今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:6月13日

鉄人衣笠、連続出場の世界記録更新

1987(昭和62)年 プロ野球広島の衣笠祥雄(1947~2018)が2131試合連続出場を記録。米大リーグ・ルー・ゲーリッグの世界記録を更新した。ピッチャーから死球を受け、けがを押しても出場するその姿から「鉄人」と称された。9日後の6月22日、世界新記録達成をたたえて中曽根康弘首相から国民栄誉賞が授与された。同年に引退するまで連続出場記録を2215試合にまで伸ばした。広島の主砲として活躍し、球団初を含む5度のリーグ優勝と3度の日本シリーズ優勝に貢献した。71歳で死去。

その他の出来事

築地小劇場が開館

1924(大正13)年 土方与志・小山内薫らが「演劇の常設館」として、築地小劇場を開場した。第1回の演目は『白鳥の歌』(チェーホフ)『海戦』(ゲーリング)『休みの日』(マゾオ)の3作で、演出は小山内と土方が担当した。近代演劇の実験場として新劇活動の拠点となったが、28(昭和3)年12月に小山内が急逝すると、3カ月後に劇団としての築地小劇場は分裂。劇場の建物も戦災で焼失した。しかし、千田是也、山本安英、滝沢修、杉村春子ら、戦後の演劇界を支えた人々が巣立った。

オリックス・近鉄合併交渉が判明

2004(平成16)年 プロ野球球団オリックスと近鉄との合併交渉が日本経済新聞の報道で明らかになった。オリックスによる事実上の近鉄吸収合併。9月8日のオーナー会議で合併が正式に認められたが、労働組合としての日本プロ野球選手会がこれに反発。プロ野球初のストライキが2日間行われ、12球団の全試合が中止となった。両球団合併は「第2の合併」を模索する動きや、それに絡む1リーグ制への移行論議などに発展。楽天の新球団設立でパリーグ6球団は維持された。

小惑星探査機「はやぶさ」が帰還

2010(平成22)年 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還した。はやぶさは03(同15)年に打ち上げられ、火星と木星の間に軌道がある小惑星「イトカワ」へ着陸した。燃料漏れやエンジン停止など帰還が危ぶまれるトラブルに見舞われたが、それらを克服して地球に戻った。月以外の天体との往復は世界初の快挙。探査活動で貴重なデータをもたらし、イトカワ表面のサンプル採取にも成功した。探査機本体は大気圏への再突入で燃え尽きたが、サンプルを入れた耐熱カプセルがオーストラリアの砂漠に落下。JAXAを含むさまざまな研究グループが解析を進めている。

関連記事

広島 JAXA 衣笠祥雄 はやぶさ