今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:3月28日

千鳥ケ淵戦没者墓苑が開苑

1959(昭和34)年 国が建設していた国立千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京都千代田区三番町)が開苑した。同墓苑は日中・太平洋戦争時、海外で死亡し身元不明や引き取り手のない遺骨を納める墓地として整備された。「無名戦没者の墓」であるとともに、大戦で亡くなった全戦没者の慰霊追悼のための施設でもある。この日、昭和天皇、皇后両陛下が出席し初の拝礼式が執り行われた。現在、軍人・軍属・一般邦人を含む37万69柱の遺骨が安置されている。政教分離の原則により特定の宗教宗派に属さない施設とされ、国の行う慰霊祭、拝礼式などの行事も無宗教で行われる。

その他の出来事

1920(大正9)年 婦人の社会的・政治的地位の向上を目指して平塚らいてう、市川房枝らが「新婦人協会」を結成。発会式には70人が集まり、「婦人公論」の嶋中雄作編集長や社会主義者の堺利彦も出席した。治安警察法第5条(女子の政治活動禁止条項)の修正、婦人参政権要求、花柳病男子の結婚制限に関する請願活動を行った。22年12月解散。

1960(昭和35)年 カトリック東京大司教・土井辰雄が日本人初の枢機卿に任命された。枢機卿はカトリック教会でローマ教皇に次ぐ高位聖職者。バチカンによる日本教会の邦人化政策に基づき、38(昭和13)年、東京大司教に任じられた。太平洋戦争中は、軍部の圧迫から弱小な日本カトリック教会を守るために苦心した。

カトリック 千鳥ヶ淵 バチカン