今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:5月5日

「子供の国」が開園

1965(昭和40)年 「国立こどもの国」が横浜市青葉区に開園。59(昭和34)年4月の皇太子と美智子さま(現上皇夫妻)のご結婚を記念して、全国から寄せられたお祝い金を基金に造られた。国有地100ヘクタールが米軍から返還されたのを受けて、国費をはじめ多くの民間企業や団体などの資金が投じられた。次世代を担う子どもの健全育成のための施設で、児童福祉法に基づく児童厚生施設。ミニSL、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、湖、牧場などさまざまなアウトドア活動ができる。

その他の出来事

さいたま新都心が「街びらき」

2000(平成12)年 旧国鉄大宮操車場跡地を中心とする再開発事業「さいたま新都心」の発足セレモニー「街びらき」が開催された。旧浦和・大宮・与野の3市にまたがる47ヘクタールの広大な敷地で、3市合併後は住所が「さいたま市中央区新都心」に統一された。新都心は国の関東地区出先機関・甲信越出先機関を集中移転させた合同庁舎、大手企業のオフィス、ショッピングセンター、ホテル、総合スポーツ施設「さいたまスーパーアリーナ」などが立地。全国13番目の政令市であるさいたま市の中核として発展している。

北海電泊原発停止で原発ゼロに

2012(平成24)年 北海道電力泊原発の3号機が定期点検入りで発電を停止。2011年東日本大震災で発生した東京電力福島第一原発事故後、唯一稼働していた同号機の停止により、42年ぶりに日本国内の原子力発電所の稼働基数がゼロに。12年7月4日 関西電力大飯原発3号機の営業運転再開まで「原発ゼロ」状態が続いた。この後もゼロに陥るなど、日本の原発は極めて不安定な操業が続いている。

関連記事

長嶋・松井両氏に国民栄誉賞

2013(平成25)年 プロ野球元巨人監督の長嶋茂雄氏(77)、巨人や米大リーグのヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(38)への国民栄誉賞の授与式が5日、東京ドームでの巨人―広島の試合前に行われた。長嶋氏は勝負強い打撃や華麗な守備でファンを魅了し、巨人の1965~73年の日本シリーズ9連覇(V9)を支えた。松井氏は「ゴジラ」の愛称で親しまれ、日米の人気球団で活躍し、通算507本塁打をマーク。長嶋氏は巨人監督時代に松井氏を育て師弟関係でもある。国民栄誉賞の授与式は通常、首相官邸で行われるが、この日は松井選手の引退式を兼ねて実施され、安倍晋三首相が表彰状と記念品として純銀製バットを授与した。

関連記事

国民栄誉賞 原発 原子力発電 松井秀喜 長嶋茂雄