麗しき故郷、台湾——湾生画家・立石鉄臣を巡って

栖来 ひかり【Profile】

[2017.07.08] 他の言語で読む : 繁體字 |

台湾で評価を受け続ける立石鉄臣

立石鉄臣(てつおみ)は戦前の台湾で生まれ、風俗・民俗・工芸を記録した雑誌『民俗台湾』や『媽祖(まそ)』の表紙や挿絵を手掛けたことで、台湾ではよく知られた画家である。『民俗台湾』に見られる、台南関廟の竹細工やロウソク・線香職人、冠婚葬祭における風習など、丹念なスケッチで生き生きと描かれた木版画は、当時の台湾人の等身大の生活を伝える貴重な資料でもあり、1970年代から台湾では評価を受け続けている。

特に近年は注目度が高い。10年以上絶版だった『灣生・風土・立石鐵臣』(邱函妮、雄獅美術出版)が2016年に重版され、同年、台湾国際ドキュメンタリー映画祭でプレミア上映となった映画「灣生畫家 立石鐵臣」(監督:郭亮吟・藤田修平)はチケットが早々に完売し、観客賞を受賞して話題をさらった。

また立石が戦後、台湾での生活を思い出して描いた画集『台湾画冊』の中に、基隆(キールン)から出港する引き揚げ船の見送りに来た多くの台湾人が、当時は禁じられていた日本語での「蛍の光」を合唱する絵がある。絵の中で3度、絶叫するように添えられた「吾愛台湾!」という言葉が台湾人のシンパシーを手繰り寄せたのか、インターネットを通じて広く拡散され、若い世代でも知られる存在となった。

立石鉄臣は、台湾総督府の土木部事務官を務めた立石義雄の4男として、1905年に台北で生まれた。父親の内地転勤に伴って9歳で台湾を離れるが、この地で生まれ育ったことは、後の人生に大きな影響を与えた。

戦後の引き揚げ前に立石が暮らしていたと思われる、台北市温州街の住宅(撮影:栖来ひかり)

幼いころの立石は、体が虚弱で内向的だったことから、同級生たちと遊ぶよりむしろ絵を描くなど一人で遊ぶことを好んだ。まるで対象の魂を絵筆で捉える冷静で孤独な観察眼は、この頃に育まれたのだろう。19年に14歳で鎌倉に転居、16歳で地元の画家について日本画を学ぶようになり、身の回りにある植物を熱心にスケッチするようになる。21歳で同じく鎌倉に転居してきた、麗子像で有名な洋画家の岸田劉生に付いて洋画へ転向。幾つかの美術展で入賞を果たし、岸田の死後は日本近代美術の巨匠、梅原龍三郎に師事するようになる。

この記事につけられたタグ:
  • [2017.07.08]

台湾在住ライター。京都市立芸術大学美術学部卒。2006年より台湾在住。日本の各媒体に台湾事情を寄稿している。著書に『在台灣尋找Y字路/台湾、Y字路さがし』(2017年、玉山社)がある。 個人ブログ:『台北物語~taipei story

関連記事
その他のコラム

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告