特集 伝統美のモダニズム “Cool Traditions”
真珠にまつわる情報を発信:ミキモト真珠島

ジュリアン・ライオール【Profile】

[2017.07.27] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL | Русский |

御木本幸吉が120年前に世界で初めて真珠養殖に成功したミキモト真珠島。島内には真珠のすべてが分かる博物館があり、世界から集められた真珠美術工芸品も展示されている。

世界中の真珠養殖業に携わる人は、初めて養殖技術を結実させた御木本幸吉(1858-1954)の根気強い研究に多くを負っている。

ミキモト真珠島に建てられている御木本幸吉の像

海産物商人から真珠養殖へ転身

鳥羽のうどん屋「阿波幸」の長男として生まれた御木本は、13歳で青物行商を始めた。その後は海産物商人となり、アワビや乾燥ナマコを行商していた。そんな御木本が地元特産の真珠に着目したのは、商売の勉強で東京を訪れた時。明治のこの時代、真珠は今よりもずっと貴重な宝石だった。

欧州では養殖への取り組みが盛んに行われていたが、成功例はなかった。御木本はアコヤガイと真珠の養殖を始め、5年に及ぶ試行錯誤を経て、1893年にまず「半円真珠」を作り出すことに成功した。

何百という真珠貝(アコヤガイ)がつるされている英虞湾の真珠いかだ。

その後も御木本は、見瀬辰平と西川藤吉と競って研究に励んだ。そして1908年、世界初の「真円真珠」完成させて特許を取得した。

最先端技術で海中の異変を察知

御木本が開発した真珠養殖技術は、120年たった現在でも広く用いられている。

基礎となる技術に加え、近年はITを駆使した養殖も進んでいる。その一つが 「貝リンガル」システム。1992年の赤潮で大打撃を受けたのがきっかけで、ミキモト真珠研究所の主導で開発された。

海中の環境変化は、貝に大きな被害をもたらすことがある。同システムは、異常があると殻の開閉運動が激しくなる二枚貝の性質に着目。貝にセンサーを装着、赤潮の発生など環境の異変を感知した場合、養殖業者の携帯端末などにその内容を送信する。

左:「貝リンガル」アコヤガイに取り付けられた「貝リンガル」のセンサー/右:海上に設置された測定・送信機器(ミキモト提供)

養殖真珠発祥の地に博物館

御木本の功績をたたえ、養殖真珠発祥の地となった小さな島(ミキモト真珠島)は博物館になった。真珠の養殖事業が始まった当初、部外者の島への立ち入りは一切禁じられていた。しかし現在では、国内外から多くの観光客が訪れるようになった。

真珠のすべてがわかるミキモト真珠島。真珠のショッピングコーナーもある。

館内では、真珠の養殖技術とその歴史が詳しく紹介されている。世界の貝の中で、真珠の養殖に使われるのはわずか6種類。三重県の養殖業者は通常アコヤガイを使用しているが、黒真珠の生産にはタヒチ産のクロチョウガイ、大粒の南洋真珠には大きめのシロチョウガイが用いられている。

真珠養殖法の説明を聞く海外からの観光客。

収穫される真珠貝のうち、完璧な真珠を作り出すものはわずか5%。宝石として売り物にならない真珠はサプリメントや、最近では化粧品の原料として使われるという。

異なった4色と光沢を放つ真珠の連(れん)組み

伝統的な素潜り漁をする「海女」を含め、世界中の真珠産業に関するさまざまな写真も展示されている。

ミキモト真珠島で行われる伝統的な海女漁のデモンストレーション。

最高級の宝飾品

御木本はさまざまな博覧会に出品して養殖真珠をアピールするため、真珠をふんだんに使った美術工芸品を制作した。博物館では、それらを含めた高級宝飾品250点あまりが展示されている。

『真珠宝飾五絃琵琶』(裏面)。

ミキモト装身具制作による代表作の一つが、奈良・正倉院の名宝をモチーフにした『真珠宝飾五弦琵琶』。紫檀(したん)と花梨(カリン)でつくられた琵琶を、金やプラチナ、6284個のアコヤ真珠、4408個のダイヤモンドなどで飾っている。

ミキモト真珠島が1979年に作った中世ビザンチン時代の王冠をモデルにしたクラウン。

ミキモト真珠島(真珠博物館)

住所:三重県鳥羽市鳥羽1丁目7-1
TEL: 0599(25)2028  Fax: 0599(25)2655
公式ホームページ:http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/

原文英語

写真=本野 克佳

この記事につけられたタグ:
  • [2017.07.27]

英紙デーリー・テレグラフ特派員で、日本と韓国を担当。ウルバーハンプトン大学、セント・ランカシャー大学院でジャーナリズムの学位を習得。ロンドン出身。1992年来日、現在横浜在住。サウス・チャイナ・モーニング・ポストなど他紙にもフリーランスとして執筆。

関連記事
この特集の他の記事
  • 加藤卓男:ラスター彩の復元に生涯をささげた陶芸家美濃焼の産地として知られる岐阜県多治見市は、3世紀前に姿を消した伝統陶芸「ペルシャ・ラスター彩」の復興の地でもある。陶芸家の加藤卓男は、20年近くに及ぶ試行錯誤の末、長年の謎だったラスター彩の製法を再現することに成功した。現在は息子の加藤幸兵衛が父の遺志を継ぎ、イランの関係者と密接に協力しながら、その里帰りを目指している。
  • 礼法を現代の生活に生かす:小笠原流継承者、小笠原清基氏に聞く疾走する馬上から矢を放って的を射る「流鏑馬(やぶさめ)」。鎌倉の鶴岡八幡宮でこの伝統神事を守り伝えているのが、弓馬術とともに作法・礼法で知られる小笠原流だ。800年以上続く流派の継承者で、31世宗家の嫡男である小笠原清基(きよもと)氏に流鏑馬の伝承、武家の礼法やその奥義などについて聞いた。
  • 忍者の里「伊賀」と「甲賀」を訪ねる南北朝時代(14世紀)から江戸時代にかけて、日本各地で活躍した忍者。その中でも伊賀と甲賀の忍者は、最強のエリート集団として有名だ。2つの里にある施設を訪ねると、忍者の修行や生活、使った道具が体感できる。
  • 忍者のリアルに迫る映画やアニメに登場するなど、日本のみならず世界中で高い人気を誇る忍者。ところが、その実態は謎に包まれていた。近年の研究でようやくベールが剥がれてきた、忍者の真の姿を紹介する。
  • 大波の彼方へ—北斎の“豊かな晩年”を紹介する大英博物館の特別展『北斎—大波の彼方へ』と題した葛飾北斎の特別展がロンドンの大英博物館で開催されている。北斎が極めて高い創造性を発揮したとされる晩年の30年間に光を当てた特別展の目玉は、大波を描いた『神奈川沖浪裏』。誰でも一度は見覚えのあるこの木版画は、世界で最も多く複製された芸術作品といわれている。北斎が印象派の芸術家やポスト印象派のゴッホを通じて西洋美術に多大な影響を及ぼしてから1世紀以上を経た今、新たな北斎ブームの大波が起こりつつある。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告