SNS

最新記事

ニュース

More

【Photos】刀剣の美学:刀匠 宮入法廣

木村 直人【Profile】

[2018.02.15]
宮入法廣(みやいり・のりひろ)氏は、優美で豪胆な数々の日本刀を手掛けてきた。彼はまたエレガントな刀子を作るアーティストでもある。そうした作品が生まれる現場から、日本刀の持つ独特の美学を伝える。

地鉄(じがね)の澄んだ佇(たたず)まい、力強い刃文(はもん)のひらめき、堂々たる刀の姿———アートとしての日本刀には、陶磁器のような独特の美学が貫かれている。

波打つような流麗な刃文は日本刀の見どころの一つ

日本刀の技術は武士が台頭した鎌倉時代から南北朝時代にかけて、頂点を極めた。その神髄を受け継ぎ、流派を超えて、現代刀の可能性に果敢に斬り込む刀剣界のマエストロ、宮入法廣。彼のつくる日本刀には、見る者の魂を鼓舞する底知れぬ神通力が宿る。

長野県東御(とうみ)市の鍛錬場で作業をする宮入刀匠

刀匠の宮入は、そんな豪胆な日本刀の世界とは全く異なる、繊細な「刀子(とうす)」作家の顔も併せ持つ。天平時代の貴人たちに文具や装身具、お守りとして愛用されたエレガントな刀子は、正倉院に伝わる貴重な文化遺産でもある。シャープな刀身だけでなく、染めた象牙に文様を彫る撥鏤(ばちる)や彫金の精緻な装飾も一貫して手がけている。

写真:木村 直人
文:轡田 早月

バナー写真=完成した日本刀を光にかざし、さまざま角度から眺めて、刀全体の反り、刀身の幅、切先の形、地鉄や刃文の映りなど入念にチェックする宮入法廣

この記事につけられたタグ:
  • [2018.02.15]

写真家。1962年、大阪に生まれ。東京在住。人物ポートレート・空間撮影を得意とし、数々の広告撮影を手がける。近年は刀匠・宮入法廣氏とその作品である日本刀の撮影をライフワークとし、写真展示や出版物制作も手がける。

website:https://www.k-naoto.info/

関連記事