「パチンコ・パチスロ大国」日本のギャンブル依存症

田中 紀子【Profile】

[2017.11.30]

全国に点在するパチンコ・パチスロを筆頭に「お手軽」なギャンブルを楽しめる日本。自らもギャンブル依存症で苦しんだ筆者が、カジノ解禁に向けた動きが本格化する中、依存症への理解欠如や対策の遅れを指摘する。

成人の3.6% がギャンブル依存

日本にはパチンコ・パチスロという実質上のギャンブルがあり、全国どこに行っても気軽に楽しめるという環境にある。また競馬、競艇や競輪、オートレースといった公営競技が全国にあり、場外でも投票券が買える。今ではインターネット投票で、いつでもどこでもスマートフォン一つで手軽にギャンブルにアクセスできる状況になっている。

厚生労働省が2017年9月に発表した調査結果では、日本のギャンブル依存症生涯罹患(りかん)率(これまでの生涯でギャンブル依存症が疑われる状態になったことがある人)は、成人のおよそ3.6%、320万人と推計された。オランダ(1.9%)、フランス(1.2%)などの諸外国が罹患率2%以内であるのに比べ、突出して高い数字だ。また、直近1年以内では、0.8%(推計70万人)に依存症が疑われるとされ、掛け金は平均月約5万8千円、中でも最もよくお金を使ったのはパチンコ、パチスロだった。

日本では16年12月に「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)が成立したことから、にわかにギャンブル依存症を巡る問題が注目を集めている。そもそもギャンブル産業の推進と同時並行で依存症対策が行われるのが先進諸国のスタンダードであって、依存症対策が全くなされないままこれほど多くのギャンブル産業が認可されてきた日本は極めて希有(けう)な国だ。だからこそ依存症がこれほど蔓延(まんえん)したのだと言える。

ギャンブル依存症は身近な「病気」

私は、祖父、父、夫をギャンブル依存症に持つ「3代目ギャン妻(ギャンブル依存症者の妻)」であり、自分自身も依存症となった。よく、「なぜ、親の体験から学ばなかったのか」と言われる。当然そうした疑問は理解できるのだが、私たちギャンブル依存症当事者や家族の間では、3代目ギャンブラーや、3代目ギャン妻は決して珍しい話ではない。もちろん私たち自身も「親のような人生はまっぴらごめんだ!」と肝に銘じていたが、結果として同じ道を歩んでしまった。「なぜこんなことになるのか」と自分自身が一番不可解で、自分に対し失望し、怒りも感じていた。私たちはなぜこうもたやすく親の二の舞いになってしまったのか。

自らの経験を振り返ってみる。私の母はギャンブル依存症だった父と早々に離婚し、一人娘の私を連れて実家に戻った。ところが実家には毎日パチンコに明け暮れる祖父がおり、家族は仲が悪く生活は貧しくて、私はランドセルや中学の制服すら買ってもらえない家庭環境で育った。

しかも、祖父が何かといえば孫をパチンコに連れて行くため、私は幼稚園の頃からパチンコホールに出入りをし、ギャンブルの楽しさを幼い頃から体感していた。また、親たちもそういう祖父のもとで育ったために当然ギャンブル好きで、お正月などに親族が集まると全員で花札やマージャンに興じた。祖父のことをみんな心の中でばかにして、「自分は自制心を働かせながらギャンブルができる。祖父のようにはならない」と思っていたのではないか。私はそうだった。

また自分の周囲の大人が皆ギャンブル好きなので、「ギャンブルをやって当たり前」という感覚が染みつき、警戒心がなくなる。私の場合も、こうした生活環境で育ったところに、ギャンブル好きの夫と出会い、一緒にギャンブルに熱中したことから、ギャンブル依存症となってしてしまった。もちろん患者の中には家族の影響がなくても、友人にギャンブルを教えられて度々やっているうちに罹患してしまうケースもある。ギャンブル依存症というのは、アレルギーと同じように考えると分かりやすいかもしれない。ギャンブルという「アレルゲン」に対し、特異に反応してしまう人がいる。つまりギャンブル依存症とは身近にある普通の「病気」なのだ。

実際に依存症になった私たちはもちろん、社会全般もギャンブル依存症が病気だという認識がなく、この病気に関する正しい知識普及もなければ予防策、対応策も講じられていない。

この記事につけられたタグ:
  • [2017.11.30]

 一般社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表理事。1964年東京生まれ。祖父、父、夫、そして自らのギャンブル依存症に悩んだ経験を持つ。2014年に「ギャンブル依存症問題を考える会」を立ち上げ、啓発活動を行う。著書は『三代目ギャン妻の物語』(高文研、2015年)『ギャンブル依存症』(角川書店、2015年)。

関連記事
最新コンテンツ

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告