今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:7月28日

「ゴジラ」松井外野手、ヤンキースで引退式

2013(平成25)年 「ゴジラ」の愛称で米国の野球ファンから親しまれた松井秀喜外野手の引退式が、ヤンキースタジアムで行われた対レイズ戦の試合前に開催された。松井外野手はこの日、ニューヨーク・ヤンキースと1日限定のマイナー契約を結び、グラウンド上での引退セレモニーに登場。09(同21)年のワールドシリーズ制覇などで活躍したことをたたえられ、松井はヤンキースの一員として野球選手としての活躍を終えた。

その他の出来事

地租改正 年貢から税に移行

1873(明治6)年 明治政府が地租改正条例を公布し、年貢・田租に代わる財源確保策として地租改正が実施された。地租改正は、土地収益から地価を算定する▽その地価の100分の3を地租とする▽旧来の石高制に基づく物納から金納に改める▽豊凶にかかわらず地租を増減しない▽地券(土地保有の証明書)所有者を地租納税者とする―などが骨子となっていた。

東北本線の上野―熊谷間が開通

1883(明治16)年 日本初の私鉄である日本鉄道が東北本線の上野-熊谷間を部分開業した。日本鉄道は資金不足の国に代わって鉄道建設を推進するため、華族らの出資を得て、資本金2000万円で設立された。政府の利子補給・利益保護を受けて東日本の鉄道建設にあたった。91(同24)年に上野-青森の東北本線全線を開通させた。

民芸の前身「民衆芸術劇場」設立

1947(昭和22)年 滝沢修、森雅之、宇野重吉らが劇団民芸の前身、民衆芸術劇場を結成した。同年8月1日に、民衆芸術劇場第1回公演として有楽座で島崎藤村原作・村山知義脚色の『破戒』を上演した。48(同23)年8月には三越劇場で山田時子作『女子寮記』、49年4月に木下順二作『山脈』を上演したが、同年7月12日に解散した。

推理小説作家の江戸川乱歩が死去

1965(昭和40)年 推理小説作家江戸川乱歩が逝去。本名は平井太郎。筆名は19世紀の米小説家エドガー・アラン・ポーをもじった。代表作は『人間椅子』『黒蜥蜴』『陰獣』などの本格推理小説、『怪人二十面相』『少年探偵団』といった少年向け推理小説など多数。大正から昭和にかけて約130の作品を発表し、日本の近代的な推理小説の礎を築いた。47(同22)年に日本推理作家協会の前身「探偵作家クラブ」を立ち上げ、初代会長に就任。54(同29)年には乱歩の寄付を基に「江戸川乱歩賞」が創設され、推理小説作家の登竜門となっている。

F1ドイツGP決勝 ホンダがW表彰台

2019(令和元)年 F1ドイツグランプリ(GP)の決勝が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝し、このシーズン2勝目を挙げた。3位にトロロッソのダニール・クビアトが入り、ホンダのパワーユニット(PU=エンジン)供給を受けたホンダPU勢がダブル表彰台を果たした。

ホンダ 野球 日本文学 松井秀喜