今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:3月7日

パナソニック創業

1918(大正7)年 松下幸之助が、勤めていた電力会社「大阪電灯」を退社し、配線器具などの製造販売を目的として、大阪市に松下電気器具製作所(現パナソニック)を創業。幸之助と妻むめの、義弟井植歳男の3人でスタートさせた。この時代、一般家庭には電灯一灯のみに電気が供給されていた。幸之助は、電灯とアイロンなどの電器器具を同時に使えるようにした「二股ソケット」を発売。低価格・高品質が評判となり大ヒット。家電機器事業を軌道に乗せた。井植は1950(昭和25)年に独立し、三洋電機を設立した。

関連記事

その他の出来事

1908(明治41)年 津軽海峡で隔てられた東北本線の青森駅と函館本線函館駅を結ぶ鉄道連絡船「青函連絡船」が運航を開始した。25(大正14)年には鉄道車両を乗せられる大型船を導入し、貨物輸送の効率を高めた。70年代後半以降は、物流が鉄道からトラック・長距離フェリーにシフトし、遠距離の旅客は航空機に奪われて連絡船の競争力が低下。88(昭和63)年の青函トンネル開業に伴い、運航を停止した。

2014(平成26)年 高さ300メートルと日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)が全面開業した。近畿日本鉄道が営業距離・私鉄首位の威信を懸け、総額1300億円を投じて建設。オフィス、百貨店、ホテル、美術館などが入居し、最上部に3層の展望台を設けた。近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅、JR大阪環状線天王寺駅、地下鉄御堂筋線・谷町線天王寺駅の4線4駅が徒歩圏と、鉄道の結節点にある。

関連記事

青森 パナソニック 松下幸之助 津軽 あべのハルカス 函館