SNS

最新記事

ニュース

More

特集 建築家がつくる家
住宅探訪(4)光が透過する木の家

ジェレミ・ステラ【Profile】/ヴェロニク・ウルス【Profile】/ファビアン・モデュイ【Profile】/マニュエル・タルディッツ【Profile】

[2018.04.03]

天井の四辺から光が降り注ぐ正方形の家。1つのスペースを分けるのではなく、中に4つの箱を配置して、ゆるやかにつながる空間を作り出し、その周りを玄関から続く土間が取り囲む。居住空間デザインの発想力が秀逸だ。

光の郭(くるわ)(設計:川本敦史+川本まゆみ[エムエースタイル建築計画]、2013年)。1つの部屋に4つの「箱」を配したメインスペース。左はキッチン、ダイニング、その背後の箱は下が納戸で上が寝室、その奥には玄関脇のソファ、右の箱は両親用の寝室。手前のリビングの両脇の箱は、左が浴室、右がもう1つの納戸/寝室

玄関の土間。庭へと通り抜けられる

寝室とダイニング(左奥)

リビングから見た書斎

東側外観と玄関アプローチ

西側外観と庭

愛知県豊川市にあるこの家には親子4人が暮らす。家族のくつろぎを何より重視した、よい意味での「内向的」な空間になっている。

住人は、度重なる引っ越しを通じて、さまざまな暮らし方を経験してきた。家を建てるにあたって第一に考えたのは「日当たりのよい平屋」だった。両親は、2人の子どもが部屋にこもってしまうことがないように、大きなワンフロアを希望した。その上で、個々のプライバシーにもしっかり配慮がなされている。家族全体のプライバシーが外から守られているのは言うまでもない。

主なコンセプトは、光が降り注ぐ大きな空間を4つの「箱」によってゆるやかに仕切る、というもの。つまり、広い1つの部屋の中に、寝室、浴室、2つの納戸が、箱のように配置されている。納戸の上にはそれぞれ、ロフト式になった子どもたち2人の寝室がある。この配置が、箱の中とその周りにさまざまな空間を生み出すのだが、それらはすべて閉ざされることなくつながっている。

至るところに木材が使われ、温もりの空間を演出している。床にはカエデの寄せ木を張り、壁にはイトスギの合板を用いた。天井の周囲から自然光がたっぷりと差し込むが、屋根の四辺の採光部分に角度をつけて板を組んであるため、日差しは和らげられている。住人は、時間とともに角度を変える太陽の光の下で日中を過ごし、晴れた夜には星を眺めることもできる。

玄関を入るとコンクリートの土間になっており、そこからそのままメインスペース全体をぐるりと一周して囲む構造になっていて、四辺にキッチン、洗面台、トイレ、書斎、収納が配置されている。玄関脇の土間には、ご主人の愛車ハーレー・ダビッドソンと、奥さまお気に入りのソファが隣り合わせで置かれており、そのミスマッチが面白い。2つの背景をなす簡素なデザインとの調和もまた絶妙だ。


© Jérémie Souteyrat

撮影=ジェレミ・ステラ(2014年) © Jérémie Souteyrat
文=ヴェロニク・ウルス/ファビアン・モデュイ(原文フランス語)
バナー写真=光の郭(くるわ)(設計:川本敦史+川本まゆみ、2013年)東側外観と玄関アプローチ

この記事につけられたタグ:
  • [2018.04.03]

写真家。1979年、フランス生まれ。東京在住。2001年に大学の工学科を卒業。09年、日本を拠点に活動することを決意。ル・モンド、ウォールストリート・ジャーナル、ELLE、デア・シュピーゲルなど、欧米のメディアで活躍。14年、初写真集『tokyo no ie』をフランスで出版(ル・レザール・ノワール)。17年、その日本版『東京の家』を出版(青幻舎)。

website:www.jeremie-souteyrat.com

建築家。カナダ・モントリオール出身。現在は南仏ニース在住。2008年、ファビアン・モデュイとともに、建築、ランドスケープ、アートを横断する創作活動の促進をめざす集団「A.P.ARTs」を結成。2013年、日本を訪れ、個人住宅をテーマとする研究のため各地を旅する。2016年、ファビアン・モデュイとの共著による『チリ建築ガイド』を刊行。

website:www.a-p-arts.com

建築家。ニース在住。ヴェロニク・ウルスとともに「A.P.ARTs」の共同創設者。近現代建築の研究を進めながら、異なるテーマでさまざまな規模のプロジェクトを手掛ける。ヴェロニク・ウルスと『チリ建築ガイド』(2016年)を刊行。

website:www.a-p-arts.com

東京を拠点とする建築家。株式会社みかんぐみ一級建築士事務所の共同代表であり、明治大学の建築・都市デザイン国際プロフェッショナルコースの特任教授とICSカレッジオブアーツ教授を務める。数々の展覧会で作品を発表。受賞歴多数。展覧会:ARCHILAB 2006「都市に棲む:日本の若手建築家30人による都市環境から捉えた建築デザイン展」、UIA2011 東京大会(第24回世界建築会議)、「東京 2050//12の都市ヴィジョン展」等。著作:『家のきおく』、『Post-officeワークスペース改造計画』、『団地再生計画/みかんぐみのリノベーションカタログ』、『東京断想』。

website:www.mikan.co.jp

関連記事
この特集の他の記事
  • 住宅探訪(9) 神社の隣の細長い家神社の隣に接した小さな土地に、上にも奥にも細長く伸びた家が建った。建築家の自由な発想が詰まった驚きの空間づくりには、住む人の感覚を日々刺激する外との関係性が明確に意識されている。
  • 住宅探訪(8) 海を見通す家亡き父の家を壊し、残された母と自分の家族が暮らすために建て替える。建築家である息子が大切にしたのは、父が選んだ土地から見晴らす海の景色。これを周りの人たちとも共有できるような家に仕上げてみせた。
  • 住宅探訪(7) 三層のデッキがある家建築家にとって、周囲の環境と居住空間の関係性は重要なテーマだ。もし家の隣に公園という公共スペースがあったら...? 住人のプライバシーを守りながら、公園の緑を大胆に取り込む発想で、ユニークな空間が生まれた。
  • 住宅探訪(6) リビングの向こうに田園が広がる家都会のオフィスで一日の仕事を終えて帰宅し、玄関を開けたらドアの向こうに田園風景が広がっている—。何もSFの世界の話ではない。町の外れという立地を生かした建築家の発想力で、現実の日常的な体験になるのだ。
  • 住宅探訪(5)光と影が交わる家採光と通風に優れた日本家屋の格子戸。この構造を、上下階をゆるやかに分かつ天井および床として平面に用いたらどうか。建築家のこんな工夫で、都内の限られた土地ながら開放的な居住空間が生まれた。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • ニッポンドットコム・メディア塾 —ジャーナリストを志す皆さんに
  • シンポジウム報告