特集 神社に行こう!
神社に行こう! 神社空間を読み解く②鳥居

戸矢 学【Profile】

[2016.05.31] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

神社空間は、鳥居、注連縄(しめなわ)、狛犬、本殿などさまざまなパーツによって構成されている。そこに込められた意味を知ることで、神社への理解度がぐっと深まるはずだ。この連載シリーズでは、毎週火曜日と木曜日に、鳥居から社務所に至るまで12の神社アイテムを参拝の順に紹介していく。

鳥居(とりい)

神社が中心に建っている神域への入り口となる門。神社のシンボル・表象として国際的にもよく知られている。「これより聖域」という意味を表す。したがってくぐる際には頭を下げて小さくお辞儀をするのが基本である。神社の規模によって大きさや数は異なるが、複数ある場合は、最大の鳥居が神域全体の入り口で、「一の鳥居」という。以下順番に二の鳥居、三の鳥居と称されて、鳥居をくぐるごとに聖性が高まる。

その形は、二本の柱の最上部に笠木(かさぎ)を載せ、そのすぐ下に貫(ぬき)をわたして連結する。これが基本形である。しかし、神社の系統によって屋根の付いた両部鳥居や、三連の三輪鳥居など多種多様な様式がある。一般に朱色であると思われがちであるが、全体を朱漆で塗り固めるのは主に稲荷神社系統の鳥居と八幡神社系統の鳥居であって、原則的には白木である。素材は木製が原則であるが、石造も多い。また近年では金属製やコンクリート製、樹脂製なども増えている。

伊勢神宮(三重県伊勢市)の鳥居

宇佐神宮(大分県宇佐市)の鳥居

日吉大社(滋賀県大津市)の鳥居

伏見稲荷大社(京都市伏見区)の大鳥居

伏見稲荷大社のお山参道鳥居

乃木神社(東京都港区)の鳥居(撮影:ニッポンドットコム編集部)

大洗磯前(おおあらいいそさき)神社(茨城県大洗町)の神磯の鳥居

(バナー写真:大洗磯前神社の神磯の鳥居)

写真=中野 晴生
イラスト=井塚 剛

第3回は「参道」です。続けてご覧ください。

▼あわせて読みたい
神社に行こう! 神社空間を読み解く①全体図 外国人はなぜ伏見稲荷神社を“クール”と感じるのか 【Photos】伊勢神宮 四季の寿(ことほ)ぎ
日本人と宗教―「無宗教」と「宗教のようなもの」 日本人の死生観を探究するための三つの扉 日本人にとって神(カミ)とは
この記事につけられたタグ:
  • [2016.05.31]

歴史作家・神職。1953年埼玉県生まれ。國學院大学文学部神道学科卒業。著書に『神道入門』『富士山、2200年の秘密』『三種の神器 〈玉・鏡・剣〉が示す天皇の起源』『諏訪の神 封印された縄文の血祭り』『氏神事 典』『陰陽道とは何か』『ツクヨミ 秘された神』など多数。

website:『戸事記(こじき)』

関連記事
この特集の他の記事
  • 神社とエコロジー②自然に対して感謝と畏怖を忘れない神道信仰の在り方は、地球環境を守る上で多くの示唆に富むものである。神道は森を保全し、次の世代へ残していく、まさにエコロジーを体現した宗教だ。その精神を継承した鎮守の森の意義を考える。
  • 神社とエコロジー①自然に対して感謝と畏怖を忘れない神道信仰の在り方は、地球環境を守る上で多くの示唆に富むものである。神道は森を保全し、次の世代へ残していく、まさにエコロジーを体現した宗教だ。自然信仰と神社の関係をひもとく。
  • 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑫装束神社空間は、鳥居、注連縄(しめなわ)、狛犬、本殿などさまざまなパーツによって構成されている。そこに込められた意味を知ることで、神社への理解度がぐっと深まるはずだ。この連載シリーズでは、鳥居から社務所に至るまで12の神社アイテムを参拝の順に紹介してきた。今回が最終回だ。
  • 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑪社務所神社空間は、鳥居、注連縄(しめなわ)、狛犬、本殿などさまざまなパーツによって構成されている。そこに込められた意味を知ることで、神社への理解がぐっと深まるはずだ。
  • 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑩神木神社空間は、鳥居、注連縄(しめなわ)、狛犬、本殿などさまざまなパーツによって構成されている。そこに込められた意味を知ることで、神社への理解度がぐっと深まるはずだ。この連載シリーズでは、毎週火曜日と木曜日に、鳥居から社務所に至るまで12の神社アイテムを参拝の順に紹介していく。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告