今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:2月10日

作家で詩人の石牟礼道子さんが死去

2018(平成30)年 水俣病患者の苦しみや尊厳をつづった作品『苦海浄土(くがいじょうど)』で知られる作家・詩人、石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市の介護施設で死去した。90歳だった。

化学メーカー「チッソ」水俣工場の廃液に含まれる有機水銀化合物により発症した水俣病。同作品は、原因不明の “奇病”として発見され、公害病として認められるまでの全体像を、方言を交えた抒情的な文章で描き出した。住民は不知火海(八代海)でとれる新鮮な魚を「無塩の魚(ぶえんのいお)」と誇らしげに呼び、有機水銀に汚染されたと知らず、主食のように食べた。近代化がもたらした悲劇を物語った作品はロングセラーとなり、抜粋が教科書にも掲載された。

関連記事

その他の出来事

1996(平成8)年 北海道西部の余市町と古平町を結ぶ豊浜トンネルの古平町側で岩盤崩落事故が発生した。トンネル内を走行中のバス、乗用車が巻き込まれた。巨岩に阻まれて捜索は難航。1週間後に掘り出されたが、2台の車両に乗っていた20人全員の死亡が確認された。

事故 水俣病 公害