新語・流行語・今年の漢字

グーグルとヤフーで検索された2018年の言葉

社会

ネット大手のグーグルとヤフーが、2018年の検索ワードランキングをそれぞれ発表した。この1年間で検索数が急上昇した人物や作品、事象から今年を振り返る。

「仮想通貨」「皆既月食」が上位に:グーグル

グーグルは12月12日、2018年の各国・地域別と世界全体の検索ワードランキングを発表した。日本で検索数が急上昇した言葉の1位は、6月にロシアで開催されたサッカー「ワールドカップ」、2位は「オリンピック」となり、スポーツ関連のワードが相次いだ。

言葉の意味を検索する「○○とは」の国内ランキングでは、1位が「仮想通貨」だった。2位は「皆既月食」。1月31日に観測された「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」とは、大きさが最大級の満月であるスーパームーン、1カ月で2度目の満月を指すブルームーン、そして月表面が赤く見えるブラッドムーン、これらが一度に見られる現象のことで、実に35年ぶりとなる天体ショーが話題となった。7月には、今年2回目となるブラッドムーンが見られた。

「仕組み」という言葉と一緒に検索された言葉のランキングでは、1位「仮想通貨 仕組み」、2位「ビットコイン 仕組み」、3位「ブロックチェーン 仕組み」となり、仮想通貨関連が多く検索された。1月には、コインチェックの仮想通貨「NEM」が流出し、また9月には仮想通貨交換所Zaifから約70億円分流出するなど、こうした事件が多発したことも背景となった。

グーグルは都道府県名とともに検索された言葉も公表した。北海道、大阪、京都の1位は「地震」で、6月の大阪北部地震、9月の北海道胆振東部地震などで地震が相次いだことで検索数が急増した。

急上昇(日本) 急上昇(世界)
1 ワールドカップ 1 World Cup
2 オリンピック 2 Avicii(スウェーデン出身の世界的DJ、プロデューサー。4月に急28歳で急逝)
3 台風 3 Mac Miller(ラッパー、プロデューサー。9月に26歳で急逝)
4 山口達也 4 Stan Lee(スパイダーマン、X-MENなど数々の人気ヒーローたちを世に送り出した「マーベル・コミックス」の巨匠。11月に95歳で亡くなった)
5 漫画村 5 Black Panther(マーベルシリーズの映画。2月に米国公開された)
6 大阪地震 6 Meghan Markle(英国のヘンリー王子と5月に結婚した、米国の元モデル・女優)
7 大杉漣 7 Anthony Bourdain(米国のフードジャーナリスト。著作『ライス ヌードル フィッシュ』で東京の食を多く紹介した。6月に61歳で逝去)
8 吉澤ひとみ 8 XXXTentacion(米国のラッパー・歌手・プロデューサー。6月、銃撃により亡くなった。享年20歳)
9 大谷翔平 9 Stephen Hawking(英国の理論物理学者。学生時代に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症しながらも、50年以上研究を続けた。3月に76歳で逝去)
10 北海道地震 10 Kate Spade(ファッションブランドのケイト・スペード ニューヨークの創設者。6月に55歳で逝去)
 
「仕組み」
1 仮想通貨 仕組み
2 ビットコイン 仕組み
3 ブロックチェーン 仕組み
4 ワニワニ パニック 仕組み
5 バーチャル ユーチューバー 仕組み
6 変面師 仕組み
7 チコちゃん 仕組み
8 アメリカ中間選挙 仕組み
9 タートルトーク 仕組み
10 ニンテンドーラボ 仕組み
 
○○とは(日本)
1 仮想通貨 とは
2 皆既月食 とは
3 ビットコイン とは
4 裁量労働制 とは
5 ガバナンス とは
6 パシュート とは
7 丸山ワクチン とは
8 万博 とは
9 インフルエンサー とは
10 サマータイム とは
 
都道府県名とともに検索された主な言葉
秋田県 ザギトワ 秋田犬 フィギュアスケート女子の平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(ロシア)に秋田犬の子犬が贈られた。
東京都 東京医科大学 入学試験で女子受験生らの点数を一律に減らしたり、文部科学省前局長の息子を不正合格させたりして非難を浴びた。
北海道 地震 6月に大阪府北部で最大震度6弱の地震が発生。9月には北海道で強い地震があり、胆振東部、厚真町で最大震度7を記録した。
大阪府
京都府
山口県 2歳 8月に山口県周防大島町で2歳の男の子が行方不明に。捜索に駆け付けたボランティアの尾畠春夫さん(78)が1人で山に入り、子どもを発見、救出した。

「King & Prince」が大賞:ヤフー

ヤフーは12月5日、日本国内でのインターネットでの検索数が前年に比べて最も伸びた人物、作品などを表彰する「Yahoo!検索大賞2018」を発表した。

検索数が最も増えた人物に贈られる大賞には、2018年5月にデビューしたアイドルグループ「King & Prince」が選ばれた。King & Princeは、アイドル部門賞もダブル受賞した。

平成最後の検索大賞の発表となることから、今年は「スペシャル部門賞」として「平成生まれの著名人」の中から、前年と比べて検索数が最も急上昇した男女を選出。男性はフィギュアスケート・羽生結弦選手、女性はテニスの大坂なおみ選手が選ばれた。

流行語部門賞では「大迫半端ないって」が受賞。スイーツ部門賞では、北海道・北見のチーズ菓子「赤いサイロ」が選ばれた。赤いサイロは平昌五輪のカーリング女子チーム(LS北見)が試合中の休憩時間に食べていたことが注目され、一時は品薄状態になった。

各都道府県に関して検索が増えた言葉を選ぶローカルカテゴリーでは、ステーキチェーン店の「いきなりステーキ」が、岐阜県や香川県、愛媛県など6県でランクインした。「佐賀県」では、サッカーのフェルナンド・トーレス選手(スペイン)がJリーグのサガン鳥栖に移籍したことから、「サガン鳥栖掲示板」が入った。

Yahoo!検索大賞2018

パーソンカテゴリー(人物分野)の主な受賞者
大賞、アイドル部門賞 King & Prince
アスリート部門賞 羽生結弦
お笑い芸人部門賞 ひょっこりはん
作家部門賞 矢部太郎
声優部門賞 小林由美子
俳優部門賞 中村倫也
ミュージシャン部門賞 安室奈美恵
スペシャル部門賞(平成生まれの著名人) 羽生結弦/大坂なおみ
 
カルチャー/プロダクトカテゴリー(文化・製品分野)の主な受賞
アニメ部門賞 ポプテピピック
映画部門賞 グレイテスト・ショーマン
ゲーム部門賞 モンスターハンター:ワールド
小説部門賞 夫のちんぽが入らない
流行語部門賞 大迫半端ないって
家電部門賞 iPhone 8
スイーツ部門賞 赤いサイロ

スペシャル部門賞に選ばれた羽生結弦選手(写真左。提供:The Asahi Shimbun/Getty Images)、大坂なおみ選手選手(提供:Getty Images)

声優部門賞を受賞した小林由美子さん(写真右)は、アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけの新しい声を2018年7月放送から担当した。(提供:Yahoo!検索大賞2018事務局)

都道府県別の主な「急上昇ワード」
北海道 カーリング女子 平昌五輪で3位を獲得したLS北見。試合中の掛け声「そだねー」も流行語となった。
宮城県 羽生結弦 仙台市出身のフィギュアスケート選手。平昌五輪男子シングルスで2連覇を達成した。
佐賀県 サガン鳥栖掲示板 サッカーのフェルナンド・トーレス選手(スペイン)の加入が発表された7月10日ごろに検索数が上昇した。
岐阜県 いきなりステーキ ペッパーフードサービスが運営するステーキ専門店「いきなり!ステーキ」が初出店したことで、各県で検索された。
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
大分県
沖縄県 安室奈美恵 5月に沖縄県県民栄誉賞を受賞。9月に宜野湾市でラストライブを行い、芸能界を引退した。
バナー写真:(左から)作家部門・矢部太郎さん、声優部門賞・小林由美子さん、俳優部門賞・中村倫也(ともや)さん、女優部門賞・今田美桜(みお)さん、お笑い部門賞・ひょっこりはんさんら、「Yahoo!検索大賞2018」受賞者=2018年12月5日、東京都港区(時事)

日本語 新語・流行語 言葉 2018年の出来事