今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:2月29日

東京スカイツリー完成

2012(平成24)年 高さ634メートルの電波塔・観光施設「東京スカイツリー」が約3年半の工事を終えて東京都墨田区押上に完成した。東京タワー(同333メートル)に替わる電波塔として建設されたもので、中国の広州タワー(同600メートル)などを抜き、世界一高い自立式電波塔となる。五重塔をモデルにした制震システムやLEDを使ったライトアップなどの最新技術を備え、「天望回廊」(同450メートル)と「天望デッキ」(同350メートル)の2つの展望台がある。完成当日は、首都圏は雪で、うるう日と積雪が重なる珍しい日となった。

関連記事

その他の出来事

1976(昭和51)年 宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)が日本初の実用人工衛星「うめ1号」を種子島宇宙センターから打ち上げた。うめ1号は、短波通信の効率的な運用を図るために開発された電離層観測衛星で、直径約94センチ、高さ約82センチの円筒形、重量は約139キロ。打ち上げから約1カ月後に故障したため運用は終了され、ミッションは「うめ2号」に引き継がれた。

2000(平成12)年 400年に1度の特殊な「うるう日」のため、全国の郵便局にある2万5千台の現金自動預払機(ATM)のうち約1200台に営業開始時に作動しない障害が起きた。うるう日は原則、西暦が100で割り切れる年にはないが、400で割り切れる年にはある。起動しなかったATMは必要な改修を受けておらず、内蔵のマイクロチップが2月29日を認識しなかった。

東京スカイツリー JAXA 宇宙開発