今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:3月19日

はとバスが都内遊覧コースの運行を開始

1949(昭和24)年 新日本観光(現はとバス)が、同社の定期観光バス第1号の運行を開始した。上野駅正面口の東京遊覧バス乗り場から出発し、都内を3時間半かけて回る「都内半日Aコース」。当時の料金は大人 250円。同社は戦後間もない48年8月、東京都を筆頭株主に日本交通公社(現JTB)や東京地下鉄などが出資して上野に設立。バスガイド1期生5人が採用されたのは運行開始のわずか5日前だった。ちなみに初代コロムビア・ローズのヒット曲『東京のバスガール』(57年シングル盤発売)は、はとバスのガイドをイメージして作られたという。島倉千代子の「東京だョおっ母さん」とともに、ガイドが乗客に披露する歌にもなっている。

 地方の観光客をバスで案内するのが主目的ながら、「外国人観光客に新生平和日本の真の姿を紹介」と設立趣旨でうたった。53年には外国人向けに英語で説明するコースを開設。

その他の出来事

1973(昭和48)年 小松左京(1931-2011)の書き下ろしSF小説『日本沈没』が光文社からカッパ・ノベルスの上下2巻同時に発売された。関東大震災から丸50年というタイミングで出版されたこともあり、上下巻累計460万部のベストセラーとなった。日本列島が巨大地震で沈むという奇想天外な筋立ては当時、一般には知られていなかったプレートテクトニクス理論に基づいて作られた。今から振り返ると、プレート境界型地震の東日本大震災を予言するような内容だった。映画化を前提に執筆されたといわれ、年末には東宝配給で封切られ、その後テレビドラマ化された。2006年に再度映画化され、20年にはアニメ化作品がネット公開される。

1991(平成3)年 成田空港駅が開業し、JR東日本が東京駅を経由して新宿や横浜とつなぐ特急電車「成田エクスプレス」の運行を開始した。京成電鉄の特急「スカイライナー」も同空港駅への乗り入れを始めた。JR東にとっては成田新幹線の工事中止で断念した東京―空港間の直通路線を確保。京成も旧成田空港駅でバスに乗り継ぐ不便さが解消された。同新幹線用に整備されながら使われていなかった空港駅と一部路盤を活用して実現させた。成田空港は78年5月の開業以来、都心と直結する公共交通機関がバス以外になかった。開港後13年にして、ようやく「首都の国際空港で世界一アクセスが不便」という汚名を返上できた。

はとバス 小松左京 成田エキスプレス