今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:4月30日

平成最後の日、天皇退位礼を挙行

2019(平成31)年 天皇陛下が「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」により譲位された。午前、宮中三殿で皇室の祖先、歴代天皇などに退位礼の挙行を報告する宮中祭祀(さいし)に臨まれた。夕刻、国事行為「退位礼正殿の儀」が皇居宮殿「松の間」で行われた。皇后さまや皇太子ご夫妻ら成年皇族15人全員のほか、閣僚や衆参正副議長、最高裁長官、国会議員、都道府県知事ら294人が参列した。陛下は「新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と述べられた。退位後上皇に就いた。

その他の出来事

幕府の新造軍艦「開陽丸」が横浜に到着

1867年(慶応3年3月26日) 江戸幕府がオランダに新造発注した3本マストの機帆軍艦「開陽丸」が、同国海軍士官・水兵、榎本武揚ら留学生9人を乗せて回航され、横浜に到着した。満載排水量2590トン、400馬力の補助蒸気機関を備え、16センチクルップ砲16門を含む34門の火砲を装備。江戸無血開城となって開陽丸を新政府に譲渡するよう求められた。武揚は拒否し、開陽丸を旗艦として艦隊を組み、かねて開拓の志を固めていた蝦夷地(北海道)に向かう。松前藩を陥落させ五稜郭を占拠するが、箱館戦争で新政府軍に敗れ、開陽丸は嵐に遭って座礁・沈没した。武揚は投獄されるが、その後明治政府に仕官。開拓使で北海道開発に力を注ぎ、後に外相、農商務相などの要職を務めた。

社会教育施設としての図書館整備へ

1950(昭和25)年 社会教育の施設整備に向け「図書館法」が公布された。図書館の機能を「図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーシヨン等に資することを目的とする施設」と定めた。地方公共団体が設置する「公立図書館」、社団法人や財団法人などが設置する「私立図書館」を対象としている。国立図書館、学校や大学の図書館や図書室などは、同法の対象外。公立図書館は、入館料や資料の使用料などを徴収してはならないとする一方、私立図書館は対価を徴収できるとした。公立図書館の運営についての基本的事項も定めた。企業や個人の「文庫」など「図書館と同種の施設は、何人もこれを設置することができる」と規定した。

関連記事

天皇退位 幕末 図書館 令和