特集 行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12
行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 ①すき焼き

行正 り香【Profile】

[2017.11.20] 他の言語で読む : Русский |

第1回目は、世界的に有名な日本の歌としてもおなじみの“SUKIYAKI”。見た目が豪華でおいしいのに、実はとってもカンタン。牛肉と野菜を砂糖、みりん、しょうゆ、酒で煮込むだけでできる。牛肉の薄切り肉がなければ、リブなどを薄く切って叩いてもOK。鶏肉でも代用できる。寒くなってきたこの季節、友達や家族と一緒に試してみては。

材料(2〜3人分)

  • 牛薄切り肉(すき焼き用):350グラム
  • 好みの野菜(春菊、長ねぎ、しいたけなど):各適量
  • 木綿豆腐:1丁(300グラム)
  • 水か昆布だし:適量
  • 卵:適宜
  • うどん(お好みで最後に入れてもいい):適宜
  • “さみしさ同量”だれ
    • 砂糖:1/2カップ
    • みりん:1/2カップ
    • しょうゆ:1/2カップ
    • 酒:1/2カップ

作り方

(1)すき焼き用の鍋に「さみしさ同量だれ」を3分の1ほど入れ、混ぜておきます。

(2)豆腐や野菜、肉は食べやすい大きさに切ります。

(3)鍋を熱し、たれが熱くなったら牛肉を数枚とねぎを入れます。肉は両面をさっと煮て、まずは肉本来の味を楽しみましょう。

写真:編集部

(4)「さみしさ同量だれ」の残り3分の2と具材を鍋に入れ、煮ながら好きなものをよそって食べます。お好みで器に溶き卵を入れて、卵に絡めて食べるのもお薦め。たれが煮詰まってきたら水か昆布だしを加えて味を調整します。最後にゆでたうどんを加え、シメにしてもおいしいですよ。

Cooking Tips

  • 鍋料理のいいところは、各自が好きな物を好きなだけとって食べられるところ。大人も子どもも一緒に楽しめますし、鍋を囲むと会話も弾みます。
  • 野菜はアンディーブ、ルッコラなど現地で調達できるものをいろいろ入れてみてください。ねぎ、しいたけ、牛肉があれば、取りあえず気分はすき焼きです。
  • 豆腐には絹と木綿がありますが、すき焼きには煮崩れしにくい固い木綿を。
  • 牛の薄切り肉がなければ、リブなどを薄く切ってたたくと代用できます。和牛があればぜひ和牛を使って欲しいところですが、鶏肉でも美味しくできます。
  • 鍋にすべての具材を入れてからテーブルに出してもいいですが、鍋とは別に大皿に具材をのせて出すとテーブルが華やぎます。各自、食べたいものを少しずつ鍋に入れて煮込むといいでしょう。また、緑色の野菜はすぐにクタッとなってしまうので、最後に入れるようにしてください。

撮影=名取 和久
編集協力=宇佐美 里圭

この記事につけられたタグ:
  • [2017.11.20]

1966年、福岡県生まれ。料理研究家。アクティブラーニング教材「カラオケ!English」などを手がける株式会社REKIDS代表取締役。カリフォルニア大学バークレー校卒。帰国後は電通でCMプロデューサーとして活躍し、在職中から料理本を出版。著書は50冊以上、累計売り上げ80万部以上。中国語版、韓国語版にも翻訳されている。2011年よりNHKワールド、「Dining with the Chef」に出演。主な著書に『レシピのいらない和食の本』(講談社)、『今夜は家呑み』(朝日新聞出版)など。

関連記事
この特集の他の記事
  • 行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 ④手巻き寿司パーティーにお薦めなのが手軽にできる手巻き寿司。寿司飯は、寿司酢と酢、塩を混ぜるだけ。お刺身だけでなく、牛の挽き肉やアボカド、エビ、卵焼き、野菜などを使ってもOK。自由な発想でワイワイ楽しんでください。
  • 行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 ③親子丼卵、玉ねぎ、鶏肉、お米だけを使うヘルシーな親子丼。甘さをおさえた“丼だれ”がトロトロの半熟卵にからんで、ご飯が進みます。日本では専門店もあるほど人気の料理ですが、実はとっても簡単。ぜひ定番料理にしてみてください。
  • 行正り香の手軽でおいしい和食レシピ12 ②きんぴら居酒屋の人気メニュー「きんぴら」を、世界中どこにでもあるにんじんとじゃがいもでアレンジ。きんぴらと言えばごぼうですが、意外にもじゃがいもは相性抜群。シャキシャキした歯ごたえがおいしく、ちょっとした一品が欲しい時に重宝します。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告