特集 神社に行こう!
神社に行こう! 神社空間を読み解く⑤手水舎

戸矢 学【Profile】

[2016.06.09] 他の言語で読む : ENGLISH | FRANÇAIS | ESPAÑOL | العربية | Русский |

神社空間は、鳥居、注連縄(しめなわ)、狛犬、本殿などさまざまなパーツによって構成されている。そこに込められた意味を知ることで、神社への理解度がぐっと深まるはずだ。この連載シリーズでは、毎週火曜日と木曜日に、鳥居から社務所に至るまで12の神社アイテムを参拝の順に紹介していく。

手水舎(てみずや)

参道を進むと、最後の鳥居の手前に手水舎が設けられている。通常はここに清澄な水が湛えられており、参拝の前に手を洗い口をすすいで浄める。本来であれば全身に水をかぶって禊ぎ(みそぎ)を行うところであるが、これを最大限簡略化したもの。伊勢神宮では五十鈴川で手水を行うが、そのように境内の湧水や小川で浄めるのが本来の姿である。

最初の汲んだ水で一連の動作を。ひしゃくで水盤の水を汲み、まず左手をすすぎ、清める。

右手を清める。

左手で受けた水で口をすすぐ。

もう一度、左手を清め、最後にひしゃくを立てて残った水で柄を清める。そして、しっかりとひしゃくの水を流してもとの位置に戻す。

乃木神社(東京都港区)の手水舎

大宮八幡宮(東京都杉並区)の手水舎

出雲大社(島根県出雲市)の手水舎

(バナー写真:出雲大社の手水舎)

写真=中野 晴生
イラスト=井塚 剛
動画撮影協力=乃木神社

第6回は「狛犬」です。続けてご覧ください。

▼あわせて読みたい
神社に行こう! 神社空間を読み解く①全体図 出雲大社、60年ぶりの大遷宮 【Photos】伊勢神宮 四季の寿(ことほ)ぎ
日本人と宗教―「無宗教」と「宗教のようなもの」 日本人の死生観を探究するための三つの扉 日本人にとって神(カミ)とは
この記事につけられたタグ:
  • [2016.06.09]

歴史作家・神職。1953年埼玉県生まれ。國學院大学文学部神道学科卒業。著書に『神道入門』『富士山、2200年の秘密』『三種の神器 〈玉・鏡・剣〉が示す天皇の起源』『諏訪の神 封印された縄文の血祭り』『氏神事 典』『陰陽道とは何か』『ツクヨミ 秘された神』など多数。

website:『戸事記(こじき)』

関連記事
この特集の他の記事
  • 神社とエコロジー②自然に対して感謝と畏怖を忘れない神道信仰の在り方は、地球環境を守る上で多くの示唆に富むものである。神道は森を保全し、次の世代へ残していく、まさにエコロジーを体現した宗教だ。その精神を継承した鎮守の森の意義を考える。
  • 神社とエコロジー①自然に対して感謝と畏怖を忘れない神道信仰の在り方は、地球環境を守る上で多くの示唆に富むものである。神道は森を保全し、次の世代へ残していく、まさにエコロジーを体現した宗教だ。自然信仰と神社の関係をひもとく。
  • 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑫装束神社空間は、鳥居、注連縄(しめなわ)、狛犬、本殿などさまざまなパーツによって構成されている。そこに込められた意味を知ることで、神社への理解度がぐっと深まるはずだ。この連載シリーズでは、鳥居から社務所に至るまで12の神社アイテムを参拝の順に紹介してきた。今回が最終回だ。
  • 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑪社務所神社空間は、鳥居、注連縄(しめなわ)、狛犬、本殿などさまざまなパーツによって構成されている。そこに込められた意味を知ることで、神社への理解がぐっと深まるはずだ。
  • 神社に行こう! 神社空間を読み解く⑩神木神社空間は、鳥居、注連縄(しめなわ)、狛犬、本殿などさまざまなパーツによって構成されている。そこに込められた意味を知ることで、神社への理解度がぐっと深まるはずだ。この連載シリーズでは、毎週火曜日と木曜日に、鳥居から社務所に至るまで12の神社アイテムを参拝の順に紹介していく。

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告