AKB結成10周年—音楽市場の「地殻変動」を乗り越えられるか

増澤 貞昌【Profile】

[2015.12.25] 他の言語で読む : ENGLISH | ESPAÑOL |

本拠地である東京・秋葉原のAKB48劇場が2015年12月開業10周年を迎えた。10年間抜群の人気を維持してきたAKBだが、音楽市場の「地殻変動」の中で、さまざまな課題に直面している。

AKB48のCD売り上げの勢いが減速

2015年度下半期、NHKの朝はAKB48の楽曲から始まる。朝の連続テレビ小説の主題歌として、同グループの楽曲『365日の紙飛行機』が選ばれたからだ。同番組が平均視聴率25%を超える人気番組となって話題を集める中、同曲がカップリングとして発売されたCDシングル『唇にBe My Baby』が2015年12月8日に発売された。

本作で、AKB48グループは29作品連続オリコン1位を獲得した他、AKB48のシングル通算売り上げは3600万枚を超えて歴代1位(これまでの1位はB’zだった)となる他、作詞者の秋元康氏の累計販売枚数も1億枚を超えるなど、新たな話題作りに貢献した。

その一方で、同作は発売初動での売り上げが81万枚であった。通常で考えれば十分に多い数字であるが、実はAKB48としては過去5年間で最低の売上枚数である。

もちろん、今の日本で初動80万枚を超える販売力を持つのはAKB48グループのみであるし、これ以前の5年間に出したCDシングルの全てが初動で百万枚を超えたという事実は、同グループが国内最大のCDセラーであることを証明している。

しかし、これまで5年間キープした百万枚を割り込んだことで、これまでとは違った何らかの異変が明らかになりつつあるのではないだろうか? 奇しくも10周年を迎えるAKB48グループを通して、日本の音楽市場にいま起きつつある「地殻変動」を分析したい。

握手会は「ファンサービス」か「キャバクラか」

「なぜAKB48だけが100万枚以上売ることができるのか?」その問いに対して、多くの人が「あれはCDではない。握手券を売っているからだ」と答える。握手券とは、CDに付属しているもので、それを持って握手会イベントに行くと、自分の好きなメンバーと握手を1回することができる。通常、握手券1枚で10秒程度とされており、同時に10枚でも100枚でも出すことで、その時間を延長することが可能だ。したがって、少しでも長い時間メンバーと話したいと思うファンは何十枚もCDを購入することになる。この時間課金のようなシステムを指して、「キャバクラみたいなビジネス」と言われることもある。

一方で、CDに握手券をつけているのは何もAKB48グループに限ったことではない。他のアイドルグループでも、握手券はもちろん、一緒に写真を撮ったり、ハグをしたりといったこともやっている。しかし、100万枚売ることができるのはAKB48グループだけである。

AKB48グループは、単に握手会をしているだけではなく、総選挙やグループ間の異動(“組閣”と呼んでいる)、恋愛禁止ルールなどといったさまざまな話題作りを行い、つねにファンの歓心を得るような活動を行っている。それらの活動を通じて、握手会に頻繁に足を運ぶ熱心なファンを作り出し、結果として5年間にわたってCDが100万枚以上売れ続けるという現象を生み出してきた。

ファン層の「高齢化」と話題作りの「マンネリ化」

一方で、AKB48も結成から10周年を迎え、最初からずっとファンを続けている、いわゆる「最古参」と呼ばれるファンたちも10歳年を取った。それらの最古参・古参ファンの多くはAKB48から派生グループのNMB48やHKT48などに流れていると見られているが、一部は加齢とともに若い女の子に対する興味が薄れていった、という見方がある。

また、総選挙や組閣、恋愛禁止ルールなどこれまでのアイドルグループでは見られなかったさまざまな話題作りも、最初は良かったが、何度も繰り返すことでマンネリ化してきているという側面もある。

NHKの連続テレビ小説の主題歌(しかも高視聴率の人気番組)であるにもかかわらず、100万枚を超えることができない結果となったのは、それら複合的な理由が考えられる。

失敗に終わったCD楽曲データの共有阻止の試み

AKB48がデビューする少し前の2002年に「CCCD騒動」があった。CCCDとは「コピーコントロールCD」のことで、PCによる楽曲データの読み取り(リッピング)が出来ないよう、音楽プレイヤーでは読み取れず、PCだけが読み取ってしまうエラーコードを意図的に織り込むことによって、音楽プレイヤーだけでの再生ができるように工夫したものであった。

CCCDは本来の「CD」の規格に意図的に違反したものであった。本来の規格に合わないにもかかわらず大手レーベルが導入・普及を図ろうとした理由は、当時、一部のユーザがCDをリッピングして作成した楽曲データを仲間内やインターネットを通じて無制限に共有することで、CDの売り上げが落ちることを懸念してのことであった。

実際に、楽曲データのダウンロードデータは違法化され、罰則も与えられるものとなったが、個人間のやり取りまでは禁止することが出来ず、特に、お金のない若者層をターゲットとした音楽レーベルにとっては、CDのリッピングとそれに伴う楽曲データの共有はなんとしても止めるべき死活問題と捉えられていたのだ。

しかし、CCCDは規格外であるため、そのディスクは普通の音楽プレイヤーでも再生できず異常を起こすことがあったばかりか、逆にPCでは回避策がすぐに生み出されるなど、本末転倒な事態が起こった。結果として、CCCDはすぐに廃止されてしまった。

この記事につけられたタグ:
  • [2015.12.25]

nippon.com編集企画委員。鎌倉新書執行役員。1997年京都大学農学部卒業。1999年より株式会社リクルートのモバイルサイト制作に携わる。2000年ギガフロップス株式会社を設立、モバイルポータルサイトを運営。03年同社をサイバードに売却。サイバードに入社し、海外事業部でM&Aを担当。06年シゲルを創業。モバイルコンテンツのプロデュースとコンサルティングをする。14年から現職。

関連記事
最新コンテンツ

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告