SNS

最新記事

ニュース

More

【Photos】瀬戸内海の四季:島々の穏やかな光景

黒岩 正和【Profile】

[2018.05.01]
多数の島々が織りなす美しい景観が魅力的な瀬戸内海。気候も温暖で、そこに暮らす人々もどこか穏やかな表情をたたえている。350以上の島々を訪ねた「島写真家」が捉えた四季折々の光景を紹介する。

シーボルトも絶賛した多島美

本州、四国、九州に挟まれ、その内海の多島美が絶賛される瀬戸内海。古くから海上交通の要衝として知られ、有人・無人合わせて727もの島々が点在している。

江戸時代にドイツからやってきたシーボルトは、その景観を次のように評した。

「船が向きを変えるたびに魅せられたように美しい島々の眺めが現れ、島や岩島の間に見え隠れする日本(本州)と四国の海岸の景色は驚くばかり‥」(『江戸参府紀行』より)

その時、シーボルトが見た光景が、今も変わらず私たちの前に存在している。

澄み渡る空の青と海の青、それが瀬戸内海の風景だ(向島、高見山展望台からの眺望)

海とともに生きる人々に魅せられて

瀬戸内海に面した和歌山県の山間部で生まれ育った私にとって、瀬戸内海は身近にある憧れの海だった。18歳から続けていた東南アジア放浪の合間に、日本の島を旅しようと決めた時、まず訪れたのは故郷・和歌山の島だった。その後、学生時代から住み始めた京都から行きやすい瀬戸内海の島を次々に訪れ、島写真家としての撮影が始まった。そんな瀬戸内海の島々を旅する中で私を魅了したのは、そこで出会った自然と融合した暮らしぶりだ。海とともに生きる彼らの暮らし方に憧れ、その後、頻繁に瀬戸内海の島々を訪れるようになった。

楽しみな島人たちとの新たな出会い

何度も島を訪れるうちに、島の人々が四季を愛(め)で、信仰を持ち、先祖や住民のつながりを大切にしながら暮らしていることが分かってくる。島々の暮らしは、穏やかな瀬戸内海そのものだ。都会で慌ただしい日常を送る身としては、そこが理想郷のようにも思えてくる。

満開の桜の下、のどかな時間を過ごす老夫婦(伊吹島、いぶきじま)

また、年に1度の祭りの日に見せる、普段とは違った島の表情は、派手な縁日や花火大会はなくてもエネルギーに満ちあふれていた。皆が自分の島の祭りに誇りを持っているのが感じられ、どの祭りも魅力的だった。そして私は、海に感謝をしながら日々の暮らしを紡ぐ、島人たちの生き方に魅せられていった。

大勢の練子(ねりこ)が激しく竹をぶつけ合う、坊勢島(ぼうせじま)の恵美酒神社秋祭りの宵宮・幟練り(のぼりねり)

定期航路のある有人島はほぼ全て訪れ、次は定期航路で行くことができない島へ足を運びたいと思い、船舶免許を取得した。瀬戸内海に生きる人々との新たな出会い、さらなる発見が楽しみだ。これから何十年、島々の暮らしでの変わっていくもの、変わらないものを撮り続けていきたい。

瀬戸内海に沈む夕日が、一日の終わりを美しく染め上げる(鹿久居島、かくいじま)

写真と文:黒岩 正和

バナー写真:瀬戸内の穏やかな海をゆっくりと進む伝馬船が、青い海と空によく映える(大崎上島、おおさきかみじま)

この記事につけられたタグ:
  • [2018.05.01]

写真家。島を中心に、日本全国の風景写真を撮影する。1982年和歌山県生まれ。大学卒業後、溝縁ひろし氏のアシスタントを経て独立。18歳から東南アジア各地を野宿で放浪。その後、中国・雲南省で山岳少数民族の暮らしを長期にわたり撮影。21歳の時、偶然出会った三重県神島の祭りに魅了され、日本の島を撮影し始める。これまでに350以上の島々を延べ1000回訪れている。
オフィシャルホームページhttp://kuroiwamasakazu.com

関連記事