Japan Data

2021年夏までの開催でIOCと一致―東京五輪招致表明からの歩み : 新型コロナウイルス世界的な感染拡大で

スポーツ 社会 経済・ビジネス 政治・外交

安倍晋三首相は24日夜、IOCのバッハ会長と電話会談した。日本側からは、開催時期を1年程度延期することを軸に検討するよう提案、これに対して、バッハ会長は「100%同意する」と応じ、遅くとも2021年夏までに東京五輪・パラリンピックを開催することで一致したという。

夏以外の開催も選択肢―バッハIOC会長(3月25日)

IOCバッハ会長は電話による記者会見で、東京五輪の開催時期について、「夏に限定されるわけではなく、夏も含めて全てが選択肢」として、幅広く検討する意向を示した。また、「前例のない試練だが、五輪開催がIOCの使命」として、改めて中止を否定した。

安倍首相とIOCバッハ会長が電話会談、21年夏までの開催で一致(3月24日)

延期が取りざたされている東京五輪の開催をめぐり、安倍晋三首相とIOCバッハ会長が電話会談した。日本側からは「現下の状況を踏まえ、アスリートが最高のコンディションでプレーでき、観客が安心・安全な大会にするため、おおむね1年程度延期することを軸に検討する」ことを提案。これに対して、バッハ会長は「100%同意する」と応じ、2021年夏までに東京五輪・パラリンピックを開催することで一致したという。電話会談には、森喜朗大会組織委会長、小池百合子都知事、橋本聖子五輪担当相も同席した。

延期の判断を行わざるを得ない―安倍首相(3月23日)

安倍晋三首相は参院予算委員会で、IOCが東京五輪の延期も含めた検討をすると発表したことを受け、「仮に、それ(予定通りの開催)が困難な場合には、アスリートの皆さんのことを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ない」と述べた。安倍首相が延期を容認する発言をしたのは初めて。

延期も含め検討、4週間以内に結論―IOC(3月22日)

IOCは22日の臨時理事会で、大会組織委員会や東京都などと延期も含めて検討・協議の上、4週間以内に結論を出すことを決めた。中止は議題にしないという

米ワシントン・ポスト「五輪は中止か延期すべき」(3月21日)

米ワシントン・ポストは電子版掲載の社説で「オリンピックは中止か延期すべき」と主張。オリンピックがさらなる感染の拡大につながると警鐘を鳴らした

米国水泳連盟が1年延期を要望(3月20日)

米国水泳連盟は、選手が大会に向けて準備やトレーニングを継続する環境が整わないなどとして、1年延期を求めた  

抜本的判断下す段階にない(3月17日)

IOCが臨時の電話会議を開き、東京五輪を予定通りの開催する方針を確認。公式サイトで「開催まで4カ月あり、抜本的な判断を下す段階にない」との声明を発表

人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証―安倍首相(3月16日)

安倍晋三首相が、G7首脳テレビ会談後に「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証しとして、東京五輪・パラリンピックを完全な形で実現することについて支持を得た」と発言

無事、予定通り開催したい―安倍首相(3月14日)

安倍晋三首相は会見で「感染拡大を乗り越えて、オリンピックを無事、予定通り開催したい」と発言 

WHOから中止や延期の勧告あれば従う―IOC会長(3月12日)

IOCのバッハ会長はテレビのインタビューで「WHOから中止や延期の勧告があったらどうするのか」と問われ、「従う」と答えた

 トランプ米大統領が五輪1年延期に言及(3月12日)

トランプ米大統領が「無観客の競技場で実施するよりは、1年間延期する方がよいかもしけない」と発言

東京五輪・パラリンピック 招致表明からの歩み

2020年8月25日 (予定)東京パラリンピック開幕
2020年7月24日 (予定)東京五輪開幕
2020年4月28日 (予定)チケットの窓口販売開始
2020年3月26日 (予定)日本の聖火リレーがJヴィレッジ(福島県富岡町)からスタート→ 大会組織委員会の森喜朗会長が聖火リレーの中止を表明
2020年3月24日 日本側とIOCが1年程度の延期を軸に検討することで一致
2020年3月21日 聖火が宮城県東松島市の航空自衛隊・松島基地に到着。同基地所属のブルーインパルス隊が歓迎飛行
2020年3月19日 ギリシャ・アテネで東京大会組織委への聖火引き継ぎ式。アテネ在住で、1996年アトランタ五輪の競泳女子800メートルリレーで4位入賞した井本直歩子さんが引き継ぎを受けた
2020年3月17日 19日に予定されていた聖火引き継ぎ式の大幅縮小決定。共に五輪三連覇の記録を持つレスリングの吉田沙保里さん、柔道の野村忠宏さんを聖火ランナーとして派遣することを見送り
2020年3月13日 ギリシャ五輪委員会が12日に始まったギリシア国内での聖火リレーを中止
2020年3月12日 ギリシャ・オリンピアで聖火採火式
2020年3月11日 WHOテドロス事務局長が「新型コロナウイルスはパンデミック」と表明
2019年11月30日 新国立競技場竣工
2019年11月1日 猛暑対策としてマラソン・競歩の会場を札幌に変更決定
2016年4月 大会エンブレムに野老朝雄氏の「組市松紋」をコンセプトとする案を選定
2015年12月 新国立競技場整備の再公募、隈研吾氏の設計案に決定
2015年9月 2015年7月に決定していた大会エンブレムがベルギーの劇場ロゴに酷似しているとの指摘が相次ぎ、白紙撤回
2015年7月 安倍晋三首相がコストが大幅に膨らんだことなどを理由に、新国立競技場建設計画を白紙撤回
2013年9月 IOC総会で東京が20年五輪・パラリンピック開催地に決定 / 最終プレゼンテーションで安倍晋三首相は懸念されていた福島第1原発の汚染水問題について「私が安全を保証します。状況はコントロール下にある」とスピーチ
2012年11月 新国立競技場整備、イラク生まれの英建築家ザハ・ハディド氏案に決定
2011年7月 石原慎太郎都知事が2020年五輪・パラリンピック招致立候補を宣言、震災復興を理念に掲げる
2011年3月 東日本大震災、福島第1原発事故が発生
2009年10月 IOC総会でリオデジャネイロが16年五輪・パラリンピック開催地に決定
2005年9月 石原慎太郎都知事が2016年五輪・パラリンピック招致表明

世界の感染者数についてはこちら

※オリジナルの記事は2020年3月14日公開。状況に応じて不定期に更新する。

バナー写真 : 時事

安倍晋三 東京五輪 東京五輪・パラリンピック 東京都 感染症 オリンピック パンデミック 肺炎 コロナウイルス