SNS

最新記事

ニュース

More

特集 ニッポン偉人伝
安藤百福:世界の食文化を変えたミスターヌードル
[2018.04.18]

お湯を注ぎ、数分待つだけで食べられるインスタントラーメン。いまや世界中で愛されるこの食品を開発した元祖が、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)だ。2018年秋放送予定のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のモデルともなる彼の波乱万丈の人生と、独創的なアイデアを紹介する。

早熟な実業家、遅咲きの発明家

「ミスターヌードル」と呼ばれた安藤百福(1910~2007)。彼が1958年に発明したインスタントラーメンは、いまや日本で年55億食、世界で約1000億食が消費される“世界食”となった。安藤が創業した日清食品もまた、グループ年商4900億円(2017年度)を超える大企業へと成長した。

日清食品が生産する商品の変遷を展示する「インスタントラーメン・トンネル」=大阪府池田市のカップヌードルミュージアム大阪池田

関連記事>「カップヌードルミュージアム 大阪池田」でオリジナル麺を作ろう:フォトギャラリー

しかし、安藤の生涯は決して順風満帆なものではなかった。若くから実業家として活躍したが、一度は全財産を失っている。世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」発売時には、すでに48歳を迎えていた。

安藤はこんな言葉を残している。

「人生に遅すぎることはない。この発明にたどりつくために、私には48年の歳月が必要だった」

カップヌードルミュージアムの敷地内に立つ安藤百福像

40代で無一文に。起死回生のラーメン開発

1930年代の安藤。高校卒業後、図書館司書を経て起業した

安藤は1910年3月5日、日本統治下の台湾で生まれた。幼い頃に両親を亡くしたため、兄2人と妹と共に、台南市で呉服店を営む祖父母に育てられた。間近で祖父母の働く姿を見ていたため、「商売は面白いなあ」と感じながら成長したという。

日本製メリヤスを台湾で販売する会社を、22歳の若さで設立。事業はすぐに軌道に乗り、翌年には大阪に進出し、青年実業家として関西で頭角を現す。第2次世界大戦の影響で多くの事業を失ったが、そのベンチャー精神やバイタリティーが衰えることはなく、戦後はバラック住宅の製造や製塩事業、学校設立などに力を注いだ。

安藤は2度収監されている。戦前には軍事用物資の横流し、戦後には脱税の疑いをかけられたのだが、いずれも無罪放免となっている。台湾生まれの資産家ということであらぬ罪を着せられた面があり、戦争で混沌(こんとん)とした時代に人一倍苦労した。妻の仁子(まさこ)とは戦時中に出会い、結婚。激動の人生を、夫人は温かくサポートし続けた。

仲睦まじい様子がしのばれる晩年の安藤と妻・仁子さん

実業家として活躍していた40代半ばで、人生最大の窮地に追い込まれる。理事長を務めていた信用組合が57年に破綻。大阪府池田市の借家を残し、一夜にして全ての財産を失った。知人の依頼で引き受けた仕事だったが、不得手な金融業に手を出したことを「身を焦がすような後悔」と後に振り返っている。

しかし、安藤は「失ったのは財産だけ。経験は血や肉となって身についた」と割り切り、自らを再び奮起させた。ここから、インスタントラーメンの父としての歴史が始まる。自宅の裏庭に簡素な小屋を建て、たった一人で商品開発に挑戦し始める。

自宅裏に建てた研究小屋を原寸大で再現した展示

  • [2018.04.18]
関連記事
この特集の他の記事
  • 西郷隆盛:明治維新に尽力したラストサムライ江戸城無血開城や新政府樹立など、明治維新に多くの功績を残した西郷隆盛。波乱万丈の生涯を追い、その人物像に迫る。
  • 坂本龍馬:近代日本の幕開けに大きな功績を残した英雄薩長同盟を仲介して大政奉還につなげ、近代日本の誕生に決定的な役割を果たした坂本龍馬。明治の新国家をみることなく暗殺されたのが、今からちょうど150年前となる。今年、日本各地で龍馬関連のイベントや展示会が続々開催されている。高知県立坂本龍馬記念館の貴重な所蔵品が展示された「土佐から来たぜよ!坂本龍馬展」(会場:目黒雅叙園東京)の展示写真とともに、魅力あふれる生涯を振り返る。
  • 渋沢栄一:「公益の追求者」の足跡をたどる生涯に約500の企業設立・運営に携わったことで知られ、「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一。その一方で、関わった社会事業は約600にも上る。「公益」を第一に考え、「道徳経済合一説」を実践した人生を、渋沢史料館の展示とともに紹介する。
  • 夏目漱石:世界中で読み継がれる永遠の現代作家近代日本の文豪、夏目漱石の誕生から今年で150年。江戸時代に生を受けた小説家ながら、なお現代日本人の胸を打ち、世界で再評価が進む。漱石の49年の生涯と、エゴイズムと孤独の苦しみを描いた作品の数々を振り返る。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告