今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:7月31日

「命のビザ」発給 ユダヤ人助けた杉原千畝氏が死去

1986(昭和61)年 ナチス・ドイツの迫害に苦しむユダヤ人に日本通過ビザを発給し亡命を助けたことで知られる元外交官の杉原千畝氏が死去。86歳。第2次世界大戦中の40(同15)年、リトアニアの日本領事館領事代理として赴任した杉原氏は、外務省の訓令に反してビザを発給し6千人のユダヤ人の命を救ったとされる。帰国後、「抗命」を責められ外務省から辞職を余儀なくされた。68(同43)年に「杉原ビザ」受給者の一人、在日イスラエル大使館参事官が杉原氏の所在をつきとめて再会。失職覚悟で行った人道的行為が世界で称賛された。日本政府により名誉回復が図られたのは、死去後の2000(平成12)年10月10日だった。

関連記事

その他の出来事

GHQ の意向受け、国家公務員のスト権否認

1948(昭和23)年 芦田均内閣が、国家公務員労働組合の団体交渉権・スト権を否認する「政令201号」を公布した。連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーが同月22日、芦田首相に書簡を送り、公務員の争議行為禁止を示唆した。政令201号はこれを受けた措置。日本国憲法で保障されていた労働三権のうち団結権のみを認め、団交権、争議権を奪った。共産主義勢力の台頭を防ぐため、連合国軍総司令部(GHQ)が民主化にブレーキをかける「逆コース」と呼ばれる方針転換の一つ。

天皇・皇后が戦後初の明治神宮参拝

1952(昭和27)年 明治天皇・昭憲皇太后をまつる明治神宮(東京都渋谷区)に、天皇・皇后が戦後初めて参拝された。神宮本殿は太平洋戦争末期の45(同20)年4月、米軍の空襲で焼失。両陛下の初参拝時は仮殿。本殿は全国からの寄付を資金に58(同33)年、再建された。

関連記事

日本テレビがNHKに先行 予備免許取得

1952(昭和27)年 公職追放解除直後の正力松太郎(1885~1969)が中心となり設立した日本テレビが、テレビ放送の予備免許を取得した。NHKに先んじて日本での予備免許第1号だった。53(同28)年8月28日に本放送を開始した。当初は受像機が高価だった。正力は繁華街や公園、駅前広場などに受像機を設置し、無料で番組を見せた。プロ野球、プロレス、大相撲などの中継時には大群衆となった。「街頭テレビ」の視聴者数をスポンサーにアピールして、広告収入を得た。

大井競馬場が初のナイター導入

1986(昭和61)年 地方競馬である大井競馬場(東京シティ競馬)で公営競技初のナイター「トゥインクルレース」が開催された。大井競馬場を含む南関東公営競馬では、土・日曜日を中心に開催する中央競馬との競合を避け、平日を中心に開催。しかし、平日の昼間開催では会社員の来場が難しく、客層は片寄る。そこで一部の開催をサラリーマンの勤務が終わる午後5時以降に実施することにした。

競馬 テレビ 明治神宮 杉原千畝 GHQ ストライキ