今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:1月18日

東大安田講堂事件

1969(昭和44)年 前年の医学部ストから発展した東大紛争は、学内に立てこもる全共闘および新左翼の学生を排除しようとする警視庁機動隊との攻防戦となり、最後の砦(とりで)となった安田講堂を8500人の機動隊が包囲。徹夜の放水と催涙弾攻撃により、翌19日夕方に全学生が逮捕された。

関連記事

その他の出来事

1915(大正4)年 大隈重信内閣は中国の袁世凱政府に対し、対華21カ条要求を発表。山東省の利権をはじめとするドイツ権益の継承や南満州鉄道権益などの延長を求めたもの。

関連記事

1990(平成2)年 本島等・長崎市長(当時)が市役所前で、右翼団体幹部の男にピストルで左胸を銃撃され、全治約1カ月の重傷を負う。市議会の答弁で「天皇の戦争責任はあると思う」と昭和天皇の戦争責任について言及していた。

1996(平成8)年 菅直人厚相が全国ハンセン病患者協議会の代表者と会談し、ハンセン病患者の強制隔離などを定めた「らい予防法」の放置について国として初めて謝罪。

関連記事

2006(平成18)年 東京証券取引所は午後2時40分、株式の全銘柄について取引を強制的に停止。16日のライブドアへの強制捜査開始による影響(ライブドア・ショック)で売り注文が殺到し、システムが限界に達したため。

2018(平成30)年 地下鉄サリン事件などオウム真理教による5事件に関与したとして、殺人罪などに問われた元信者、高橋克也被告について、最高裁は同日までに被告側の上告を棄却する決定をした。これにより、被告を無期懲役とした1、2審判決が確定した。1995年7月に始まったオウム事件の一連の刑事裁判では、計192人が起訴され、13人の死刑が確定し、22年6カ月を経て終結した。

関連記事

東京大学 オウム真理教 ハンセン病