今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:6月18日

宮沢内閣不信任案が可決

1993(平成5)年 宮沢喜一内閣に対する野党提出の内閣不信任決議案が衆院本会議で自民党内の造反議員の賛成で可決された。宮沢首相が衆院を解散したが、羽田孜率いる羽田派議員らが自民党を離党したため7月の総選挙で過半数を確保できず、退陣した。日本新党代表の細川護熙を首班とする非自民・非共産連立内閣が8月に発足。55(昭和30)年の保守合同以来政権を握った自民党が下野した。 

その他の出来事

日本で2番目の大学として京都帝国大学設立

1897(明治30)年 日本で2番目の大学として京都帝国大学(現京都大学)を創設することが決まり、「京都帝国大学設置に関する勅令」がこの日制定された。これに伴い、「帝国大学」が「東京帝国大学」に改称された。理工科大学が9月に先行開学。法、医、文4学部体制を順次整えた。帝国大学への志望者増加、日清戦争後の産業界からの人材需要に対応するため、大学誘致を進めてきた京都に設置が決まった。当時の私立大学は専門学校の扱いで、1920(大正9)年の大学令で私大も正規の大学として認可されるようになった。

関連記事

ブラジル移民第1陣が到着

1908(明治41)年 日本からの第1回契約移民の第1陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着。移民は農業労働者として6カ所のコーヒー農場に送られた。多額の渡航費用を支払い、成功を夢見て渡ったものの、劣悪な生活環境、厳しい労働、低賃金に反発。移民を仲介した日本の植民会社や現地公使館に抗議し、別の耕作地への移住、鉄道工事への配転などが行われた。多くの移民が離農するなど、定着率は悪かった。

モーターボート競走法を公布

1951(昭和26)年 公営競技の一つとして競艇を導入するため「モーターボート競走法」が公布された。競艇場、開催回数、入場料、勝舟投票券(舟券)、払戻金など、競艇に関する事柄を定めた法律。舟券の売り上げのうち75%は払戻金に充てられる。残り25%のうち7%は収益金として地方自治体が受け取り、18%は賞金や従業員の賃金、公益財団法人日本財団への交付金などに充てられる。52(同27)年4月、長崎県の大村競走場で初開催。 

豊田商事の永野会長刺殺事件

1985(昭和60)年 詐欺的商法で3万人から2000億円もの金を集めた永野一男豊田商事会長が大阪市北区の自宅マンションで刺殺された。永野会長の動静を取材するため詰めかけていた記者やカメラマンの前で犯行が行われ、映像がそのまま流れる衝撃的な事件だった。豊田商事は金の地金販売を装って、金の預かり証を渡して老人や主婦らから資金を集め、社会問題化していた。

日本財団 詐欺 宮沢喜一