【動画】バイオリニスト竹澤健リサイタル「フランスから響け!復興への音色」
[2012.02.16] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | FRANÇAIS |
フランス国立ロレーヌ管弦楽団のコンサートマスターとして、日仏両国で精力的に活動する竹澤健さん。2011年12月に行われた、ソロ・リサイタルを特別収録。


竹澤 健
TAKEZAWA Takeshi

東京芸術大学在学中に文化放送音楽賞を受賞。パリ国立高等音楽院に留学しデヴィ・エルリーに師事。1987年のスイスのフェスティバルでイヴリー・ギトリスに認められ、その後師事。1991年メス市に本拠地を置くフランス国立ロレーヌ管弦楽団のコンサートマスターに就任。1993年12月、日本デビューリサイタル。1999年、日本音楽財団からストラディバリウス「ムンツ」を貸与される。

フランスの音楽に多大な影響を受け、パリに留学。卒業後もフランス国内のオーケストラでコンサートマスターとして活躍するバイオリニスト、竹澤健。リサイタルでは必ず、フランスの作曲家の作品を演奏している。東日本大震災後のチャリティ・コンサートでは、フランスの名曲を通じて、現地の観客との“絆”を感じたという。

2年ぶりの日本でのソロ・リサイタルは2011年12月23日、JTアートホールアフィニスで行われた。国境を越えた復興への思いを伝える竹澤のバイオリンの音色をお楽しみください。

▼people

バイオリニスト竹澤健インタビュー「フランスから響け!復興への音色」

この記事につけられたタグ:
  • [2012.02.16]
関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告