今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:6月11日

トヨタ創業者豊田喜一郎が誕生

1894(明治27)年 「トヨタ自動車」の創業者豊田喜一郎が、発明王として知られた豊田佐吉(豊田自動織機製作所創業者)の長男として生まれた。父の工場で日常的に機械に触れながら成長。米国で自動車を流れ生産するフォード工場を見学し、乗用車製造を志す。戦前に軍用トラックの生産に乗り出し、戦後は朝鮮戦争特需で業績を回復したが、1952(昭和27)年3月27日他界。乗用車の夢はいとこの豊田英二に引き継がれた。

その他の出来事

伊能忠敬、測量旅行へ出発

1800年(寛政12年閏4月19日) 千葉・佐原の酒造家伊能忠敬(1745~1818)が隠居後、日本地図作成を志し、第1次測量のため蝦夷地(北海道)に向けて出発した。その後も全国各地を測量して地図を作成。その正確さは幕府に評価され、資金面などの支援を得たうえ幕臣に取り立てられる異例の厚遇を受けた。日本地図の完成を目指して測量を続けるが、その途上で死去。弟子が事業を引き継ぎ21(文政4)年、『大日本沿海輿地全図』を作成し、忠敬の死を秘したまま幕府に納めた。

関連記事

義和団の乱:日本公使館員殺害

1900(明治33)年 排外主義集団「義和団」に同調した清国軍の兵士が北京の日本公使館員杉山彬を殺害した。日清戦争後、列強による中国分割が進み、これに反発した農民らが武力闘争を繰り広げた(義和団の乱)。清国守旧派が列強に宣戦布告し外国公館区域を封鎖。日本、米、英、独、仏など8カ国の連合軍が北京を占領し、開明派が連合軍と協力して義和団を制圧。清国は巨額の賠償と外国軍の駐留をのまされた。

デモなどで脱原発訴え

2011(平成23)年 3月11日の東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故発生から3カ月後のこの日、原発の廃止を求める「6.11脱原発100万人アクション」が行われた。東京・新宿をはじめ、全国15カ所でデモ行進や集会が繰り広げられた。リベラル派が主導したこれらの運動には、保守派、民族派、右翼といった勢力からも政治的立場の違いを超えて同調者が出るなど、原発に依存したエネルギー政策からの転換を求める声が広がった。

関連記事

トヨタ自動車 東京電力 原発 地図 伊能忠敬