東日本大震災の被害状況

東日本大震災による死者は、5月末の警察庁のまとめによると、全国で1万5281人。行方不明者は8492人。1995年の阪神淡路大震災の被害を大きく上回り、戦後最大の自然災害となった。6月以降も、発見された遺体の身元の確認作業や、行方不明者の捜索活動が続けられており、犠牲者の数が確定するにはさらに時間がかかりそうだ。

また、震災から2か月近くたっても、10万人を超える人々が避難所生活を強いられている。この避難者の中には、地震、津波による直接の被害は受けなかったものの、福島第一原発事故により自宅を離れざるを得なかった人も数多く含まれている。

東日本大震災の被害状況