鏑馬(やぶさめ)といった武家文化、佐渡おけさや花笠(はながさ)踊り、鬼太鼓(おんでこ)といった町人文化がしっかりと受け継がれ、地域ごとの祭りでは見事に融合している。

植物、グルメ、文化が日本中から集まっている佐渡を、多くの人が「日本の縮図」と呼ぶ。

久知八幡宮例大祭の鬼太鼓。他にも、世界で活躍する太鼓集団「鼓童(こどう)」の本拠地があるなど、佐渡は和太鼓が盛んな地として知られる

佐渡島を形成する3つの宝

この島の大きな特徴について、佐渡市産業観光部の中川裕二(ゆうじ)調査員に尋ねると、「佐渡には3つの宝があります」と言う。

一つ目は、佐渡と聞けば、日本人なら必ず思い浮かべる「佐渡金山」だ。

1601年に相川金銀山が発見されると、徳川家康は03年に佐渡島を直轄地の天領とした。金山は江戸幕府の財政を支える主要な財源となり、最盛期には鉱山町・相川だけで5万人もの人口を抱えるほどに栄えた。明治以降は最先端の技術が導入され、東洋一の近代的な鉱山として日本の近代化を支えた。1989年の操業停止まで400年近く採掘が続いた金山は、佐渡だけの宝でなく、日本の宝だとも言える。現在、佐渡金銀山はユネスコの世界文化遺産への登録を目指している。

山頂から掘り進められて二つに割れた、佐渡金銀山の象徴「道遊(どうゆう)の割戸」

二つ目は、2011年に国連食糧農業機関(FAO)によって、世界農業遺産(GIAHS)に認定された「トキと共生する佐渡の里山」だ。

トキは農薬による餌の減少などによって絶滅の危機に陥り、1970年以降、国内では佐渡島のみに生息していた。2003年には野生絶滅に陥ったが、人工繁殖に成功。佐渡市も農薬や化学肥料を減らすために、「朱鷺(とき)と暮らす郷づくり認証制度」を導入し、持続的な環境保全体制を作った。今では、安全でおいしい佐渡米が実る里山に、約300羽のトキが野生している。

実際にトキに会える観光スポットとしては「トキの森公園」がある 写真:佐渡観光フォト(さど観光ナビ)

三つ目は、日本ジオパークに登録される地形。約3000万年前から地殻変動が始まり、海底隆起によって佐渡島が誕生した。至る所に島の成り立ちに関わる地層や海岸地形があり、2~3億年近く前の海底生物の化石を含んだ岩石にも出会える。金銀山も、古代の火山活動によって形成された。島の大部分が国定公園や県立自然公園に指定されるこの島は、まさに「大地のテーマパーク」だ。

奇岩・奇勝が延々と連なり、絶景スポットとして名高い「尖閣湾」

この記事につけられたタグ:
  • [2017.12.18]
関連記事
この特集の他の記事
  • 人間国宝「無名異焼 伊藤赤水」:佐渡が生んだ土と炎の芸術金山で知られる佐渡島の鉱脈付近から産出する赤土「無名異(むみょうい)」。それを陶土とする「無名異焼(やき)」の伝統を引き継ぎ、発展させているのが人間国宝の五代伊藤赤水(せきすい)だ。島の風土を巧みに取り入れ、独自の作品を生み出してきた赤水さんに、作陶の哲学とふるさと佐渡島に寄せる思いを聞いた。
  • 佐渡に移住した若夫婦:古民家民宿で島の魅力を伝える東日本大震災を契機に、東京から佐渡に幼子を抱えて移住した夫婦がいる。この島で、江戸時代に建てられた由緒ある古民家を改修し、民宿を始めた。若い2人は、自然に囲まれ、真の豊かさを享受しながら、佐渡の魅力を島内外に伝えている。
  • トキが品質保証する酒「北雪」酒造りに適した気候、水、米がそろう島、佐渡。数ある地酒の中でも、長い歴史を持ち、地元の人々に愛されてきたのが北雪酒造(ほくせつしゅぞう)だ。こだわりのある製造技術と経営方針から生まれた日本酒は、今や世界中のセレブからも愛されるオンリーワンの存在へと飛躍している。
  • 黄金伝説を生み、日本を支え続けた佐渡金銀山400年近くにわたって採掘された金銀によって、江戸幕府の財政を支え、明治以降は日本の近代化の一翼を担った佐渡金銀山。経済面のみならず、佐渡の産業の発展や文化の普及にも大きな影響を与えた。現在はユネスコの世界文化遺産への登録を目指す、佐渡金銀山の歴史と遺構を紹介する。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告