Japan Data

全国で6057人の新規感染、重症者最多1131人 : 大阪5日ぶり1000人超新規感染、最多50人死亡【都道府県別コロナ感染者数】5月7日深夜更新

医療・健康 社会 政治・外交

全国で7日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は6057人だった。6000人を超えるのは1月6日以来。厚生労働省の集計で6日時点の全国の重症者は前日より33人増加して1131人となり、過去最多を更新した。連休中は医療機関の休診で一時的に新規感染者が減少していたが、大阪では5日ぶりに1000人を超え、1005人の感染が判明。また、過去最多の50人の死亡が確認された。東京の新規感染は907人だった。この日は、福島、石川、岐阜、愛知、岡山、香川、福岡、大分、佐賀の9県で1日当たりの過去最多を更新しており、大都市圏以外でも感染の勢いが増していることをうかがわせる。

※表の下部にこれまでの主な出来事をタイムラインでまとめています。

日本と世界の感染動向をリアルタイムでグラフを使って分かりやすくまとめたページを新設しました。都道府県ごとの感染者数の推移などご覧いただけます。

厚労省集計の国内感染者数(2021年5月7日午前0時)

国内発生 618,197
チャーター便帰国者 15
空港検疫 2,782
感染者合計 620,994
重症者数 1,131(前日から33人増加)
死亡者数 10,589
退院者数 546,042

厚労省集計の世界感染者数(2021年5月7日午後3時)

感染者数 155,654,575
死亡者数 3,252,142

世界の主な国の感染者数はこちら

自治体が公表した都道府県別感染者数(2021年5月7日)

累計感染者数(7日の新規感染) 死者数
北海道 25,772(+248) 887
青森 1,725(+24) 24
岩手 1,059(+20) 33
宮城 8,257(+37) 72
秋田 558 (+16) 9 
山形 1,583 (+6) 35
福島 3,517 (+71)★ 127 
茨城 8,459(+49) 135
栃木 5,522 (+36) 72
群馬 6,503 (+96) 106
埼玉 39,309 (+238) 747
千葉 34,111(+99) 635
東京 144,441(+907) 1,909
神奈川 55,102 (+230) 831
新潟 2,482(+28) 25
富山 1,388(+8) 31
石川 2,724(+47)★ 80
福井 934(+13) 33
山梨 1,286 (+18) 19
長野 4,031(+47) 72
岐阜 6,288 (+130)★ 138
静岡 6,721 (+48) 124
愛知 35,709 (+443)★ 643
三重 4,044(+54) 89
滋賀 4,053 (+49) 67
京都 13,442 (+146) 191
大阪 87,723 (+1,005) 1,655
兵庫 34,395 (+493) 739
奈良 6,642(+98) 86
和歌山 2,323(+19) 33
鳥取 383(+7) 2 
島根 368(+2) 0 
岡山 4,647(+129)★ 53
広島 6,579 (+90) 110
山口 1,983(+31) 46 
徳島 1,442(+12) 48
香川 1,432(+50)★ 23 
愛媛 2,469(+19) 53
高知 1,114(+7) 20
福岡 25,789(+472)★ 368
佐賀 1,835(+59)★ 14 
長崎 2,364 (+59) 43
熊本 4,514(+100) 83
大分 2,224 (+78)★ 28
宮崎 2,557 (+57) 23
鹿児島 2,440(+58) 28
沖縄 12,899(+82) 138

データ提供元:FASTALERT(ファストアラート)新型コロナウイルスリアルタイム情報

◇横浜港のクルーズ船乗船者の死者数  13人

JR東、7日の減便運行を取りやめ(5月6日)

JR東日本は7日に予定していた一部路線での減便を取りやめ、通常ダイヤで運行すると発表した。JR東日本は東京都などからの要請で、ゴールデンウイーク中の平日の一部路線で通常の8割程度に減便していたが、6日朝の通勤時間帯に、乗車率が180%を超えた列車が出るなど、かえって “密” な状態が生じていた。

東京、緊急事態宣言の31日まで延長要請 : 関西3府県も延長要請(5月6日)

小池百合子東京都知事は、11日が期限となっている緊急事態宣言を31日まで延長するよう政府に要請した。まん延防止等重点措置が適用されている神奈川、埼玉、千葉の3県も都と歩調を合わせ、31日までの措置延長を政府に要望。

緊急事態宣言が発令されている大阪、兵庫、京都の関西3府県も政府に延長を要請することを決めた。

重症者、過去最多1114人に(5月5日)

全国で5日、新たに確認された新型コロナウイル感染者は午後7時時点で4071人となっている。また、厚生労働者の集計で4日時点の重症者が前日より31人多い1114人となり、過去最多を更新した。東京都で確認された新規感染は621人、大阪は668人だった。

緊急事態宣言の延長、専門家の意見聴いて判断―菅首相(5月5日)

菅義偉首相、11日までの期限で東京、大阪、京都、兵庫に発令している緊急事態宣言について、「専門家の意見を聴いた上で今週中に判断したい」との考えを示した。福岡、北海道などから要請が出ているまん延防止等重点措置の追加適用についても、合わせて検討する。

北海道、「まん延防止」要請を決定(5月5日)

北海道は「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請すると決めた。対象は札幌市。北海道では、2日の新規感染者数が過去最多の326人となり、このうち札幌市が7割強の246人だった。北海道は独自対策として、札幌市内の飲食店に午後9時までの営業時間短縮を要請しているが、6日以降は午後8時までに早める。

全国で4199人の感染確認(5月4日)

全国で4日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は4199人だった。大阪は884人、東京は609人で前週までの増加ペースは落ち着いているものの、連休中の医療機関の休診などが影響しているとみられる。厚生労働省のまとめによると、3日時点の全国の重症者は1083人で、前日より1人減ったものの、4日連続1000人超で、医療現場に負荷がかかる状態が続いている。

緊急事態宣言の解除、難しい―吉村大阪府知事(5月4日)

吉村洋文大阪府知事は4日、「今の措置の内容を緩めたり、解除したりするのは難しいと思っている」と述べ、緊急事態宣言の解除に否定的な認識を示した。

全国で5986人の感染確認 : 大阪死者41人(5月2日)

大阪で1日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は過去最多の1262人だった。緊急事態宣言発出後も感染拡大が収まる気配はなく、5日連続で1000人超となっている。また、これまでに2番目に多い41人の死亡が確認された。東京の新規感染は1050人。一昨日も1000人超の感染が確認されており、東京も感染の拡大が続いている。全国では5986人の感染が確認された。

大阪、4日連続で1000人超(4月30日)

大阪で30日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1043人だった。4日続けての1000人超で、緊急事態宣言発令後も高止まりとなっている。東京は698人。30日ぶりに前週同曜日を下回ったが、前日が祝日だったため医療機関の休診などが影響した可能性がある。全国では4684人の新規感染が確認された。

全国で5918人の感染確認 : 大阪過去最多44人死亡(4月28日)

大阪で29日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1172人だった。3日連続の1000人超。また、1日としては過去最多の44人が死亡した。東京の新規感染は1027人。1000人超となるのは、1月28日以来3カ月ぶり。全国での感染確認は5918人に上った。

大阪、過去最多5792人、東京3カ月ぶり900人台(4月28日)

全国で28日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は5792人だった。5700人台となるのは1月17日以来3カ月以上ぶりで、増加傾向に歯止めがかからないまま、大型連休に突入することなる。大阪の新規感染は、1260人で過去最多を更新。東京は925人で、1月28日以来3カ月ぶりに900人超となった。

東京、大阪に大規模接種会場開設へ(4月27日)

政府は新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、大規模接種会場を東京と大阪に設置する方針を固めた。1日1万人規模の接種を目指す。

国内の感染死者1万人を突破(4月26日)

全国で26日、新たに確認された新型コロナウイル感染者は3318人だった。週末医療機関休診の影響で毎週日曜日と月曜日は感染者が少な目に出る傾向がある。大阪の新規感染は924人で月曜日としては過去最多。東京は425人だった。また、この日、国内の感染死者が1万人を突破した。

全国で4607人の感染確認(4月25日)

全国で25日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は4607人だった。週末の医療機関休診の影響もあり5日ぶりに5000人以下となったものの、前週日曜日より500人以上増加した。同日より緊急事態宣言が発出されている大阪は1050人で、6日連続の1000人超。東京は1月31日以来、約3カ月ぶりに600人を上回り635人だった。

東京都と関西3府県に緊急事態宣下発令(4月25日)

東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に3回目の緊急事態宣言が発令された。5月11日までの17日間。床面積1000平方メートル超の大型商業施設、酒類やカラオケを提供する飲食店に休業を要請する。酒を提供しない飲食店には午後8時までの時間営業を求める。時短・休業要請に応じない場合、命令することができ、拒否すれば30万円以下の過料を科す。

大阪5日連続1000人超、兵庫最多635人―関西圏の勢い止まらず(4月24日)

大阪で24日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1097人だった。1000人超となるのは5日連続。兵庫県は過去最多の635人で、関西圏ではハイペースでの感染拡大が続いている。東京は876人で、2回目の緊急事態宣言解除後の最多を記録した。全国では5606人で、4日連続の5000人台。

首都圏3県も酒提供自粛を要請(4月24日)

まん延防止等重点措置が適用されている神奈川、埼玉、千葉の3県は、対象区域の飲食店などに酒類の提供自粛を要請する。緊急事態宣言に伴い東京都が酒類提供店へ休業を要請するため、周辺の首都圏3県にへの客の流入を防止する狙い。

東京と関西3府県への3回目の緊急事態宣言発出決定 : 新規感染3日連続5000人超(4月23日)

全国で23日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は5112人で、3日連続して5000人超となった。大阪は1162人で4日連続の1000人超、兵庫は、過去最多の567人、滋賀も過去最多を確認するなど関西圏での感染拡大は勢いを増している。東京は759人で、直近1週間の1日当たり平均感染者数は697人となっている。政府は同日、東京都、大阪府、兵庫県、京都府の4都府県に対する3回目の緊急事態宣言を決定した。期間は4月25日から5月11日まで。酒類を提供する飲食店や大型商業施設に休業を要請し、連休中の人出を抑制したい考え。

明るいネオンは消して!―小池百合子都知事(4月23日)

小池百合子東京都知事は、午後8時以降、イルミネーションやネオン看板消灯を業界団体などに求める考えを表明した。夜間の人の動きを抑制する狙い。また、路上での飲酒防止にのため、都職員が警察と協力して見回りを実施する。

愛媛にまん延防止等重点措置 : 宮城、沖縄の措置期間延長(4月23日)

政府は、愛媛県へのまん延防止等重点措置の適用を決めた。松山市を対象区域とし、期間は25日から5月11日まで。宮城、沖縄両県に適用中の措置も、期限5月11日まで延長する。

全国で5499人の感染確認(4月22日)

全国で22日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は5499人だった。大阪府は1167人で、3日連続の1000人超。奈良は125人で過去最多更新、兵庫547人、京都148人など関西圏の感染拡大は歯止めがかからない。東京は861人で2回目の緊急事態宣言解除後の最多を更新した。政府は23日に、東京都、大阪府、兵庫県、京都府の4都府県に対する3回目の緊急事態宣言を正式決定する。

東京モーターショー、初の中止―自工会(4月22日)

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、10月に予定していた東京モーターショーを中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染再拡大で、「安全、安心な環境で体験できるプログラムの提供が難しい」と述べた。1954年の第1回開催以来、これまで46回開催されているが、中止は初めて。前回2019年は130万人が来場した。東京モーターショーは自動車メーカーなどが最新の車や技術を展示する国内最大の自動車イベント。近年は2年に1度開かれ、これまで46回開催された。

東京、京都、兵庫が緊急事態宣言発令要請 : 全国の感染者5292人(4月21日)

全国で21日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は5289人だった。5000人を超えるのは1月22日以来3カ月ぶり。大阪1242人、兵庫563人、奈良112人が過去最多を更新するなど関西圏の感染拡大が勢いを増している。東京都は2回目宣言解除後で最多の843人。800人超となったのは1月29日以来。同日、東京、京都、兵庫が政府に緊急事態宣言の発令を要請。政府は23日にも決定する方向で調整を進めている。

大阪の新規感染1153人、緊急事態宣言を要請(4月20日)

大阪府で20日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1153人で、再び1000人超となった。大阪府は特別措置法に基づく緊急事態宣言発令を政府に要請した。百貨店やショッピングモールなどの商業施設や、遊興施設なども休業要請の対象とする方向で国と協議している。東京の新規感染は711人で、前週の火曜日に比べ201人増えた。全国の新規感染は4342人。

大阪、過去最多1220人の感染確認(4月18日)

全国で18日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は4093人だった。週末の医療機関休診の影響で日曜日は感染者が少な目に出る傾向があるが、大阪は過去最多の1220人が確認された。6日連続の1000人超。和歌山も44人で過去最多タイで、関西圏ではハイペースでの感染拡大が続いている。東京は543人で、一日の感染者が500人を超えるのは、6日連続。1週間前の日曜日に比べ、122人増えた。小池百合子都知事は同日夜、「先手先手の対応が不可欠だ。緊急事態宣言の要請も視野に入れて、スピード感を持って検討するよう、職員に指示した」と述べた。

兵庫過去最多、大阪5日連続で1000人超(4月17日)

全国で17日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は4802人だった。大阪は1161人と5日連続で1000人を超え、一日の感染者としては過去3番目に多かった。東京は759人で、2度目の緊急事態宣言が解除されて以降、最多となった。兵庫は過去最多の541人だった。

全国の新規感染、2日連続で4000人超(4月15日)

全国で16日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は4576人だった。4000人超は2日連続。大阪府では1208人の感染が判明し、3日連続で1000人超となった。

大阪2日連続で1000人超に、兵庫も最多更新(4月14日)

大阪府で14日、 新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1130人で、前日に続き、過去最多を更新。兵庫県も507人で初めて500人台となるなど、関西圏での感染拡大が加速している。東京は591人で、2回目の緊急事態宣言解除後では、最多となった。全国の感染者は4312人で1月28日以来の4000人超えとなった。

部活動中止を要請―大阪府(4月14日)

大阪府は、府内の小中高校・大学に対して部活やクラブ活動の原則中止を要請する。また、リモート授業の活用を求める。バスケットボールやバレーなど室内競技を中心にクラスターが複数発生していることから、学校での対策強化が必要と判断した。吉村洋文知事は、まん延防止等重点措置などの効果が表れない場合について、「緊急事態宣言に移るべきで、休業要請も含めた強い措置にしなければならない」と述べた。

松山市内の聖火リレー中止(4月14日)

愛媛県の中村時広知事は14日、松山市内での五輪聖火リレー中止を大会組織委員会に申し入れ、了承を得たと発表した。同市で3月にクラスターが発生。その後も感染が拡大ていることから、医療体制への負荷を増やさないため。リレーするかわりに、点火セレモニーの場でランナーが順に聖火を受け渡す。 

第4波と言って差し支えない―尾身分科会長(4月14日)

政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長は衆院内閣委で、感染拡大の献上について「いわゆる、第4波と言って指しつかないと」との認識を示した上で、まん延防止措置によって感染拡大が収まらなければ、「(緊急事態)宣言を出すオプションも出てくる」と述べた。

全国で3455人の感染確認(4月13日)

全国で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は3455人だった。大阪は初めて1000人を突破し、過去最多1099人。兵庫も391人と最多を更新するなど関西圏での拡大の勢いが止まらない。東京も510人で、13日連続で前週の同じ曜日を上回り、増加傾向が続いている。愛知は168人。8日連続で100人超となっており、大村秀章知事は、政府にまん延防止等重点措置の適用を要請する考えを表明した。

全国で2109人の感染確認 : 大阪、兵庫は月曜日として過去最多(4月12日)

全国で12日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2019人だった。医療機関休診の影響で毎週日・月曜日は新規感染が少な目に出る傾向があるが、月曜日としては5週連続の増加。重症者も前日より43人増えて563人となった。 大阪府は603人で1週間ぶりに700人を下回ったが、月曜日としては過去最多を更新。兵庫県も月曜日としては最多の159人だった。東京は306人で6日ぶりに400人を下回ったが、12日連続で前週の同曜日を上回っており、増加傾向が続いている。

全国で2777人の感染確認(4月11日)

全国で11日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2777人だった。大阪は前週日曜日より167人多い760人で、過去5番目の水準。東京は、421人。前週の日曜と比べて66人増えた。直近1週間平均は対前週比120.1%で増加傾向が続いている。

大阪、兵庫で過去最多、関西圏拡大続く(4月10日)

全国で10日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は3697人だった。4日連続の3000人超。大阪は918人、兵庫は315人でいずれも過去最多を更新。関西圏での新規感染の勢いが止まらない。東京は570人だった。500人超は4日連続で、2回目の宣言解除後の最多。10日までの7日間平均は458.6人で、前の週の119.5%となった。7日間平均が前の週から増加するのは29日連続で、じわじわと増加が続いている。

累計感染者が50万人を突破 : 大阪3日連続で800人超(4月9日)

大阪で9日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は883人で、前日の905人に次ぐ過去2番目の水準。兵庫県は314人と3日連続で300人超、奈良県も連日の過去最多を更新するなど関西圏での拡大が止まらない。東京は537人。3日連続で500人超となり、じわじわと増加傾向が続いている。全国の新規感染は3454人と3日連続で3000人超となり、国内の感染者数はこれまでの累計で50万人を突破した。政府は、同日、東京都、沖縄県、京都府に12日からまん延防止等重点措置の適用を決めた。

大阪905人で3日連続で最多更新、東京2日連続で500人超(4月8日)

大阪で8日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は905人で、3日連続で過去最多を更新した。兵庫県は311人と2日連続の300人超え。まん延防止等重点措置が適用されていない奈良県でも過去最多を更新する88人が確認されるなど、関西圏での感染拡大の勢いは止まらない。東京は545人で、2日連続で500人を上回った。前週の同曜日を8日連続で上回り、感染者の増加傾向が続いている。東京は同日、「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請した。全国では3447人の感染が確認された。

世界初の生体肺移植―京大(4月8日)

京都大医学部付属病院は、コロナ感染で肺障害を負った女性に、息子と夫の肺を一部移植する手術を実施し。コロナ感染後の肺障害対する生体間移植は世界初だという。手術後は人工呼吸器を装着しているが、ECMOは外している。順調なら3カ月で社会復帰が可能だという。 

アストラ製ワクチン副反応で19人死亡―英国(4月7日)

英政府は、製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナウイルスワクチンで、まれに血栓を発症する可能性があると発表した。これまでに同国で79人が血栓を発症、19人が死亡。英政府は、30歳未満には別のワクチンを投与する。

関西圏、歯止めかからず : 大阪、兵庫、奈良、和歌山で過去最多更新(4月7日)

全国で7日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は3451人だった。3000人を超えるのは1月30日以来2カ月強ぶり。大阪は878人で、2日連続で過去最多を更新した。兵庫も328人で最多を更新。さらに、奈良、和歌山も過去最多となり、関西圏での感染拡大は勢いが増している。東京は555人で、2月6日以来2カ月ぶりに500人を上回った。

大阪で過去最多719人(4月6日)

全国で6日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2656人だった。大阪は過去最多の719人で、8日連続で東京の新規感染者数を上回った。兵庫県は、2回目の緊急事態宣言の解除後最多の276人で、関西圏での感染拡大に歯止めがかからない。東京の新規感染は399人で、6日連続で前週同曜日より増加。直近7日間平均は396.9人で、前週から9.8%の増加した。

全国で1752人の感染確認、奈良で最多71人(4月5日)

全国で5日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1572人だった。毎週月曜日は週末の医療機関休診の影響で新規感染者が少な目に出る傾向があり、3月29日以来1週間ぶりに2000人以下となった。大阪は341人で、7日連続で東京を上回った。兵庫は87人と1週間ぶりに100人を切ったが、奈良で過去最多の71人の感染が確認されるなど、関西圏は予断を許さない状況が続いている。宮城は55人で2日連続で100人以下だった。

大阪、兵庫、宮城に「まん延防止」適用(4月5日)

新型コロナウイルス対策の特別措置法に規定された「まん延防止等重点措置」が5日、大阪、兵庫、宮城の3府県に適用れされた。飲食店に午後8時までの短縮営業を要請するなど集中的な対策を講じる。期間は5月5までの1カ月間。菅義偉首相は4日に出演した民放の番組で、まん延防止措置の対象拡大について「必要ならちゅうちょなく、と思っている」と表明した。

大阪の新規感染、6日連続で東京を上回る(4月4日)

全国で4日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2471人だった。まん延防止等重点措置が5日から実施される大阪は日曜日としては過去最多の593人で、東京の新規感染者数を6日連続で上回った。兵庫は211人で2日連続の200人超。東京は355人と、5日ぶりに400人以下となったが、1週間前の日曜日に比べ42人の増加で、依然として微増傾向となっている。

大阪で過去最多666人の感染確認(4月3日)

全国で3日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2775人だった。明後日からまん延防止等重点措置が適用される大阪では、過去最多の666人の感染が確認された。600人を上回るのは3日連続、東京の新規感染者を上回るのは5日連続で、感染の拡大が深刻化している。同じく重点措置が適用される兵庫は206人、宮城は136人と高水準だった。東京は446人で、1週間前の土曜日に比べ16人の増加。7日間平均は22日連続で前週の同曜日を上回っており、増加傾向が続いている。

大阪の新規感染、3日連続で東京を上回る(4月2日)

全国で2日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2759人だった。大阪は613人と連日の600人台で、3日連続で東京を上回った。東京は440人で、1週間前の金曜日に比べ64人増加した。2日までの7日間平均は381.4人で、前週の115.5%と増加傾向が続いている。

京都府が飲食店に午後9時までの時短要請(4月2日)

京都府は京都市を含む計16市町村の飲食店などに午後9時までの営業時間短縮を要請する。期間は5日から21日まで。時短要請に応じた店に1日当たり4万円の協力金を支給する。大阪、兵庫両府県や東京都などとの往来自粛も求める。

全国で2841人の感染確認、青森と宮城で過去最多更新(3月31日)

全国で31日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2841人だった。大阪の新規感染は599人で、1月23日以来、2カ月強ぶりに500人を上回った。大阪は政府に特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を申請した。東京は414人で、1週間前の水曜日より6人減少したものの、31日までの7日間平均は360.7人で、前週の116.5%と増加傾向が続いている。青森81人、宮城200人と東北地方の2県が過去最多を更新した。

大阪府が「まん延防止等重点措置」の適用申請(3月31日)

大阪府は3月中旬以降、新規感染者が急増していることを受け、政府に特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を申請した。政府は専門家の意見を聴いた上で、1日にも適用を決定する。
大阪府で30日、31日の2日連続で新規感染者数が東京を上回るなど、感染が急拡大している。また、隣接する兵庫県も1月28日以来の200人超えとなる、211人の新規感染が確認された。

大阪府の新規感染、1月24日以来の400人超(3月30日)

大阪府で30日確認された新規感染者は432人で、1月24日以来、2カ月強ぶりに400人を上回った。吉村洋文知事は、特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」について「速やかに(適用を)判断すべきだ」として、国に早期適用を求める考えを示した。

→ 首都圏、宮城県、大阪府の感染者数のグラフを比較

深夜までの宴会を主催した課長を更迭―厚労省(3月30日)

厚生労働省は職員23人が深夜まで銀座で送別会を開いていた問題で、会を主催した老人保健課長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした上で、官房付に異動させた。事実上の更迭処分。田村憲久厚労相は、閣僚給与2カ月分を自主返納する。

厚労省職員が深夜まで宴会 : 都の時短営業要請中(3月29日)

厚生労働省の職員23人が、3月24日に都内で深夜まで宴会していたことが分った。首都圏の緊急事態宣言は21日の期限で全面解除されたものの、東京都は飲食店に対し午後9時までの営業時間短縮を求めていた。

全国で1345人の感染確認、都内累計12万人を突破(3月29日)

全国で29日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1345人だった。東京は234人で、都内累計感染者数が12万人を突破した。また、10日連続で1週間前の同じ曜日を上回った。直近7日間の1日当たり平均感染者数は357.7人で、前の週の118.1%。7日間平均が前週比プラスは17日連続で増加傾向が続いている。大阪は213人で前週月曜の79人から大幅に増えた。大阪府の吉村洋文知事は、「まん延防止等重点措置」の適用を国に求める考えを示した。

2日連続で2000人超 : 大阪の増加傾向顕著(3月26日)

全国で27日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2071人で、2日連続で2000人を超えた。東京は430人で、前週土曜に比べて88人増えた。7日移動平均は15日連続で前週値を上回り、微増傾向が続いている。大阪は386人と2日連続の300人超となるなど、各地で感染が再拡大しつつある。              

2月6日以来の2000人超(3月25日)

全国で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2026人だった。2000人を上回るのは2月6日以来1カ月半以上ぶり。大阪は300人で、1月30日以来の300人台。独自の緊急事態宣言を出している宮城は、153人で4日連続で100人超となった。

大阪、飲食店の時短要請を府内全域で4月21日まで(3月26日)

大阪府は3月末を期限としていた大阪市内の飲食店への午後9時までの営業時間の短縮要請を、4月1日から府内全域に拡大した上で、21日まで延長することを決めた。大阪府内で、若い世代を中心に感染者数が増加。26日に確認された新規感染者は300人で、1月30日以来の300人超となった。

愛媛、山形で過去最多更新 : 地方でも感染拡大(3月25日)

全国で25日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は午後6時30分時点で1917人。独自の緊急事態宣言を出している宮城は161人と、過去2番目の水準。山形49人、愛媛59人とそれぞれ過去最多を更新。大都市圏以外でも感染の勢いが増している。東京は394人で、前週の木曜と比べて71人増えた。7日移動平均は13日連続で前週値を上回っており、微増傾向となっている。大阪は2日連続して200人を超えた。

宮城で過去最多の171人(3月24日)

全国で24日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1917人だった。東京の新規感染は3月に入って最多の420人で、7日移動平均は12日連続で前週値を上回った。独自の緊急事態宣言を出している宮城県は過去最多の171人で、このうち仙台市が131人だった。

全国で822人の感染確認(3月22日)

全国で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は822人だった。医療機関休診の影響で毎週月曜日、日曜日は少な目に出る傾向があり、1000人を下回ったのは1週間前の15日以来。東京は187人で1週間ぶりに100人を下回ったが、7日移動平均は10人連続で増加しており、下げ止まりから微増に転じつつある。

山形県が独自の緊急事態宣(3月22日)

山形県は独自の緊急事態宣言を発令。感染者が急増している山形市を対象に、4月11日までの間、不要不急の外出と移動の自粛を要請した。山形県では21日に、過去最多となる1日当たり31人の感染が確認された。

新大阪駅でサーモグラフィ検温(3月22日)

大阪府は、JR新大阪駅にサーモグラフィーを設置、東京方面からの新幹線利用者に対して検温を実施すると発表した。府職員らが監視にあたり、体温37.5度以上だった人に、医療機関などへの相談を呼び掛けるチラシを手渡す。22日から4月9日まで。

緊急事態宣言を全面解除(3月22日)

首都圏1都3県に発令されていた緊急事態宣言は、21日の期限をもって全面解除された。緊急事態宣言は当初、1月8日から1カ月の期限で始まった。その後、一時期、関西圏などに対象を広げ、首都圏は2回の期間延長を経て、2カ月半ぶりに全面解除となった。2月下旬以降、首都圏の新規感染者数は下げ渋りの傾向にあり、リバウンドの懸念も出ている。

全国の感染者5日連続で1000人超(3月20日)

全国で20日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1517人だった。5日連続の1000人超。東京は342人で、直近1週間の1日当たり平均感染者数は前日より1.7人増の298.7人となった。宮城県は過去最多の125人だった。

東京五輪・パラリンピック、海外観客の受け入れ断念正式決定(3月20日)

政府、東京都、IOCなどの5者協議で、東京五輪・パラリンピックの海外からの一般観客受け入れ断念が正式に決まった。新型コロナウイスの変異株の流行の懸念が否定できないため。

全国で1464人の感染確認(3月19日)

全国で19日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1464人だった。4日連続で1000人超となった。東京は303人で、直近1週間の1日当たり平均感染者数は前日より0.1人減の297人と下げ渋っている。

宮城県、仙台市が独自の緊急事態宣言(3月18日)

宮城県のと仙台市は新型コロナウイルスの感染拡大で独自の「緊急事態宣言」を発表した。4月11日までの間、不要不急の外出、移動の自粛を要請した。宮城県は17日に1日当たり過去最多の107人の感染が確認され、東北地方で初めて100人を超えた。18日も98人の感染が確認されており、拡大傾向が強まっている。

首都圏1都3県の緊急事態宣言を21日で解除(3月18日)

全国で18日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1499人で3日連続で1000人超となった。東京323人、神奈川160人、埼玉115人、千葉122人と首都圏のり1都3県で全体の48%を占める。東京の直近1週間の1日当たり平均感染者数は前日より1.7人減の297.1人で下げ渋っている。そうした中、政府は、首都圏4都県で再延長していた緊急事態宣言を21日で解除することを決めた。

東京の新規感染、約1カ月ぶりに400人超に(3月17日)

全国で17日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1535人だった。東京は409人と、2月18日以来、約1カ月ぶりに400人を超えた。直近1週間の1日当たり平均感染者数は前日より9.85人増えて298.85人となり、下げ止まりから微増に転じつつある。神奈川は93人、埼玉132人、千葉91人。また、宮城県は過去最多の107人だった。菅義偉首相は同日、医療提供体制が改善しつつあることなどから、21日に期限を迎える首都圏1都3県での緊急事態宣言について、解除する方向で18日の専門家委員会に諮る考えを示した。

変異株で初の死者―神奈川(3月16日)

神奈川県で新型コロナウイルスに感染して死亡した50代と70代の男性から変異ウイルスが検出された。変異株感染者の死亡が確認されたのは全国で初めて。

千葉で昼カラ変異株クラスター(3月15日)

千葉県のカラオケができる飲食店で60~80代の客と従業員の男女計12人が変異ウイルスに感染した。カラオケを歌う際にマスクを着けていない人もおり、消毒や換気も不十分だったという。

全国で1134人の新規感染 : 東京は300人、微増傾向続く(3月16日)

全国で16日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1134人だった。新規感染が1000人を超えたのは3日ぶり。東京300人、神奈川91人、埼玉96人、千葉76人となり、緊急事態宣言が再延長されている1都3県で全体のほぼ半数を占める。東京の直近1週間の1日当たり平均感染者数は前日より1.43人増えて289人となった。

全国で695人の感染確認(3月15日)

全国で15日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は午後7時時点で695人となっている。医療機関休診の影響で毎週、日曜と月曜は少な目に出る傾向がある。東京は175人。直近1週間の1日当たり平均感染者数は微増傾向にあり287.6人となった。

全国で989人の感染確認 : 1都3県で過半数占める(3月14日)

全国で14日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は989人だった。厚生労働省の集計で重症者は前日より9人減少して328人となった。東京239人、神奈川109人、埼玉77人、千葉106人で、緊急事態宣言再延長の1都3県で全体の53.8%を占めた。

全国で1316人の感染確認  : 変異株を感染、これまでに345人(3月10日)

全国で10日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1316人だった。1300人超となったはの19日ぶり。東京340人、埼玉135人、千葉106人、神奈川124人で、緊急事態宣言が再延長された1都3県で全体の54%を占めた。また、厚生労働省の集計で、英国やブラジルで流行する変異ウイルスの感染者が9日まで21都府県271人に上った。空港検疫で判明したて74人と合わせると345人となる。

全国で1128人の感染確認 : 首都圏の減少鈍化(3月9日)

全国で9日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1128人だった。東京290人、神奈川100人、埼玉106人、千葉82人で緊急事態宣言が再延長された1都3県は減少が鈍化しており、全体半数以上を占める。大阪も103人と100人超だった。

全国で600人の感染確認 : 6日ぶり1000人以下(3月8日)

全国で8日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は600人だった。1000人以下となるのは、6日ぶり。厚生労働省の集計で、重症者は前日より7人増えて380人となった。都内の新規感染は116人で、3月1日以来、一週間ぶりに200人を下回った。埼玉65人、千葉73人、神奈川59人で、緊急事態宣言が継続している一都三県で313人となり、全体の半数以上を占めた。

全国で1065人の感染確認 : 1都3県で半数占める(3月7日)

全国で7日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は1065人だった。厚生労働省の集計で、重症者は前日比2人減の373人。東京の新規感染は237人で、2日連続で300人を下回った。埼玉で123人、神奈川119人、千葉113人で、緊急事態宣言下の1都3県だけで592人に上り、全国の半数以上を占めた。

菅首相、1都3県の緊急事態宣言を2週間程度延長の意向(3月3日)

全国で3日、新たに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは1244人だった。1日当たりの感染者数が1000人超となるのは4日ぶり。厚生労働省の集計で、重症者は前日より6人減の407人となった。東京の新規感染は316人で、3日ぶりの300人超。前週水曜日2月24日の213人から100人以上の増加となった。埼玉98人、千葉164人、神奈川139人もいずれも1週間前から増加した。菅首相は同日夕、首都圏の1都3県で継続している緊急事態宣言について「国民の命と暮らしを守るため2週間程度の延長が必要ではないか」との考えを示した。

新規感染、3日連続で1000人以下(3月2日)

全国で2日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は午後7時時点で888人となっている。3日連続で1000人以下。東京の新規感染は232人で、直近1週間の1日当たり平均感染者数は263.1人となっている。国内の新型コロナウイルス感染者の死亡が8000人を超えた。

新規感染、2日連続で1000人以下(3月1日)

全国で1日、新たに確認された新型コロナウイルス感染者は698人だった。週末の医療機関休診の影響もあり、2日連続で1000人以下となった。厚生労働省の集計で重症者は前日より2人増えて436人となった。東京の新規感染は121人で、1日当たり200人を下回るのは7日ぶり。千葉では都より多い127人の新規感染が確認された。

3月以前の主な動きについてはこちら><4月の主な動きについてはこちら><5月の主な動きについてはこちら><6月の主な動きについてはこちら><7月の主な動きについてはこちら><8〜9月の主な動きについてはこちら><10〜11月の主な動きについてはこちら><12月の主な動きについてはこちら><2021年1〜2月の主な動きについてはこちら

バナー写真 : 国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。コロナウイルス特有の冠状

東京 小池百合子 厚生労働省 肺炎 コロナウイルス クラスター 緊急事態宣言 ステイホーム コロナ禍 第3波 変異種