特集 ポップカルチャーは世界をめぐる
ボンジュール、鉄拳です
芸人・イラストレーターのフランス「ジャパンエキスポ」公演に密着ルポ
[2017.08.04]

欧州最大級を誇る日本ポップカルチャーの祭典「ジャパンエキスポ」に、パラパラ漫画でおなじみの鉄拳が初めて参加、サイン会やワンマンショーでフランスの観客と触れ合った。

鉄拳

鉄拳Tekkenお笑い芸人、イラストレーター。1972年長野県生まれ。漫画家、プロレスラーを志望するも断念し、1997年にお笑い芸人としてデビュー。イラストを使った芸でテレビに出演し、人気を得る。2011年、仕事が減って芸人としての自信を失い引退を決意したが、辞める直前に入ったパラパラ漫画の仕事で再ブレイク。ミュージックビデオやCM、テレビ番組などに次々と作品を提供し、「感動的」と評判を集める。吉本興業所属。

フランスのファンたちと初対面

日本のアニメや漫画、ゲーム、コスプレなどのファンが集う欧州最大規模のイベント、「ジャパンエキスポ」が今年18回目を迎え、7月6日から9日までフランス・ビルパント(パリ郊外)のイベント会場で開催された。日本から招かれた数々のゲストの中で、ひときわ異彩を放ったのが芸人・イラストレーターとして活躍する鉄拳だ。7月8日のワンマンショーに向け、スケッチブックに自分で描いたイラストによる「フリップネタ」をフランス語で用意して臨んでいる。

ショーの2日前、ジャパンエキスポ初日の6日には、サイン会が開かれた。「初めて来ていきなりサイン会なんて…。人は集まるんですかねえ」と不安を口にする鉄拳。案の定、会場に現れたファンの姿はまばら。鉄拳を知っていたかと聞くと、一様に「知らなかった」と答える。格闘ゲーム「鉄拳」シリーズ(バンダイナムコ)のプロモーションと間違えてきた人がかなりいたようだし、中には「遠くから変わったコスチュームが見えたので来てみたよ。近くで見たらやっぱり変だった」と爆笑する若者も。

ジャパンエキスポ会場にて

何しろ今回が欧州のイベント初参加。それでも「ジャパンエキスポ公式サイトの紹介を見て、初めて彼のパラパラ漫画を知り、興味をもった」という反応がいくつかあったのは救いだ。そんな「生まれたて」のファンたちに、鉄拳が一人一人丁寧に描いた似顔絵付きのサインを手渡すと、みな満面の笑みで喜ぶ。しかし「あさってのショー、絶対来いよ!」という鉄拳の叫びは伝わったのかどうか…。期待と不安の入り混じるスタートであったのは間違いない。

忙しいスケジュールの合間をぬってパリ見物。猛暑のパリをあのコスチュームのまま散策し、道行く人びとの注目を浴びる

かける言葉はひたすら「ボンジュール」だが、しっかり交流はできた!

フランスは2回目というが、前回はTVロケで日本にとんぼ帰り。今回は過密スケジュールの中、ほんの少し街並みを眺める余裕も

この記事につけられたタグ:
  • [2017.08.04]
関連記事
この特集の他の記事
  • お笑い芸人・鉄拳がパリ公演 新作『SLIDE』をプレミアム上映毎年フランスで開かれる日本ポップカルチャーのイベント「ジャパンエキスポ」。18回目となる2017年は、お笑い芸人・鉄拳が参戦。新作動画『SLIDE』フルバージョンのプレミアム上映を行った。
  • 漫画「キャプテン翼」を翻訳したシリア人、カッスーマー・ウバーダ2017年1月から、人気サッカー漫画「キャプテン翼」シリーズの漫画単行本が、アラブ首長国連邦を中心にアラビア語圏で販売を開始した。初版本の一部は、シリア難民の子どもたちに寄付されている。翻訳を担当したのは日本に留学中のシリア人、カッスーマー・ウバーダさん(27)。翻訳の経緯や苦労について話を聞いた。
  • 漫画家・安野モヨコの全仕事を振り返る展覧会「STRIP!」「働きマン」や「さくらん」などで知られる漫画家・安野モヨコ氏の20年超におよぶ作品を展示した「STRIP!」が開催中だ。「これまでの歩みをありのままに晒(さら)す」という意味をタイトルに込めた展覧会だ。
  • オーケストラでよみがえる永井豪アニメの世界漫画家・永井豪氏原作の「デビルマン」「マジンガーZ」「キューティーハニー」などのアニメは、テーマソングが印象的なものばかり。それらの曲をオーケストラが演奏する初のコンサートが開かれる。永井氏本人にアニソンが持つ力とコンサートについて聞いた。
  • OTAKUの祭典—コミックマーケット90近年、来場者数は横ばいだが、それでも50万人以上が来場するコミックマーケット。国内最大、世界でも有数のOTAKUコンベンション。コミケが巨大イベントになるまでの歴史と変貌を振り返ってみた。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告