今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:4月27日

殺人罪の時効廃止 刑訴法改正、即日実施

2010(平成22)年 殺人罪・強盗殺人罪の公訴時効廃止などを盛り込んだ刑事訴訟法改正法が衆院本会議で賛成多数で可決・成立した。持ち回り閣議、官報の「特別号外」発行を経て、即日公布・施行された。捜査中で時効が成立していない過去の事件にも適用される。最高刑が死刑となる殺人罪は25年の控訴時効をなくし、「逃げ得」が通用しなくなった。最高刑が無期懲役以下の、人を死なせた罪も時効完成までの期間を原則2倍にした。例えば強姦致死罪は15年から30年に、傷害致死罪や危険運転致死罪は10年から20年に、それぞれ延長された。

その他の出来事

プロレス流血シーンで老人がショック死?

1962(昭和37)年 テレビのプロレス中継番組で悪役レスラーのフレッド・ブラッシーがグレート東郷にかみついて大出血させた。残忍なシーンが視聴者にショックを与え京都府、愛知県の老人2人が心臓発作を起こすなどで死亡。因果関係は明らかではなかったが、マスコミに大きく報じられた。この日以前の中継でも死者が出たとの報道もあった。テレビ局が、残虐な場面は大写しにしないなどの自粛策を講じた。

「経営の神様」松下幸之助氏が死去

1989(平成元)年 松下電器産業(現パナソニック)の創業者で「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏が肺炎のため、大阪府守口市の松下記念病院で死去。94歳だった。73(昭和48)年に現役を引退し、相談役に退いた。79年には私財70億円を投じて「松下政経塾」を設立し、多くの政治家が巣立った。遺産総額は史上最高の2,449億円で、現在も更新されていない。うち97%が松下電産グループの株式だった。

関連記事

新丸ビルが超高層化リニューアル

2007(平成19)年 三菱地所の「新丸の内ビルディング(新丸ビル)」が東京・丸の内に開業した。同社が1952(昭和27)年に建設した8階建ての「新丸ノ内ビルヂング」の跡地を再開発。地下1階から地上7階まで商業施設が入居する38階建ての超高層ビルに建て替えた。東京駅に復原された3階建て赤レンガ駅舎の未利用容積(いわゆる「空中権」)の一部を譲り受けることなどで、1300%の指定容積率が1760%に緩和され、超高層化を実現させた。延床面積19万5400平方メートル。御幸通りを挟んだ向かい側には37階建て「丸の内ビルディング(丸ビル)」が2002(平成14)年に竣工しており、両ビルの完成でJR東京駅前の景観が一新した。

松下幸之助 プロレス 新丸ビル