SNS

最新記事

ニュース

More

特集 建築家がつくる家
住宅探訪(1)季節が通り抜ける家

ジェレミ・ステラ【Profile】/ヴェロニク・ウルス【Profile】/ファビアン・モデュイ【Profile】

[2017.12.27]

建築家が手掛けた住宅建築シリーズの第1弾。夫婦である二人の建築家が自分たちの家を建てる。その空間には、デザインのこだわりや快適さへの配慮だけでなく、より自由に展開されたさまざまな実験の成果がある。

カタ邸(設計:加茂紀和子+マニュエル・タルディッツ、2007年)、西側の外観

道路から見た南側外観

ダイニングルームから見たキッチン

居間

玄関から1階、2階へと続く階段

本棚で仕切られた2階寝室

ダイニングルームから居間を見上げる

居間からダイニングルームを見下ろす

東京・世田谷にあるこの家は、建築家の加茂紀和子とマニュエル・タルディッツが自分たちの住居として建てたものである。コンクリートを用いて自然とどのような関係を生み出せるか、という試みになっている。敷地に対して、やや中心をずらして建物を配置したことで、周囲に複数の「坪庭」をもつ形状となった。

それぞれの庭には異なる種類の草木を植えて特徴を出している。部屋の窓を額縁に見立てて、作品のように庭を眺めることができる。庭の外に遠く広がる眺めが「借景」に使われているのは、いわば伝統的な日本庭園と同じ手法だ。風景、光、鳥や虫の声、草花の匂いなど、すべてを取り込みながら、家が周りの環境に溶け込んでいる。春から秋にかけて、家全体が大きく開け放たれ、折々に咲く花々の香りでたえず満たされる。

壁は打ちっぱなしのコンクリートで、外装も簡素。断熱材を使用していないのだが、エアコンは設置されておらず、最小限の暖房器具だけで冬を過ごす。ここでは、季節が住居を通り抜けていく。住人はパッシブな方法だけで天候に対処する。すなわち、空気の自然な循環や、木々の作り出す陰を利用し、着る服によって調節するのだ。

半階のフロアが連続するように設計されており、下の共有スペースから上のプライベートな空間までが、自然な流れでつながっている。各寝室は本棚だけで仕切られていて、両親には何の問題もないのだが、年頃になった2人の子どもにはやや受け入れがたくなってきたのかもしれない。

コンクリートでできた繭(まゆ)、とでも言えそうなこの家に住み始めて、マニュエルはすっかり出不精になってしまったという。ダイニング・テーブルの席に腰かけて、時間とともに変化する木漏れ日を楽しみながら仕事をして1日を過ごすのがお気に入りだ。

動画:カタ邸


© Jérémie Souteyrat

撮影=ジェレミ・ステラ(2013年)© Jérémie Souteyrat
文=ヴェロニク・ウルス/ファビアン・モデュイ(原文フランス語)
バナー写真=カタ邸(設計:加茂紀和子+マニュエル・タルディッツ、2007年)のキッチン

これらの写真は、「家の列島」と題した展覧会の形でヨーロッパ各地と日本(2017年4月、東京・パナソニック汐留ミュージアム)を巡回し、フランスと日本で刊行された図録に所収されている(レザール・ノワール社、鹿島出版会)。

この記事につけられたタグ:
  • [2017.12.27]

写真家。1979年、フランス生まれ。東京在住。2001年に大学の工学科を卒業。09年、日本を拠点に活動することを決意。ル・モンド、ウォールストリート・ジャーナル、ELLE、デア・シュピーゲルなど、欧米のメディアで活躍。14年、初写真集『tokyo no ie』をフランスで出版(ル・レザール・ノワール)。17年、その日本版『東京の家』を出版(青幻舎)。

website:www.jeremie-souteyrat.com

建築家。カナダ・モントリオール出身。現在は南仏ニース在住。2008年、ファビアン・モデュイとともに、建築、ランドスケープ、アートを横断する創作活動の促進をめざす集団「A.P.ARTs」を結成。2013年、日本を訪れ、個人住宅をテーマとする研究のため各地を旅する。2016年、ファビアン・モデュイとの共著による『チリ建築ガイド』を刊行。

建築家。ニース在住。ヴェロニク・ウルスとともに「A.P.ARTs」の共同創設者。近現代建築の研究を進めながら、異なるテーマでさまざまな規模のプロジェクトを手掛ける。ヴェロニク・ウルスと『チリ建築ガイド』(2016年)を刊行。

website:www.a-p-arts.com

関連記事
この特集の他の記事
  • 住宅探訪(7) 三層のデッキがある家建築家にとって、周囲の環境と居住空間の関係性は重要なテーマだ。もし家の隣に公園という公共スペースがあったら...? 住人のプライバシーを守りながら、公園の緑を大胆に取り込む発想で、ユニークな空間が生まれた。
  • 住宅探訪(6) リビングの向こうに田園が広がる家都会のオフィスで一日の仕事を終えて帰宅し、玄関を開けたらドアの向こうに田園風景が広がっている—。何もSFの世界の話ではない。町の外れという立地を生かした建築家の発想力で、現実の日常的な体験になるのだ。
  • 住宅探訪(5)光と影が交わる家採光と通風に優れた日本家屋の格子戸。この構造を、上下階をゆるやかに分かつ天井および床として平面に用いたらどうか。建築家のこんな工夫で、都内の限られた土地ながら開放的な居住空間が生まれた。
  • 住宅探訪(4)光が透過する木の家天井の四辺から光が降り注ぐ正方形の家。1つのスペースを分けるのではなく、中に4つの箱を配置して、ゆるやかにつながる空間を作り出し、その周りを玄関から続く土間が取り囲む。居住空間デザインの発想力が秀逸だ。
  • 住宅探訪(3)空中ダイニングのある家建築家が手掛けた住宅建築シリーズの第3弾は、木の箱を重ねたようなシンプルな家。ユニークな立地を利用して空中に張り出した部分をつくるなど、周囲の自然を存分に味わえる工夫がこらされている。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告