今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:12月13日

農学者の鈴木梅太郎がかっけに効く物質を発見

1910(明治43)年 鈴木梅太郎博士が、米ぬかにかっけの予防や治療に有効な成分があることを発見。この成分を抽出して「オリザニン」(ビタミンB1)と名付け東京化学会で発表した。鈴木博士は農芸化学界をリード。バイオテクノロジーの先駆者の一人とされる。

その他の出来事

2014(平成26)年 スペインのバルセロナで行われたフィギュアスケートのグランプリファイナル・男子シングルで羽生結弦選手が優勝し、日本人男子で初の2連覇を果たした。羽生選手は11月8日の中国大会で他の選手と衝突して負傷し、11月末のNHK杯は4位に終わっていた。

関連記事

羽生結弦 フィギュアスケート バイオテクノロジー