Japan Data

発熱4日以上、電話で相談を! : 新型肺炎の受診の目安

医療・健康 社会

新型肺炎の感染者が広がっている。「もしや?」と思っても、慌てて医療機関を受診するのは禁物。まずは電話で相談を。

新型コロナウイルスによる肺炎の発症者が拡大している。厚生労働省が相談や受診の目安を公表した。

受診までの流れ

発熱など風邪の症状がある場合

  • 学校や会社は休む
  • 毎日、体温を測定して記録する 

次の症状のある人は帰国者・接触者相談センターに電話を!

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

相談センターは各都道府県が設置している。こちらのポータルサイトから検索できる。

感染の疑いのある場合には、センターから専門の医療機関を紹介される

マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診  

重症化しやすい人は早めに相談

高齢者、糖尿病や慢性呼吸器疾患などの持病がある人、人工透析を受けている人、妊娠している人は発熱やだるさが2日程度続く場合、相談センターに電話する。

訪日旅行者向けの問い合わせ先

日本政府観光局のJapan Visitor Hotline(365日、24時間)は、新型コロナウイルスについての問い合わせにも応じ、発熱や呼吸器症状等がある場合には、外国語で対応してくれる具体的な医療機関を案内し、受診することなどを勧奨している。

電話番号 : 050-3816-2787

対応言語 : 英語、中国語、韓国語、日本語

バナー写真 : PIXTA

感染症 厚生労働省 新型肺炎 肺炎 コロナウイルス 政府観光局