今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:4月22日

ペルー大使館の日本人人質 救出成功

1997(平成9)年 ペルー日本大使公邸占拠事件で、大使公邸に軍・警察から成る特殊部隊が突入。立てこもっていたテロリスト14人は全員射殺。隊員の軍人2人とペルーの最高裁判事1人が死亡。日本人人質71人は全員無事に解放された。事件は前年12月17日、天皇誕生日祝賀レセプションが行われていた同公邸に武装したテロリストが侵入し、約600人を人質に取って籠城。人質は順次、解放されたが、日系のアルベルト・フジモリ大統領がテロリストの交渉に応じず、にらみ合いが長期化した。同大統領が強行策に踏み切り、突入用のトンネルを掘るなどして救出作戦は成功した。

関連記事

その他の出来事

健康保険法が公布される

1922(大正11)年 医療保険について定めた健康保険法が公布された。翌年の関東大震災とその後の政治・経済の混乱により準備が遅れ、5年後の27(昭和2)年に全面施行された。現在の国民皆保険制度とは異なり、法の適用となる被保険者は、工場や鉱山、交通業など大企業の事業所で働く従業員本人のみを対象としていたために、人口の3.0%にとどまっていた。31(昭和6)年につくられた国家公務員共済組合の被保険者を加えても、人口の3.2%にすぎなかった。

治安維持法公布 国体変革に厳罰

1925(大正14)年 加藤高明内閣が治安維持法を公布した。この年3月に成立した普通選挙法と合わせて、2法は「アメとムチ」と称される。第1条第1項に「国体ヲ変革シ又は私有財産制度ヲ否認スルコトヲ目的トシテ結社ヲ組織又ハ情ヲ知リテ之ニ加入シタル者ハ十年以下ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス」とあるとおり、「国体」の変革と私有財産制度の否認をうたう日本共産党などへの弾圧が目的だった。田中義一内閣が28(昭和3)年、1項違反者の最高刑を死刑とする改正を議会での議決なしに勅令で実施。共産主義者の検挙に用いた。

高橋蔵相、「見せ金」で取り付け封じ:昭和恐慌

1927(昭和2)年 昭和金融恐慌対策として高橋是清蔵相が預金の3週間の支払い猶予を緊急勅令により実施。銀行も22、23の両日を臨時休業させた。銀行券が払底したため、高橋は日銀に対し、片面だけを印刷した「見せ金」を用意させ、週明け25日に再開した銀行窓口に積み上げさせた。取り付けに来た人は店頭に積まれた“現金”を見て安心して帰ったという。3週間のモラトリアム期間終了後の5月13日も取り付け騒ぎは起きなかった。

日銀 ペルー日本大使館 健康保険法 治安維持法 昭和恐慌