今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:4月9日

両陛下、ペリリュー島を慰霊訪問

2015(平成27)年 天皇、皇后両陛下(現上皇ご夫妻)が戦没者慰霊のため、太平洋ミクロネシア諸島のパラオ共和国ペリリュー島を訪問。日本政府が建立した「西太平洋戦没者の碑」をこの日訪れ、白菊の花を供え深くこうべを垂れて拝礼した。パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の3大統領も同行した。旧南洋諸島は第1次世界大戦後、日本の委任統治領となり、パラオに統治機関の南洋庁が置かれた。ペリリュー島では第2次大戦で日本軍守備隊が上陸した米軍と激戦を展開し、1万人が玉砕した。

関連記事

その他の出来事

1788年(天明8年3月4日) 江戸幕府第11代将軍・徳川家斉が老中松平定信を将軍補佐とする。定信は田沼意次失脚後空席となった老中に前年就き、将軍のお墨付きを得て幕政改革(寛政の改革)に本腰を入れる。田沼の重商主義的政策をとらず、その弊害であるわいろ横行を排除。緊縮財政、風紀取締りによる幕府財政の安定化を目指した。人足寄場の設置など新規の政策も多く試みられた。改革は6年余りに及ぶが、役人だけでなく庶民にまで倹約を強要したことや、極端な思想統制令により、経済・文化は停滞した。

1834年(天保5年3月1日) 水野忠邦が江戸幕府老中に就任。天保の大飢饉を背景に発生する百姓一揆や都市での打ち壊しなど幕政を揺るがす事件が頻発。農本思想を基本とした天保の改革を始める。水野は閣内の抵抗勢力を切ったうえで、幕府各所に綱紀粛正と奢侈(しゃし)禁止を命じた。改革は江戸市中にも布告され、華美な祭礼やぜいたくを取り締まった。目指したのは、ひっ迫した幕府財政の立て直し。しかし、商品の流通が活発になり、豪商への資金依存度が高まる中で、幕府の権威を立て直すことは難しかった。享保の改革、寛政の改革と並んで、江戸時代の三大改革の一つに数えられる。この時期には、諸藩でも藩政改革が行われた。

1974(昭和49)年 富士山頂の所有権をめぐる訴訟で、最高裁が神社側を勝訴とした一、二審判決を支持し、国側の上告を棄却する判決を言い渡した。八合目以上は富士山本宮浅間神社の境内地であることを確認。最高裁は、富士山のような信仰の対象とされている山岳は、宗教活動に必要なものに当たるとして、神社側の主張をほぼ認める判断を示した。

関連記事

2010(平成22)年 劇作家、小説家の井上ひさしさんが肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去、75歳だった。前年末に肺がんであることを公表。抗がん剤投与を受けながら自宅療養していた。1964(昭和39)年にNHKで放送が始まった人気人形劇『ひょっこりひょうたん島』の脚本作家として知られるようになった。70年代から小説も手掛け、72年に『手鎖心中』で直木賞受賞。『吉里吉里人』で81年に日本SF大賞を受賞。2004(平成16)年に文化功労者。

富士山 パラオ 井上ひさし