今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:8月1日

鉄人・金本 701試合連続フルイニング出場

2004(平成16)年 「鉄人」「アニキ」と呼ばれた阪神の金本知憲外野手が対巨人戦で701試合連続フルイニング出場の日本新記録を達成。7月29日の中日戦で左手首に死球を受け軟骨損傷。あわや記録ストップかと思われたが、痛みをこらえて出場し、30日の巨人戦では右手だけで安打を放った。広島時代の1999(同11)年7月21日の阪神戦でスタートし、この日に更新した日本記録は単なる一里塚。2010(同22)年4月17日まで1492試合フルイニング出場。この偉業は同年5月15日にギネス世界記録に認定された。

その他の出来事

日本初の損保、東京海上が開業

1879(明治12)年 日本初の損害保険会社「東京海上保険(現東京海上日動火災保険)」が営業開始。三菱財閥のルーツである海運業が盛んになるにつれ海上保険の需要が高まる。そのニーズに応えるため岩崎弥太郎ら三菱関係者に加え、渋沢栄一、安田善次郎、大倉喜八郎といった財界人ら約200人の出資で設立された。当初の取扱商品は貨物保険のみで、この年の12月までに上海、香港を含む18カ所に海外代理店が置かれた。84(同17)年には船舶保険の引き受けも開始した。

関連記事

豊田佐吉が汽力織機で特許

1898(明治31)年 トヨタグループの創始者豊田佐吉(1867~1930)が「豊田式木鉄混製力織機」を発明し特許を取得した。その特許に基づく製品「豊田式汽力織機」は、機械を構成するフレームが木製で、動力を伝達する歯車やシャフト類が鉄製だった。佐吉は1924(大正13)年、G型織機として知られる「無停止杼換式(むていしひがえしき)自動織機」を完成させた。紡織機世界首位の英ブラット社に100万円という高額で技術供与した。この資金をもとに自動車事業に進出したといわれる。佐吉は特許庁選定の十大発明家の一人。

関連記事

鉄路の大動脈 東海道線の複線化が完了

1913(大正2)年 天竜川橋梁(きょうりょう)複線工事が完成し、日本の最重要鉄道路線である東海道線全線(新橋―神戸)の複線化が完了した。翌14(同3)年12月に東京駅が完成し、同駅が東京側のターミナル駅となった。旧新橋駅は「汐留」と改称されて貨物駅となった。

日本流「バイキング」初めて帝国ホテルが導入

1958(昭和33)年 帝国ホテルが日本初のビュッフェ形式のレストラン「インペリアルバイキング サール」を開店。57(同32)年、新館建設のため、犬丸徹三社長は新しいレストランを模索していた。コペンハーゲンを訪れた際、魚介類や肉料理、酢漬けなど、好みのものを自由に食べる北欧の伝統料理 “スモーガスボード(スウェーデン語で「パンとバターのテーブル」)” に出会った。早速、「ホテル リッツ パリ」で研修中だった村上信夫(後の第11代料理長)に研究を命じ、実現させた。

プロ野球 ホテル トヨタ 損保 バイキング