今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:3月24日

上海で列車衝突、修学旅行生27人が犠牲

1988(昭和63)年 中国上海市近郊で南京発杭州行きの急行列車311便が、長沙発上海行き急行列車と衝突。修学旅行で311便に乗っていた私立・高知学芸中学高等学校(高知市)の高1生一行193人のうち生徒27人、教諭1人の計28人が死亡した。311便の運転士が信号を見落としたのが事故の原因とされたが、他にもさまざまな要因が重なったといわれる。遺族への補償問題で日中両国の交渉は難航した。当時は両国間の経済格差が大きかったため、補償額で折り合わなかった。

その他の出来事

1603年(慶長8年2月12日) 徳川家康が朝廷から征夷大将軍に任ぜられた。関ケ原の合戦で西軍に勝利し江戸幕府を開いた家康が、名実ともに武家政権の長となった。将軍宣下後、家康は主に伏見城で政務を執った。豊臣秀頼にいまだ忠誠を尽くす西国大名の動きをけん制するためだった。一方で江戸城の整備に取り掛かり、西国大名に工事を命じ、財政的な圧迫を加えた。05年には将軍職を辞し嫡男秀忠にその座を譲った。これにより、将軍職は徳川家が世襲することを天下に誇示した。

1975(昭和50)年 盛岡発の臨時列車が「最後の集団就職列車」として多くの中学卒業生を乗せ、上野駅に向け出発した。全国に先駆けて中卒者の集団就職を実施したのは青森県で、1954年4月5日に初めて臨時列車を走らせた。ただ、中卒者が「金の卵」ともてはやされ労働市場の主役だったのは昭和30年代に特有の事象。1965年を境にして都市での労働力ニーズは高卒者へと移行していった。

徳川家康 征夷大将軍